テニス ストローク

ストローク

「回り込みフォアハンドの逆クロスを、あえて少し浅目に打つ」ことで、相手を揺さぶる効果的なショットになります

連日、ATPファイナルの話題で盛り上がってますが、今回はこのショットに注目してみます。

よく観察していると、ジョコビッチ選手、マレー選手はこのショットで相手をうまく前後にも動かしている。

ドロップショットよりも堅実で、それでも相手を前後に揺さぶることができる、逆クロスの短めのストロークはシングルスでとても有効です!

 

「回り込みフォアハンドの逆クロスを、あえて少し浅目に打つ」ことで、相手を揺さぶる効果的なショットになります

 


 

■「回り込みフォアハンドストローク」の威力だけに頼らない

アナタがどんなに良いショットを持っていても、相手が慣れてくれば試合の中で使いにくくなります。

シングルスで多くの選手が得意にしているのが、回り込んでのフォアハンドストローク

でもそのショットが、良いコースで深いだけ・・・では、粘り強い相手は崩せない。

そこで必要なのが前を使うという感覚です。

 

■相手がベースラインより後ろにいるときに、同じフォームで打ちたい!

相手がかなり下がったポジションのときには、同じフォームから少し浅目の逆クロスフォアハンドを打っていきたい。

そうすることで、相手は「攻撃してきた!」と思って構えていても、実は少し浅目のボールで打点が低くなってしまう・・・という状態に陥るでしょう。

コツとしては、サービスライン少し手前を狙いたいので、ワイパースィング気味にして打つこと。

上手くシュート回転して逃げていくような逆クロスを打てると、なお効果的です。

ネットプレーヤーがいると思って、その足元に沈めるような感覚で打つと、丁度良い浅さになります。

サイドラインを狙い過ぎるとサイドアウトが怖いので、あくまで「浅さ」を重視して慎重に打つようにしましょう。

 

■ドロップショットは打てなくても、このショットがあればシングルスで勝てる!

ドロップショットも打ちたいけど、どうしても甘くなるのが怖い、またはコーチから禁止令が出ている・・・という選手もいると思います。

このショットであれば、試合で無理なく打てますし、何より逆クロスは本当に打ちやすいのでお勧めです。

もちろん、通常のクロスのコースでショートクロスを打つことも出来るに越したことは無いですが、やはり相手のバック側を攻めるのが試合では一番有効。

特に両手バックハンドで手堅いストロークを武器にしている選手に対しては、早めに使って前に引っ張り出しましょう。

 

「意図した浅いボール」であれば、試合でとても有効です。

相手から押されて自分のボールが浅くなるのではなく、あえて、相手を前に出させてバランスを崩させる。

こういった揺さぶりの意識があると、そこからのダウンザラインも非常に有効になります。

後ろで粘る相手に対して、ドロップショット以外の選択肢を持っておく。

テニスにおいて、シングルスの試合巧者になるには、必須です!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?

    テニスの試合の中で、ネットに詰めてロブで抜かれる・・・ということ、あり…

  2. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

    試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。その時に、つい「何…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる

    トップスピンロブ、打ちたいですよね。錦織選手は今年、このショッ…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

  6. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代のストロークのパワーの源は、「高い位置での速いテイクバック」から生まれる
  2. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為の…
  5. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない
PAGE TOP