テニス チャンス

練習メニュー

「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力を発揮できる為に

テニス上達のためには良いフォームを身に付けないといけないんだけど、どうやって良いフォームって身に付ける?

身近に良いコーチがいれば、手取り足取り自分に合ったフォームを指導してもらえるかもしれない。

でも、そんなマンツーマンで付きっきりのコーチが身近にいる人なんて少ないでしょ?

 

「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力を発揮できる為に

 


 

加えて、そんな優秀なコーチがいたとしても、やっぱりその選手に合った良いフォームって言うのは基本的に、自分自身で開発しないといけないものなんだよ。

じゃあどうやって開発するか・・・というと、当たり前だがコートに立ってまずボールを打ってみること。

これが基本。これが当たり前。

でもその後が大事。

それは、打ったボールがどうなのか検証しなきゃいけないってこと

試合の中で使えるショットなのか、使えるとしたらそんな場面で使えるショットなのか、違うとしたら具体的に何が違うのか、

弾道の高さ?スピード?回転量?方向?

打ちながら、自分のショットを客観的に観察しながら検証し、そして次のショットはそのデータを活かして打つ。

それを繰り返すと、徐々に自分の思い描くプレーに合ったショットが打てるフォームになるのだ

当然レベルが上がって来ると、よりハードな条件の中でその検証を行わないといけない。

それは速いボールを打ちこまれた時や、沢山動かされた時、そして体力消耗した状況の時、精神的に不安定な時・・・などなど。

もちろんそういう困難な状況下では、打つショットも目を見張るスーパーショットじゃなくて、地味な返球でも安定していればナイスショットだし、そういうのが試合の中では必要なんだよね。

そういう状況を練習であえて作り、その中で結果を見ながらショットを磨いていくと、一番試合で必要とするショットのフォームを身に付けることが出来るんだよ。

 



 

皆、そういう環境を作って練習してる?

優しいボール出しだけで練習していると、甘いテニスしか身に付かないから、本番の試合で一番苦しい時に困る事になるぞ!!

体力使いきって足ももつれ始めた中で、いかに良いショットを出せるか。

そしてそういうショットを安定させて打ち続けられるかを突き詰めて、日々練習していると、強い選手になれるんだよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない

    皆さんは普段の練習、キツイですか?キツイ日もあれば、そうでない…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い

    この練習、皆さんもよく実践しているんじゃないでしょうか?ボレー…

  3. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

    数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバラン…

  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  5. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    「この打ち方って合ってますか?」テニスに必要な自己調整能力、上達には不可欠です

    打ち方を覚えるって難しい。俺もレッスンの時に「この打ち方って合…

  6. テニス 試合

    練習メニュー

    自分が頑張れない理由を、探し続ける人たち

    テニスは、上達が難しい。何より、明確な資格やスコアというもの…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる
  3. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?
  4. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン…
  5. テニスあるある

    【誰もが経験する、あの切なさ…】0-6,0-12??
PAGE TOP