テニス ダブルス

リターン

両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。

はい、私もそうでした・・・。

でも、両手バックンドストロークを打っていた頃、このちょっとしたコツでグッと安定感を増した記憶があります。

今、両手バックハンドリターンで悩んでいる人がいたら、ぜひ試して欲しいコツです。

 

両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

 

1.やり方は簡単!片方の脇、を完全に締めてリターンしてみる

そう、凄く簡単です。

例えば右利きの方であれば、左脇を締めて打つ。

肘が自分の肋骨に密着する、くらいしっかり脇を締めてみて下さい。

利き腕側、右腕は軽く脇を空けておく。

コツは、これだけです。

その形で、しっかりボールに近付いていく、前に踏み込んでいってみる。

すると・・・どうでしょう。

脇を締めているので、重いサーブにもボールに負けない、でリターン出来るはずです。

 

2.窮屈でも、ラケット面が安定するからリターンが安定する

何度も私は、リターンは「前に踏み込んで!」と書いてきました。

でも、実際は重いサーブだと押されて厳しい、ラケット面がグラついてしまう感じありませんでした?

こういう人の為に、今回のコツはあります!

片方の脇を締めて、ラケット自体を固定してあげる。

自然と、打った後も脇を締めたまま・・・を意識すると、フォロースルーも小さくなる。

しっかりボールに近付いて打つ癖、が身に付いてくれるんです。

 

3.男性サーブに苦戦する、女性の方にもお勧め!

これ、大人の社会人の方、ベテランの方でミックスダブルスをプレーする方にもお勧めです。

やっぱり女性のバックハンドリターン、当然狙われます。

男性の重いスピンサーブでも、この方法ならラケット面が負けないはず。

ただし、高い打点はやっぱり脇を空けないと難しいのは確かです。

だったら、前に入ってバウンドしてボールが上がってくる前、を捕らえるくらいのイメージで良いでしょう。

脇に固定していれば、そんなに男性サーブにも負けないはずです。

 

最初は、結構窮屈だと思います。

でも緊張感のある試合でも、きっと効果的な技になるはず。

バックハンドリターンが安定しないのは、両手で持っているのにラケット面がグラついてしまうから。

もうそんな不安定なリターンは、卒業しましょう!

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

  2. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  3. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に

    試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。か…

  4. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

    テニスの試合で、大事なリターン。どんなに良いストロークや戦術を…

  6. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう
  2. その他

    自分探しは、発信から
  3. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサーブは、「いかに前衛を使うか?」に目的を絞るとダブルスらしい…
PAGE TOP