テニス ストローク

シングルス

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

粘り強い、だけじゃない。

なぜか、なぜか自分から崩れていってしまう・・・しっかり自分も対策を練ってきているはずなのに。

上のレベルになると、ただ粘って勝ち上がる選手なんて、少ない。

そう、ミスを引き出すことに長けている選手、こそが勝てるシコラータイプの選手です。

 

上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して」いるから強い

 

粘っているだけの相手は、臆病だし強くない

後ろで粘って、相手のミス待ち。

そんな選手でも、1回戦や2回戦は勝てる・・・けど、そこから先が厳しい。

上のレベル、シード選手になるとただ粘るタイプのシコラー型の選手はいませんよね。

何が、違うのか。

それは、相手のミスを引き出す力。

ミスって言っても、それは傍から見ていると気付かないくらい、小さいミス。

ドッカンドッカン打ってミスする人のミス、では無いんです。

 

小さい隙を突いていくのが上手い選手は、たくさんいる

私は、極論錦織選手もそのタイプだと思います。

肌感覚で相手の弱点を見抜いて、突いていく、そして彼は「浅いボールを引き出す」ことが上手い。

そこからはもう、攻撃的なストロークがモノを言う。

実は、強いシコラータイプの選手は相手のミス=ちょっとした甘いボール、を引き出すのが本当に上手い。

もちろん自分はミスしないから、相手が根負けして体力が落ちてきて浅くなる、ことも多いでしょう。

序盤は競っているようで、後半に一気に引き離す。

体力切れ、だって立派な「隙」ですからね。

 

アナタに弱点を引き出す飛び道具、はあるだろか?

試合の中で、相手から弱点を引き出す。

浅いボールを呼び込むような技、飛び道具、アナタにはありますか?

後ろで粘るだけだと・・・正直、県大会には出れても全国は難しい。

上のレベルで戦える安定感のある選手になりたければ、粘りながらも相手からチャンスを引き出す武器が欲しい。

お勧めは、前後に動かすショット。

ドロップショットもそうですし、浅目のショートクロス、浅いスライス、なんかあると最高です。

深いストロークが安定して打てるなら、よりその武器が活きるはず。

同時に、そういうボールをどう処理するのかも、自分で考えておきましょう。

 

シコラーレベルも、変わって来る。

ここは、特に学生から社会人、になると大きく違ってきます。

社会人になると、粘っているだけでも勝てないし、体力も大事に使わないといけない。

安定感がありつつ、相手からミスを引き出せるシコラー。

すごく、魅力的じゃないですか?

 

今回のまとめ

相手からミスを誘えるシコラーになるには、弱点を引き出す前後のショットを身に付けよう

 

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

  3. シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実を、しっかり覚えておこう

    冬場のテニスの試合。皆さんはどこに、注意して試合を進めていますか?…

  4. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  5. シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  6. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

    シングルスの試合に出たいのに、チームの人数が多くてダブルスの練習しか出…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. その他

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスでは、「自分のスピードはポジショニングでカバーできる!」特に社会人の方は意…
  3. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ
  5. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる…
PAGE TOP