テニス ボレー

ボレー

自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処理が怪しい。

そもそも、ストローク側がパッシングの必要が無い=アナタのボレー技術が無い、と判断されると、試合ではココを狙われてしまいます。

まずは普段の練習から、どんどん正面のボディに来るボールをさばく回数を増やして、練習していきましょう。

 

自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

 


 

■ラケットは極力動かさない!

正面のボレーは、速いボールの場合はノーステップでバックボレー。

これが基本になります。

ポイントは、慌てて「ラケットを動かし過ぎない」こと。

正面にセットして構えてあるラケットで、そのままボールの少し下を捕えれば確実に返球できます。

 

■難しいコースに打たない、正面にきたボールは、相手の正面に返球でOK

相手に攻撃されている場合は、角度を付けたり、厳しく展開するのは難しい。

よほど余裕が無い限りは、しっかりつなぎましょう。

相手の正面に返球できれば、深いボールであればそれだけで形勢逆転も。

相手の狙いは、アナタからミスを誘うこと。

テニスの試合においては、苦しい時にはまずは粘って返球することを心がけましょう。

 

■慣れてくれば、ドロップボレーでの切り替えしを

正面のボールも慣れると、反撃できるようになります。

バックボレーの面を作り、肩を少し入れてドロップボレーにしてしまうのがお勧めです。

女性で両手バックボレーの方は、思い切って打った後に片手になるくらいでOK。

右利きの方であれば、左手を解放することでラケットワークが取りやすくなります。

 

最初にも書きましたが、「普段の練習からいかに正面のボールをさばいているか」が、試合で如実に現れます。

ボレーボレー、ボレーとストロークのラリーで、意識してお互いの正面に打つようにしましょう。

その際に、とにかく慌てずシンプルな動作を心がけること。

試合で落ち着いて出来るように、まずは数をこなしましょうね。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセットしよう

    フォアハンドボレー、の決定力は、シングルスでもダブルスでも必要。…

  3. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番

    強い相手になってくると、ストロークも本当に重く、深い。バウンド…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です

    「これは、基本だから・・・」と、何も考えないで打っているショット。…

  5. ボレー

    ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!

    みなさんは試合の中で、ドライブボレーを使う機会はありますか?私…

  6. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

    深いボールは、まず返すこと優先。浅いボールを攻撃していく。…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人
  2. テニス テニススクール

    テニススクール

    テニススクールのコーチで、「自分が試合に出ていないコーチ」にテニスを習っても、強…
  3. 練習メニュー

    週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得
  4. 戦術

    間を嫌う、というタイミングは必要
  5. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
PAGE TOP