その他

いつでも試合の当事者は「自分」、が基本

当たり前といえば、当たり前の話。

でも、テニスではこれをしっかり自覚して、試合の現場で戦える人は少ない。

恐らく、読者のみなさんはほとんど「自分」を主語に戦えていると思います。

もし、今自分自身の成長が止まっていると感じられるなら。

どこかで、自分以外の当事者に責任を押し付けているのかも知れませんね。

 
 

相手、ペア、コーチ、環境

いくらでも、誰のせいにでも出来ます。

実際、テニスの試合は色々な要素で構成されるし、アナタ自身のテニスもそうです。

特に結果が出ないときには、真剣に悩むのが当たり前。

対戦相手が強かった、ペアの調子も悪かった、コーチの練習もマンネリ・・・なんでも浮かんでは消えて来る。

それは、アナタ自身が真剣に勝ちたいと思っている証拠ですから。

問題は、そこからどう落とし込んでいくか、です。

対戦相手は、どうやっても選べない

テニスの試合は、大前提これです。

どうやっても、アナタ自身で対戦相手を選ぶことは出来ない。

「こっちのシード選手なら、勝てたのに・・・」なんてことは通じません。

ペアの調子も、基本的には大きく変えることは出来ない。

だから、結局は自分自身なんです。

自分自身で力をつけておく、準備しておく。

選べない、力が及ばないことに悩んでもしょうがない、意味が無い。

厳しいようですが、自分の力さえしっかり付けておけば、テニスの試合は勝ち進める。

この覚悟、が出来るかどうかですね。

覚悟の上で、コーチや環境を選んでいこう

自分が主体となる覚悟が出来たら、コーチや環境について考える。

何も自分に結論を出していないのに、「あのコーチだからダメなんだ」「もっと強い人がいるサークルに移らないと」と考えるのは、意味が無い。

覚悟ありき、で自分から変えていく。

そうすれば、きっと良い意味での新しいスタートが切れるはず。

どんなに良いコーチ、環境でも、活かすのはアナタ次第。

ここだけは、忘れないでおいて下さい。


自分を当事者にしないと、成長は無い

アナタ自身が、どういうテニス選手になっていくのか。

それを決めるのは、アナタ自身です。

しっかり、今まで自分で決めて来ましたか?

ただ、コーチがやろうという練習、だけをスクールでやっているだけでは初中級止まりでしょう。

大事なのは、アナタ自身が決めること。

そうしないと、成長は無い。

試合で勝てる選手になりたければ、自分を当事者にして決めること、行動し続けること。

繰り返しになりますが、それがT-PRESSからのメッセージです。

   


お勧めの練習法

やりたいこと、やるべきこと、出来ること、を書き出しましょう。

アナタ自身、自分のテニスを可視化して、整理することが大事。

その中で、「自分が」を主語にして常に考える。

今までがどうだったかとか、経験は関係ありません。

これからの話、を自分自身としてみて下さい。

テニスノートの中で、この会話が出来る人は強くなる。

ぜひ、意識してみて下さい。



自分を主語にする、ということは自分を知るということ。

色々書いて来ましたが、自分を知れば、自然と自分を当事者に出来る。

あまり知らないこと、目を向けたくないものって、考えたくないじゃないですか。

ラケットを振るのは、アナタ自身ですから。

それだけは、常に意識して練習、試合に挑んでいきましょう。s

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 【学生限定 先着順!東京都練馬区開催】1,000円で3試合できる T-PRESS…
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

  2. その他

    【終了しました!3月1日(火) 10〜13時 土居コーチとダブルス練習&ゲーム会 @千葉県…

    土居コーチとご一緒してます女子ダブルスの連載企画、いつもご視聴ありが…

  3. テニス グリップテープ
  4. その他

    【満員御礼】「試合に勝てる練習って、何?」をテーマに、T-PRESSセミナー開催します!

    ※本イベントは定員となりましたので、応募を締め切らせて頂きます…

  5. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に

    トップスピンのストロークでアプローチしてボレーで決める・・・なんてこと…

  6. テニス ミーティング

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い
  3. テニス フットワーク

    メンタル

    テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、し…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこ…
  5. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない
PAGE TOP