テニス 戦術

その他

テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養える

テニスの試合、アナタはつい「真っ向勝負」にこだわっていないか?

確かに聞こえは良いですが、私が伝えたいのはこのテーマ。

戦う場所、は相手に応じて選べる。

そして戦い方を選べるようになれば、きっとテニス以外にも活かせることはたくさんあると思うんです。

 

テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養える

 


 

1.マーケティング力って?

私も、あまり偉そうなことは書けませんが・・・。

社会人の方であればご存知の方も多いと思いますが、商売をするうえで「売上をどうやって上げるのか?」を実践していく力、と考えてみましょう。

何を、どこで、誰に売るのか・・・は、どんな商売でも、売り手の人は考えますよね。

自分たちの商品の強み、を考えて考えて、考え抜いて戦う場所を選んでいく。

テニスの試合でも、同じことが言えると思います。

 

2.サーブ、リターン、前、後ろ、どこに打っても良い!

サーブはサービスエリア、リターン以降はどこに打っても良い。

しかもノーバウンドでもワンバウンドでもOK。

ダブルスなら、同じ選手が2回連続で打ってもOK!卓球は禁止ですよね。

テニスって、なんて自由なスポーツ・・・なんでしょうか。

自分で相手を観て、戦う場所を選んで良い。

ボレーに出る、相手をボレーさせるように前に引っ張り出す。

こういう発想が出来るようになると、テニスってもっと幅が拡がってきて楽しくなるはずです。

 

3.逆を考えると・・・致命的な弱点があると、厳しい

当たり前ですが、致命的な弱点があるとテニスでは厳しくなる。

それを凌駕出来る武器があれば、一昔前はプロ選手としても活躍出来ました。

ですが最近の選手、強い選手はジュニアでも弱点らしい弱点は無いはずです。

アナタ自身、常にどんな戦場に引っ張り出されても、ある程度戦えないとトーナメントは勝ち抜けないでしょう。

自分の武器はあって良い。

ですが、そこばかりに関心がいってはいませんか?

武器を磨いてばかりで、戦えない戦場を増やしてはいませんか?

 

学生の方は、特にネットプレー。

「後ろでストローク、打ってれば良いじゃん!」と思っている方は、強い相手と対戦してみて下さい。

どんどん、ドロップで前に引っ張り出されますから。

社会人の皆さんであれば、ピンとくる方も多いはず。

ぜひ、テニスの試合では戦場を選ぶ、選ばせない、ということも意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけについて

    最近何名の方からか、こういった内容の質問を頂きました。このサイ…

  2. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

    私の周りでも、こういう方はとっても多いです。でも、同じくらい多…

  3. テニス 打点

    その他

    遠くへの球出しのコツは、ラケットをしっかり後ろにセットすること

    ラケットでボールを遠くに送ること。意外と、この機会って多いと思…

  4. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について

    高校に入学してからテニスを始めた。で、高校2年生の夏休み、テニ…

  5. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで

    皆さんも普段の仲間、以外のメンバーと練習する機会はあると思います。…

  6. テニス 客観視

    その他

    テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに

    試合に出続けているみなさんに、ぜひ、意識して欲しいこと。少し、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    先制攻撃のダメージは、最後まで残る
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
PAGE TOP