テニス ボレー

ボレー

テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる!

ダブルスでの試合、前衛にいるときには相手の前衛に攻撃されるケースも多い。

ポーチに出られて足元に打たれたり、相手が並行陣であれば後衛の浮いたボールはアナタの足元に攻撃されます。

そんなときに、アナタにはどんな守備・反撃のオプションがあるでしょうか?

慌てずに相手のポジションを確認して、ロブボレーという選択肢を持っておくと試合で有効です。

攻撃的にくる相手には、必ずどこか隙が生まれます。

 

テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる!

 


 

1.足元に来る気配があれば、ラケットの位置を下げて待つ!

相手のボレーが足元にくるようなとき、構えはいつもと同じですか?

それでは返球のチャンスが減ってしまう。

スタンスを広く、ラケットの位置を少し下げて足元の守備を固めましょう。

この意識だけで、ラケットに当たる可能性はかなり上がる。

少しの意識で、前衛での守備力はかなり改善されるはずです。

 

2.ラケット面を少し上に向けて、ボールを上に打つロブボレーを!

相手が打ってきた攻撃的なボールを、ムキになって打っても自滅するだけです。

まずはしっかり、受け止める。

そしてラケット面を上に向けて、ボールを上に飛ばすように意識してみて下さい。

慣れて来ると、少しスライスがかかるくらいのボレーに出来ると、良い感じのロブボレーになります。

まずは、慌てずに少し上向きのラケット面をしっかり作ること、だけで大丈夫です。

 

3.相手に攻撃されても、生まれた「隙」は見逃さない

相手が攻撃してくる、ネットに詰めてハイボレーしてくるような場面でも、頭の中は冷静に。

前に詰めている限り、「上と後ろ」には必ずスペースが生まれています。

ここを突いていかないと、アナタは押し切られてしまうだけ。

逆に「上に逃げられる」と思うと、すごく気持ち的に楽になりませんか?

足元にバンバンとボレーを叩きこまれても、上に逃げることが出来れば怖くありません。

しっかり相手を観察して、ダブルスであればそこを「どうカバーしてくるのか?」も注意してみましょう。

 

この守備的なロブボレー、試合で決まると快感です。

相手の攻撃をカウンターで切り返す、これこそテニスの醍醐味でもあります。

守備的なプレーは、どこか地味で年寄臭い・・・と感じているアナタは、きっとまだまだテニスが上手くなれる。

前衛で守りのボレーが出来ると、ダブルスももっと楽しくなりますよ。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていないか確認しましょう

    バックハンドのハイボレー、皆さん試合でコントロールできていますか?…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

    ネットより低い位置のボレー。に、苦手意識を持っている人は多いで…

  3. ボレー

    大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識したい

    ネットプレーで、しっかり下半身から動かして「足」を出す。言葉で…

  4. ボレー

    ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

    ボレーミスが多い人は、2段構え。何のこと?と思うかも知れません…

  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

  6. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く…

特集記事

  1. その他

    都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう
  3. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?
  4. 戦術

    良いショットはある、は強さにならない
  5. テニス ガット

    テニス知識

    モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう
PAGE TOP