ストローク

鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本

目次

鋭く振り抜いて、ストロークで狙う。

この技術を磨くには、ある基本が大事になります。

テニスは、ボールに追いついて、返すのが難しい競技。

アナタ自身が目指すところは、ラケットだけをしっかり振り抜く為の準備。

しっかり止まるという基本、が大事です。

 
 

フラフラ、動きながら打ってない?

結構、これが多いですよ。

止まり切れていない、しっかり打点で打つ準備が出来ていないんです。

特に、試合では走り回って返す機会が多いですからね。

フラフラ、止まれていないで打っているケースがほとんど。

それでラケットを振り切る、なんて無理な話なんです。

バウンド後の変化、も予測しよう

遠くのボールを走って追いかけて、追い付いて打つ。

それ以外にも、止まれないでラケット操作が出来ないケースって結構ありますよ。

例えば、高いバウンドでスライス回転がかかっているようなケース。

バウンド後の予測が出来ていないと、前につんのめっていくような感じ、になりますよね。

特に、これは女性の方で多いように思います。

鋭く振り抜きたければ、しっかり打点で待ち構えておくポイント、を作らないと。

バウンド後の変化、を予測して引き付ける。

ストロークではこの感覚が大事になります。

調整する癖を、止めないとダメ

最後、打ちながら調整している人も結構います。

ストロークなのに、前足を踏み込みながら打つ人も要注意。

足がしっかり決まって、踏み込んだ後にラケットの鋭いスウイング、の形を意識しないと。

返れば良い、というレベルのテニスなら良いですけど、試合で勝ちたいなら押し込んでいく鋭さ、回転量が必要じゃないですか。

フラフラ動きながらもダメですが、最後に足で微調整しながら打っているストロークも、結局は鋭さが出ないんです。

鋭く振り抜けるショット、を増やそう!

試合では、この鋭いショットを増やしたい。

合わせるだけ、追い付きながらのショットではダメ。

もちろん、それしか出来ないような場面もありますよ。

でも、鋭く振り抜けるショット、を増やすには何が必要なのかを考えて、先回りする。

先回り、早い準備、早いテイクバック、小さく鋭く振り抜くイメージで。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

   

お勧めの練習法

球出し練習で、かなり先に止まって、打ってみる。

止まって打つことって、なかなかラリー練習だと難しいケースも多いですから。

足を決めて、しっかり振り抜く。

このイメージを養うのは、球出し練習が適しているでしょう。

慣れてきたら、スピン、スライスの球出しもしてもらう。

ここでしっかり振り抜けるように、打点に先回りしておくこと。

そうすれば、コースも隠せてより実戦的な打ち方、フォームになるはずです。



鋭く振り抜く、どんなに練習しても試合で出来ないと意味が無い。

動きながら、になったら絶対に攻撃力は落ちます。

スピン、スライス回転がしっかりかからない人も、この基本から見直してみましょう。

あくまで、試合で打てるように練習していくのが大事、です。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. + POWER CUP について
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめてみます

    試合の中で有効に使っていきたい、ドロップショット。シングルスで…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

    試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる

    皆さんのテニス、根本的な考え方の部分で、どうでしょう。強いボー…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい

    試合をしていて、感じること。「あ、この相手は苦労して来てないな…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう

    シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    YouTubeをやると分かる、一生懸命の大切さ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「また同じミスをするのか・・・」と不安になる人は?
  3. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します
  4. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう
  5. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペース…
PAGE TOP