テニス メンタル

ボレー

試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。

皆さんも経験、ありませんか?

試合中で同じ1ポイントを落とすのでも、ネットから近いか遠いかでダメージが違う。

試合慣れしていない選手ほど、こういうミスを引きずってくれるので助かるんです。

 

試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

 

1.ボレーミスを「チャンスをミスした」と思い込んでしまうのは、なぜ?

私からすると、チャンスだなんて思う方がおかしい。

確かにネットに近い方がポイントを獲れる、ボレーで触れているのなら優位なのかもしれない。

でも、実際は細かいタッチ技術が必要だし、ボレー出来ているからと言って簡単なボールでは無い、ケースがほとんど。

それなのに、試合中にボレーをミスすると、「この世の終わり」くらいに落ち込む人、多くないですか?

そういう相手を観ると、「この試合は、楽出来るな・・・」と思うんです。

だってミスを引きずってくれる、可能性が高いですからね。

 

2.ボレーミスした相手には、「同じショット」を打たせよう

私がいつもやる作戦は、ダブルスでボレーミスした前衛は、同じショットを打ってもらう。

バックボレーでミスをした後は、また同じようなバックボレーを打ってもらうように仕向ける。

自信が無いから、飛んで来ただけでビビッてくれるし、まず良いボールは返球されない。

それくらい、ネットプレーのミス、ボレーのミスってメンタルダメージが大きいんですよ。

このことを知って、作戦に活かす。

相手の弱みに付け込むなんで、汚い・・・と思いますか?

 

3.アナタ自身は、序盤のネットプレーは手堅くいこう!

だからこそ、私はこう考えています。

序盤にネットプレーを入れて、手堅く対応する。

1発で決まらなくても、ミスをしない、少ないアピールをしっかり相手にしておくことで、試合は優位に進められます。

ボレーで序盤にミスしてしまっても、気にしない。

落とす1ポイントは同じだし、まずボレーに出たことが成功、そして相手にまた狙われても気にしない。

自分がやろうと思っている作戦は、大抵相手も考えている。

こう理解しておけば、すごく試合でも楽じゃないですか?

 

ミスに付け込む、とはこういうこと。

なるべく同じショットを打たせて不安にさせる、のがテニスでは有効です。

すごく小さいことですが、この小さいポイントに気付けない限り・・・アナタはいつまで経っても「やられる側」ですよ。

抜けだして、「仕掛ける側」に回りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ

    テニスの試合の中で、難しいのがこの技術。相手のボールが速い時に…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

    私がこのコツを掴んだのは高校一年生のとき。それまでは、打つ方向…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。それは、なるべく「腕だけで打…

  5. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が出来るようになりまし…

    プロテニス選手のシングルスの試合を観ていて、皆さんは何を感じますか?…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考え方4つ

    一般のテニススクールでは、女性のバックハンドボレーは両手で勧められます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    結局テニスの試合で、どんなショットを打てば良いのか分からない人へ
  2. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる
  3. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?
  4. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう
PAGE TOP