テニス ダブルス

ダブルス

勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと

これは、私自身の話、ではありません。

過去に、全日本で何度も優勝した経験のある選手、が何気なく語っていた言葉。

「当たり前」と思うかも知れませんが、その当たり前を出来ているのが少ない、のがテニスのダブルスペア。

1つでも2つでも、取り入れてみるだけで変わるかも知れませんね。

 

勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと

 


 

1.戦術はシンプルに

色々と準備はしますが、1つの試合の中で進めている作戦は基本1つ。

前衛がどう動くのか、リターンとサーブをどのコースに打つのか、の基本的な確認、をしっかりやる。

当たり前ですが、難しい戦術をたくさん同時に進行、なんて出来ません。

自分で自分を苦しめないで、作戦はシンプルにして「行動力を高める」のが基本路線です。

 

2.序盤は積極的に

試合の序盤は、あえて積極的に動く。

ポーチに出る、ストレートに展開する、のを早めに相手に見せておく。

そうすると、相手は「普通の戦術」が出来なくなる。

相手の警戒心が高まったところで、自分たちはオーソドックスな作戦に戻して誘う・・・ことが出来るダブルスペアは強い。

なんだか相手がミスしてくれる、楽に勝ち上がるペアの秘密は、こういう綿密な心理戦によるもの、が大きいでしょう。

 

3.ファーストサーブとリターンは確率重視

これは、一番のポイント。

相手のナイスショットは、捨てる。

自分たちからミスしない、そのレベルでしっかり安定したサーブ、リターンをコートに入れていく。

そうすることで、ラリーが生まれて試合にリズムが生まれて来ますからね。

特にファーストサーブ、でしょう。

セカンドサーブがあるからと言って、ドッカンドッカン打ってるだけだと、いつまで経っても常勝ペアにはなれません。

 



 

4.観察と共有が上手い

試合中、ポイント間で話すのは相手の事ばかり。

「あの選手、バックは絶対にスライスしか打たない」

「フォアサイドの選手が、ペアを引っ張ってるね」

など、気付いたことをどんどん共有していく、そこにアイデアと対策を重ねていく。

自分たちを、常に相手に合わせていって試合をものにしていく強さ、がそこにはあります。

「ドンマイ!」「強気!」みたいな抽象的な声掛けだけだと・・・いつまで経っても勝てない、ですよ。

 

5.勝つ歓びを知っている

これは結果論かも知れませんが、勝ち続けたペアはその喜びを知っている。

周りが喜んでくれて、自信になる。

認められたという充実感が、更に自分たちをやる気にさせてくれる。

だからこそ、敵に回すと手強いんです。

勝つ歓びを知る、為には負ける悔しさ、も経験しないといけない。

その悔しさを歓びに変えていけるかどうかは、アナタとペア次第、です。

 

キーワードは、シンプルに、客観的に。

いつでも勝てるダブルスは、すごく冷静で冷ややか。

試合を楽しんでいないようにすら見えますが・・・実は闘志を燃やして、楽しんでいる。

勝ちましょう。

こうやって勝ち続けている相手、の椅子を奪うのはアナタ自身です。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ

    パートナーのサーブがイマイチ・・・でも、ダブルスの試合、いかに前衛とし…

  3. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス力

    「ダブルスで並行陣を教えたいんだけど・・・」という質問を受けた。…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

    ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?硬式テニスでは前衛、後衛に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するた…
  3. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました
  4. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必…
PAGE TOP