テニス メンタル

ボレー

試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。

皆さんも経験、ありませんか?

試合中で同じ1ポイントを落とすのでも、ネットから近いか遠いかでダメージが違う。

試合慣れしていない選手ほど、こういうミスを引きずってくれるので助かるんです。

 

試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

 

1.ボレーミスを「チャンスをミスした」と思い込んでしまうのは、なぜ?

私からすると、チャンスだなんて思う方がおかしい。

確かにネットに近い方がポイントを獲れる、ボレーで触れているのなら優位なのかもしれない。

でも、実際は細かいタッチ技術が必要だし、ボレー出来ているからと言って簡単なボールでは無い、ケースがほとんど。

それなのに、試合中にボレーをミスすると、「この世の終わり」くらいに落ち込む人、多くないですか?

そういう相手を観ると、「この試合は、楽出来るな・・・」と思うんです。

だってミスを引きずってくれる、可能性が高いですからね。

 

2.ボレーミスした相手には、「同じショット」を打たせよう

私がいつもやる作戦は、ダブルスでボレーミスした前衛は、同じショットを打ってもらう。

バックボレーでミスをした後は、また同じようなバックボレーを打ってもらうように仕向ける。

自信が無いから、飛んで来ただけでビビッてくれるし、まず良いボールは返球されない。

それくらい、ネットプレーのミス、ボレーのミスってメンタルダメージが大きいんですよ。

このことを知って、作戦に活かす。

相手の弱みに付け込むなんで、汚い・・・と思いますか?

 

3.アナタ自身は、序盤のネットプレーは手堅くいこう!

だからこそ、私はこう考えています。

序盤にネットプレーを入れて、手堅く対応する。

1発で決まらなくても、ミスをしない、少ないアピールをしっかり相手にしておくことで、試合は優位に進められます。

ボレーで序盤にミスしてしまっても、気にしない。

落とす1ポイントは同じだし、まずボレーに出たことが成功、そして相手にまた狙われても気にしない。

自分がやろうと思っている作戦は、大抵相手も考えている。

こう理解しておけば、すごく試合でも楽じゃないですか?

 

ミスに付け込む、とはこういうこと。

なるべく同じショットを打たせて不安にさせる、のがテニスでは有効です。

すごく小さいことですが、この小さいポイントに気付けない限り・・・アナタはいつまで経っても「やられる側」ですよ。

抜けだして、「仕掛ける側」に回りましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる

    テニスの試合の中で、攻めているのに決まらない。毎回相手に返球さ…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで…

  3. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します

    どうしても、苦手意識が強くなりがちなバックボレー。でも、私はそ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

    テニスの試合で、どうしてもココに打ちたい!というような場面。こ…

  5. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?

    ドロップボレーを打つ!時に、相手のボールが緩い、遅い。こうい…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫
  2. 戦術

    かわすだけ、では試合で勝てない
  3. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る
  4. テニス 気付き

    テニススクール

    読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. メンタル

    強くなる勇気
PAGE TOP