テニス ストローク

シングルス

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

粘り強い、だけじゃない。

なぜか、なぜか自分から崩れていってしまう・・・しっかり自分も対策を練ってきているはずなのに。

上のレベルになると、ただ粘って勝ち上がる選手なんて、少ない。

そう、ミスを引き出すことに長けている選手、こそが勝てるシコラータイプの選手です。

 

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

 

粘っているだけの相手は、臆病だし強くない

後ろで粘って、相手のミス待ち。

そんな選手でも、1回戦や2回戦は勝てる・・・けど、そこから先が厳しい。

上のレベル、シード選手になるとただ粘るタイプのシコラー型の選手はいませんよね。

何が、違うのか。

それは、相手のミスを引き出す力。

ミスって言っても、それは傍から見ていると気付かないくらい、小さいミス。

ドッカンドッカン打ってミスする人のミス、では無いんです。

 

小さい隙を突いていくのが上手い選手は、たくさんいる

私は、極論錦織選手もそのタイプだと思います。

肌感覚で相手の弱点を見抜いて、突いていく、そして彼は「浅いボールを引き出す」ことが上手い。

そこからはもう、攻撃的なストロークがモノを言う。

実は、強いシコラータイプの選手は相手のミス=ちょっとした甘いボール、を引き出すのが本当に上手い。

もちろん自分はミスしないから、相手が根負けして体力が落ちてきて浅くなる、ことも多いでしょう。

序盤は競っているようで、後半に一気に引き離す。

体力切れ、だって立派な「隙」ですからね。

 

アナタに弱点を引き出す飛び道具、はあるだろか?

試合の中で、相手から弱点を引き出す。

浅いボールを呼び込むような技、飛び道具、アナタにはありますか?

後ろで粘るだけだと・・・正直、県大会には出れても全国は難しい。

上のレベルで戦える安定感のある選手になりたければ、粘りながらも相手からチャンスを引き出す武器が欲しい。

お勧めは、前後に動かすショット。

ドロップショットもそうですし、浅目のショートクロス、浅いスライス、なんかあると最高です。

深いストロークが安定して打てるなら、よりその武器が活きるはず。

同時に、そういうボールをどう処理するのかも、自分で考えておきましょう。

 

シコラーレベルも、変わって来る。

ここは、特に学生から社会人、になると大きく違ってきます。

社会人になると、粘っているだけでも勝てないし、体力も大事に使わないといけない。

安定感がありつつ、相手からミスを引き出せるシコラー。

すごく、魅力的じゃないですか?

 

今回のまとめ

相手からミスを誘えるシコラーになるには、弱点を引き出す前後のショットを身に付けよう

 

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

    テニスの試合では、ブレーク合戦になることが多々あります。プロ選…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス 言葉

    シングルス

    テニスの試合では、「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手で・・・」という方の声を聞く機会…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のダブルスゲーム形式をやってみよう!
  2. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません…
  3. その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる
  4. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です
  5. テニス サイト

    ボレー

    先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!
PAGE TOP