テニス ストローク

その他

「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早い!

テニスというのは本当に面白いスポーツで色んな要素から成り立っている。

配球やポジションなんかの作戦も重要だし、相手と向き合って打ち合うからメンタルの部分も、かなり勝敗に影響されるので考えておかないといけない。

 

「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早い!

 


 

でも何だかんだ言っても、やっぱり技術力は外せない。

いいアイデアが浮かんでも、速い足を持っていても技術がしょぼかったら、そういったことが実行できず、無駄に終わってしまうかもしれないからね。

だからテニスやっている人は、技術のことを考える癖が付いている

その技術を考える時はもちろんフォームのことを考えると思うんだけど、テニスのフォームって重要な部分と、そうじゃない部分があるのを知っていた?

上手い人のフォームを最初のテイクバックの仕方からスウィングの角度、腕の伸ばし具合や打ち終わりの恰好にいたるまで全て丸々コピーしても、そう簡単には上手い人のショットと同じようなのを打てないでしょ。

重要なポイントを抑えておいて、その部分を中心に上手い人の打ち方を自分流に取り入れなきゃいけないのだ。

じゃあ上手い人のショットを見た時に、どこに一番注目して真似をすればいいんだろう?

 

その答えは・・・打点なんだよ

まずはちゃんとした正確な打点を覚え、その打点を徹底して真似しながらボールを捕らえることが出来れば、打つボールに安定感が生まれてコントロール能力、安定感なんかが身に付くんだよ。

だから、フォームを作る時に大事なことは、まずどこが打点かしっかりと把握し、相手が打って来る色んな種類のショットに対して一定の打点を保てるようにしておこう。

しかも打点を安定させると、色んなことが自然と改良されていくんだよ。

 

例えばコンパクトなテイクバック

いつもテイクバックが「大き過ぎる!!」と色んな人から注意受けている人も、癖なのでなかなか直しづらい。

そこでテイクバックをどうかするというより、打点を安定させることを考えながら修正する。

すると、大きなテイクバックじゃ当然打点が遅れてしまうので、意外と簡単にテイクバックはコンパクトになりやすい。

それから準備も早くなる。

正確な打点をイメージするには、準備は終わって無いといけない。

なので準備も早く終えるようになるんだよ。
 



 

でも打点って、軸足やグリップの握り方によって微妙に違ってくるので、上手い人を見ても参考程度にしておこう

打点を安定させると、驚くほど上達は早い。

フォーム全体も大事だが、常に打点を中心に考えておくこと。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. + POWER CUP について
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス フットワーク

    その他

    テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.1を目指そう

    テニスの試合で結果を出している人、最初から大きな目標を立てて取り組んで…

  2. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差になります

    テニスの試合で反応が良い選手、予測が鋭い選手、試合で強いですよね。…

  3. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる

    テニスの試合、もしかしてアナタは「損」をしているかも知れない。そう…

  4. テニス サーブ
  5. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  6. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です

    私も少なからず、限られた環境の中で成長出来る人、をたくさん観て来ました…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと
  2. テニス シングルス

    日々の雑記

    「テニスは面白い」と思ったまま、各カテゴリを卒業して欲しい
  3. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」する…
  5. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
PAGE TOP