その他

いつでも試合の当事者は「自分」、が基本

当たり前といえば、当たり前の話。

でも、テニスではこれをしっかり自覚して、試合の現場で戦える人は少ない。

恐らく、読者のみなさんはほとんど「自分」を主語に戦えていると思います。

もし、今自分自身の成長が止まっていると感じられるなら。

どこかで、自分以外の当事者に責任を押し付けているのかも知れませんね。

 
 

相手、ペア、コーチ、環境

いくらでも、誰のせいにでも出来ます。

実際、テニスの試合は色々な要素で構成されるし、アナタ自身のテニスもそうです。

特に結果が出ないときには、真剣に悩むのが当たり前。

対戦相手が強かった、ペアの調子も悪かった、コーチの練習もマンネリ・・・なんでも浮かんでは消えて来る。

それは、アナタ自身が真剣に勝ちたいと思っている証拠ですから。

問題は、そこからどう落とし込んでいくか、です。

対戦相手は、どうやっても選べない

テニスの試合は、大前提これです。

どうやっても、アナタ自身で対戦相手を選ぶことは出来ない。

「こっちのシード選手なら、勝てたのに・・・」なんてことは通じません。

ペアの調子も、基本的には大きく変えることは出来ない。

だから、結局は自分自身なんです。

自分自身で力をつけておく、準備しておく。

選べない、力が及ばないことに悩んでもしょうがない、意味が無い。

厳しいようですが、自分の力さえしっかり付けておけば、テニスの試合は勝ち進める。

この覚悟、が出来るかどうかですね。

覚悟の上で、コーチや環境を選んでいこう

自分が主体となる覚悟が出来たら、コーチや環境について考える。

何も自分に結論を出していないのに、「あのコーチだからダメなんだ」「もっと強い人がいるサークルに移らないと」と考えるのは、意味が無い。

覚悟ありき、で自分から変えていく。

そうすれば、きっと良い意味での新しいスタートが切れるはず。

どんなに良いコーチ、環境でも、活かすのはアナタ次第。

ここだけは、忘れないでおいて下さい。


自分を当事者にしないと、成長は無い

アナタ自身が、どういうテニス選手になっていくのか。

それを決めるのは、アナタ自身です。

しっかり、今まで自分で決めて来ましたか?

ただ、コーチがやろうという練習、だけをスクールでやっているだけでは初中級止まりでしょう。

大事なのは、アナタ自身が決めること。

そうしないと、成長は無い。

試合で勝てる選手になりたければ、自分を当事者にして決めること、行動し続けること。

繰り返しになりますが、それがT-PRESSからのメッセージです。

   


お勧めの練習法

やりたいこと、やるべきこと、出来ること、を書き出しましょう。

アナタ自身、自分のテニスを可視化して、整理することが大事。

その中で、「自分が」を主語にして常に考える。

今までがどうだったかとか、経験は関係ありません。

これからの話、を自分自身としてみて下さい。

テニスノートの中で、この会話が出来る人は強くなる。

ぜひ、意識してみて下さい。



自分を主語にする、ということは自分を知るということ。

色々書いて来ましたが、自分を知れば、自然と自分を当事者に出来る。

あまり知らないこと、目を向けたくないものって、考えたくないじゃないですか。

ラケットを振るのは、アナタ自身ですから。

それだけは、常に意識して練習、試合に挑んでいきましょう。s

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. その他

    「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい

    「テニスが上手くはない、出来ない」と、多くの人が思っていること…

  2. テニス メンタル

    その他

    久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?

    最近、私自身あまりテニスが出来て無くて・・・。これはまずい、と…

  3. テニス フットワーク

    その他

    力強いストロークを打つ為に、「テイクバックは早く済ませて、更に身体をひねる」動きは必須です

    ある程度コントロール出来るようにはなってきたけど、ストロークにパワーが…

  4. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

    「きっとこの感覚、感情は、分かってくれるだろう」私たちはどこか…

  5. その他

    〇〇しないといけない、という考え方

    セカンドサーブは、入れないといけない。リターンはクロスに打た…

  6. テニス コントロール

    その他

    テニスの試合で、「作戦は相手に知られてOK!」むしろ後半は、それを逆手に取っていくのが常套手段です

    スポーツにおいて、「自分の作戦はなるべく相手に悟られないように・・・」…

特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない
  2. テニス チェア

    その他

    テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく
  4. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
  5. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと
PAGE TOP