テニス メンタル

ストローク

「スライスに慣れていない選手」が多い、学生の皆さんこそスライスを身に付けて欲しい理由について

一昔前までは、学生でも良いスライスを打つ選手がたくさんいました。

片手バックハンドを打つ選手も多く、自然にスライスの技術も使う機会が多かったのですが、今は少し違う。

スピン系ショットが主流になり、スライスを打つ、観る機会は学生大会では極端に少なくなりました。

これは、逆に言えばチャンス。

特に練習時間が短い公立校、コート面数が少ない学校が勝つチャンスがそこにはあると私は思います。

 

「スライスに慣れていない選手」が多い、学生の皆さんこそスライスを身に付けて欲しい理由について

 


 

■低く滑るスライスの良さは、見落とされがち

学生の皆さんの試合の中で、スライスのメリットは見落とされがちなのかなと思います。

確かにボールスピードは遅いし、そのボールがエースになる訳では無い。

ですが、打点を低くさせてゆっくりしたペースに試合を持ち込む、男子プロ選手でも要所で多用する便利なショット。

つい、「左右に振られたときに、凌ぐためのショット」と思われがちですが、実は攻撃的にも使える。

なぜなら・・・そう、相手は慣れていない、から有効なんです。

 

■ほとんどの選手が、「自分がやりたい練習」しかやっていないテニス部

テニス部、サークルでの練習、皆さんはどうでしょうか?

ほとんどの学校が、自分たちがやりたい練習、得意な練習しかやっていないように思います。

出来ないことを練習する、というのはパワーもいるしストレスも溜まる。

必要だと何となくは分かっていても、それを改善しようとは思わないし行動しない。

だからこそ、スライスショットへの対応は遅れるのです。

 

■女子選手こそ、スライスショットでのストロークは有効

プレースタイルにも寄りますが、私は女子選手ほどスライスが有効だと思います。

外の試合に出て、大人や社会人、ベテランの選手と試合をしてみて下さい。

きっと球筋、球種が全く違う。

「オバサンテニスに負けた・・・」と思ったら、それはアナタ自身が活かせるチャンス。

スライスを少しストロークに混ぜるだけで、いつも気持ち良さそうに打っている相手シード選手も、きっと戸惑うはず。

じっくり練習すれば、スライスは絶対に難しくない。

ぜひ一度、チャレンジしながら練習に取り入れてみて下さい。

 

まず、普段のショートラリー、ロングラリーからスライスを少し入れてみる。

これだけで全然、練習の雰囲気と意味が違ってきます。

「スライスはかっこ悪い」なんて思っていると、いつまで経っても試合で勝てない。

球種に幅が持てない選手なんて、ただの自己満テニス。

試合で勝つためには、学生の皆さんこそスライスを打つこと、受けることに慣れないといけないのです。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークの基本、テイクバックの状態の形を確認しよう

    自由に打てる分、なかなか定まらないのがフォアハンドストローク。…

  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?

    軽く打っているのに、すごくストロークに伸びがある人。試合も強い…

  3. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開

    相手のバックハンドを狙って、攻撃的に展開していく。誰しもが、試…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみて下さい

    ストロークはテニスの試合でも、最も打つ機会が多いショット。シン…

  5. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと

    毎年、大事な大会で3回戦止まり。来年こそは、この壁を打破した…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

    試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。不思議な…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    やっと落ち着きました・・・
  2. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?
  3. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
PAGE TOP