テニス 戦術

その他

テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養える

テニスの試合、アナタはつい「真っ向勝負」にこだわっていないか?

確かに聞こえは良いですが、私が伝えたいのはこのテーマ。

戦う場所、は相手に応じて選べる。

そして戦い方を選べるようになれば、きっとテニス以外にも活かせることはたくさんあると思うんです。

 

テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養える

 


 

1.マーケティング力って?

私も、あまり偉そうなことは書けませんが・・・。

社会人の方であればご存知の方も多いと思いますが、商売をするうえで「売上をどうやって上げるのか?」を実践していく力、と考えてみましょう。

何を、どこで、誰に売るのか・・・は、どんな商売でも、売り手の人は考えますよね。

自分たちの商品の強み、を考えて考えて、考え抜いて戦う場所を選んでいく。

テニスの試合でも、同じことが言えると思います。

 

2.サーブ、リターン、前、後ろ、どこに打っても良い!

サーブはサービスエリア、リターン以降はどこに打っても良い。

しかもノーバウンドでもワンバウンドでもOK。

ダブルスなら、同じ選手が2回連続で打ってもOK!卓球は禁止ですよね。

テニスって、なんて自由なスポーツ・・・なんでしょうか。

自分で相手を観て、戦う場所を選んで良い。

ボレーに出る、相手をボレーさせるように前に引っ張り出す。

こういう発想が出来るようになると、テニスってもっと幅が拡がってきて楽しくなるはずです。

 

3.逆を考えると・・・致命的な弱点があると、厳しい

当たり前ですが、致命的な弱点があるとテニスでは厳しくなる。

それを凌駕出来る武器があれば、一昔前はプロ選手としても活躍出来ました。

ですが最近の選手、強い選手はジュニアでも弱点らしい弱点は無いはずです。

アナタ自身、常にどんな戦場に引っ張り出されても、ある程度戦えないとトーナメントは勝ち抜けないでしょう。

自分の武器はあって良い。

ですが、そこばかりに関心がいってはいませんか?

武器を磨いてばかりで、戦えない戦場を増やしてはいませんか?

 

学生の方は、特にネットプレー。

「後ろでストローク、打ってれば良いじゃん!」と思っている方は、強い相手と対戦してみて下さい。

どんどん、ドロップで前に引っ張り出されますから。

社会人の皆さんであれば、ピンとくる方も多いはず。

ぜひ、テニスの試合では戦場を選ぶ、選ばせない、ということも意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー

    これからテニスの試合に出ていく、出始めたみなさんに、意識して欲しいこと…

  3. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる

    テニスを続けていると、人に何かを教えること、伝えることも増えてくる。…

  4. テニス 疲れ
  5. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人

    正直で良いと、私は思いますよ。どちらかの要素があると…

  6. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、どんな場所?

    インターハイ後のジュニアテニス界のビッグタイトル、全日本ジュニア。…

特集記事

  1. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です
  3. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて能力以上に大きい「熱意の差」について、アナタの認識はまだまだ甘い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
PAGE TOP