テニス ストローク

シングルス

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

粘り強い、だけじゃない。

なぜか、なぜか自分から崩れていってしまう・・・しっかり自分も対策を練ってきているはずなのに。

上のレベルになると、ただ粘って勝ち上がる選手なんて、少ない。

そう、ミスを引き出すことに長けている選手、こそが勝てるシコラータイプの選手です。

 

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

 

粘っているだけの相手は、臆病だし強くない

後ろで粘って、相手のミス待ち。

そんな選手でも、1回戦や2回戦は勝てる・・・けど、そこから先が厳しい。

上のレベル、シード選手になるとただ粘るタイプのシコラー型の選手はいませんよね。

何が、違うのか。

それは、相手のミスを引き出す力。

ミスって言っても、それは傍から見ていると気付かないくらい、小さいミス。

ドッカンドッカン打ってミスする人のミス、では無いんです。

 

小さい隙を突いていくのが上手い選手は、たくさんいる

私は、極論錦織選手もそのタイプだと思います。

肌感覚で相手の弱点を見抜いて、突いていく、そして彼は「浅いボールを引き出す」ことが上手い。

そこからはもう、攻撃的なストロークがモノを言う。

実は、強いシコラータイプの選手は相手のミス=ちょっとした甘いボール、を引き出すのが本当に上手い。

もちろん自分はミスしないから、相手が根負けして体力が落ちてきて浅くなる、ことも多いでしょう。

序盤は競っているようで、後半に一気に引き離す。

体力切れ、だって立派な「隙」ですからね。

 

アナタに弱点を引き出す飛び道具、はあるだろか?

試合の中で、相手から弱点を引き出す。

浅いボールを呼び込むような技、飛び道具、アナタにはありますか?

後ろで粘るだけだと・・・正直、県大会には出れても全国は難しい。

上のレベルで戦える安定感のある選手になりたければ、粘りながらも相手からチャンスを引き出す武器が欲しい。

お勧めは、前後に動かすショット。

ドロップショットもそうですし、浅目のショートクロス、浅いスライス、なんかあると最高です。

深いストロークが安定して打てるなら、よりその武器が活きるはず。

同時に、そういうボールをどう処理するのかも、自分で考えておきましょう。

 

シコラーレベルも、変わって来る。

ここは、特に学生から社会人、になると大きく違ってきます。

社会人になると、粘っているだけでも勝てないし、体力も大事に使わないといけない。

安定感がありつつ、相手からミスを引き出せるシコラー。

すごく、魅力的じゃないですか?

 

今回のまとめ

相手からミスを誘えるシコラーになるには、弱点を引き出す前後のショットを身に付けよう

 

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

    大きな武器は、フォアハンド。これは男女問わず、シングルスの一つ…

  2. テニス フットワーク
  3. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  4. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に観るフェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  5. シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  6. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからでも、…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続けるから怖い
  2. その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコース…
  5. ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?…
PAGE TOP