テニス サーブ

ダブルス

ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は?

サーブ&ボレー、ダブルスなら並行陣で使う方多いですよね。

サーブ&ボレーで大事なのはボレーの技術・・・はもちろんなんですが、それよりも、しっかりステップする「場所」が大事。

これを意識するだけで、意外と並行陣が楽になる。

ぜひ、試して欲しいポイントなんです。

 

ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は?

 


 

■「出来るだけ前にいく」ことが良いサーブ&ボレーではない

勘違いしている方が多いかと思います。

出来るだけ前、少しでも前、の方が良いサーブ&ボレーの「ボレーのポジション」だと思い込んでいる。

その結果・・・相手がリターンしているときにも、前に走っている、ステップ出来ていない。

これでは、ポジションは前に出来ても返球出来ない。

出来たとしても、態勢が崩れているので甘い返球になってしまう。

皆さん、思い当たる節はありませんか?

 

■サービスライン後ろで止まる、くらいの意識でちょうど良い

まず、サーブ&ボレーで大事なのは「ファーストボレー」までミスしない意識。

しっかりクロスに深くボレーが打てれば、並行陣は8割完成したようなもの。

その為には、相手のリターンのタイミングより少し前にステップして、確実に止まって返球すること。

「サービスライン1歩後ろだと、ネットから遠いような・・・」と思う方も、いるでしょう。

ですが実際は、球足の長いボレーを打っても相手コートに入るし、浅いリターンは落ち着いてワンバウンドで対応出来る、実に効果的なポジションなんです。

 

■ファーストボレーを打ったら、一歩前で相手の態勢を確認

ファーストボレーをクロスに返球したら、相手後衛の様子を確認。

苦しそうにしていたらロブ、が来るでしょうし、態勢充分だったら沈めるショットがクロスに来る可能性が高い。

このあたり、冷静に見極めてアナタ自身は並行陣の「後衛」の役割を果たさないといけない。

まずファーストボレーで追い込むのが第一、でも相手の態勢をしっかり観る。

ここまで出来れば、並行陣のゲームメイクはバッチリです。

 

サーブ&ボレーに挫折した方、難しいと感じる方は、まず早く止まってみましょう。

きっと世界が変わります。

ネットに近付くのは、ファーストボレーじゃなくても良い。

前には前衛、がいますしね。

しっかりゲームメイクに徹するダブルスの後衛、並行陣で出来るようになると強いですよ。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る

    ダブルスの試合、カッコイイ前衛とはこういうこと。味方の後衛、に…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  3. テニス 練習
  4. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

    皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出…

  5. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーで前衛に求められるのは、クロスコートを担当する勇気

    ここぞという場面で、ダブルスでチェンジプレーを入れていく。この…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

    並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。サー…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのテイクバック、「差し込まれた状態」を脱却出来ない人へ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「コンパクトなストロークの型」を覚えて、コントロール良く攻撃する為に意識したい5…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケット…
  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    両手バックハンドストローク、伸びを作るには?
PAGE TOP