テニス ダブルス

ダブルス

「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になってからは多くなる。

異性とダブルスを組む、ということでやり辛い部分もあると思うでしょうが、しっかり基本を押さえておけば怖く無い。

いつものダブルスを、変え過ぎず、でも大事なポイントでは変化を付ける。

今回はあくまで基本となる考え方、作戦について私なりにまとめてみました。

 

「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

 


 

1.速いボールよりも相手を動かすボール

ミックスダブルスは、男女で守備範囲が異なる。

やはり男性のほうが多少広め、にコートをカバーして守るケースが多い。

ですので強打よりも、しっかりコースを突いて上手く相手を動かしたい。

動かすことで分担に隙が生まれやすいし、男女での「守備範囲」を確認することも出来ます。

 

2.女性は機動力と守備力で積極的に!

女性が積極的に動けないミックスダブルスは、強くなれない。

控えめが美徳、なんて言葉はテニスコートでは通用しません。

パワーで対抗するのではなく、ポーチやネットプレーでの軌道力、そして相手男性から強打されたときに何とかブロックしてしのぐ、守備力が求められます。

大事なのは、しっかり守りつつも大事なポイントでは「自分から動く」ということ。

気持ちが引いていては、逆に狙われて悪循環にはまります。

 

3.サーブは男性から

基本は男性からサーブを打つようにしましょう。

これはキープ率の問題もありますが、女性が前で先に「ポーチに出る」というのを見せておくことも大事。

「女性の積極的な機動力」をアピールするには、男性からのサーブがオススメ。

しっかりファーストサーブを入れていきましょう。

力んでダブルフォルト・・・が一番見っとも無いです。

 

4.女性の頭上を狙う

前衛の女性の上は、常に狙い目と意識しましょう。

ロブで抜く、よりはバックボレーで女性本人に触らせたい。

そしてミスさせて自身を無くさせる、その後はきっと男性任せになってチェンジしてきますよね。

であれば今度は、男性への攻撃も有効になってくる。

「女子のケアもしないといけないし、自分の守備範囲もあるし・・・」と、相手男性を惑わせることが出来れば最高。

きっと勝利が見えてくるはずです。

 

5.ミックスダブルスは楽しむのも実力のうち

結構多いのが、ペアで揉めて雰囲気が悪くなるケース。

ミックスダブルスは「楽しむ」というのも、大事な要素であり実力のうち。

相手女性にもしっかり配慮しながら、でもしっかり真剣勝負を楽しむ。

普段よりもオーソドックスな配球は減るでしょう。

自分のテクニックを駆使して試合を作って楽しむ、という意識も大事です。

 

ミックスダブルスと一言で言っても、中身は色々。

女性のほうが実力が上、というケースも珍しくありません。

何より楽しもうとリラックスして臨むことが出来ると、相手をじっくり観察出来る。

ミックスダブルスはより心理戦の意味合いが強くなりますので、ぜひ色々チャレンジしてみて下さい。

きっとアナタのテニスの幅が、グッと広がるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ

    かつてダブルスの名手として活躍した杉山愛選手。彼女がいつも口に…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入ろう!

    ダブルスの試合。序盤は皆さんどんな意識で試合に入っていますか?…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

    ダブルスペアは、どういう組み合わせが効果的なのか?これについて…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある

    今回は、基本概念として知っておいて欲しいこと。ダブルスの試合、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

  6. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。ア…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう
  3. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
  4. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
  5. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ
PAGE TOP