その他

「今のはイレギュラーしたから、仕方ない・・・」と思っていては、そこで成長が止まってしまいます

テニスの上達が遅い、試合で勝てない人にはある共通点があります。

それは、「イレギュラーに弱い」ということ。

「いやー今のはイレギュラーだったから、仕方ないよね」と、平気で笑っている。

もし、大事な試合のマッチポイントで同じことが起きても、同じことが言えますか?

イレギュラーに対して、100%効く薬なんてもちろんありません。

しかし普段から意識を高く持って、「絶対にイレギュラーバウンドにも喰らい付く!」と思って練習している選手はいる。

そしてそんな選手は、本番でも身体から反応してイレギュラーバウンドのボールにも対応できてしまうのです。

 

「今のはイレギュラーしたから、仕方ない・・・」と思っていては、そこで成長が止まってしまいます

 


 

■イレギュラーバウンドが100%起きないテニスコートなんて、無い

クレーコートはもちろんのこと、使い込んだオムニコート、ヒビが入ったハードコートなど、試合にイレギュラーは付き物。

そもそも、コートが傷みやすい場所は、よくボールが飛ぶ、人が動く場所。

つまりは普通に試合をしている限り、絶対にイレギュラーバウンドは発生してしまうのです。

こういった大前提を、まずは頭に入れて受け入れておきましょう。

 

■膝を柔らかく、目線を低く、速く準備、が基本

この3つを実践していれば、必ず多少のイレギュラー変化には反応出来るようになります。

特に意識したいのが、速いテイクバック。

テイクバックさえ完了していれば、フォロースルーである程度修正できるのです。

そして膝を曲げて目線を下げていれば、最悪ボールの「下側」にラケットを入れて山なりでも返球できるはず。

諦めずにしぶとく、この1球返球できるかどうかが、試合での勝敗を大きく左右します。

 

■でも一体、どんな練習をすれば良いのか・・・?

分ったけど、実際に「イレギュラーバウンドへの反応」、についてどうやって練習すれば良いのでしょうか?

まずはラケットを使わず、バウンドの変化に身体で反応できるようにトレーニングしてみてはどうでしょう。

オススメは、「リアクションボール」と呼ばれる、いびつな形をしたゴムボール。

見ての通り、バウンドが不規則になりますので、このボールでワンバウンドのキャッチボールから始めてみると良いでしょう。

実際やってみると・・・もうイレギュラー以上の変化が、そこには発生し、激しいトレーニングになります。

結構、集中力が鍛えられますし、楽しみながら部活などで練習が出来ると思います。

 

 

「当たり前」と思っていることを、ときには疑ってみることもテニスでは必要です。

コードボール、イレギュラーバウンド、風による変化・・・。

これらは、もう起きてしまったら「どうしようもないもの」、なんでしょうか?

私は違うと思っています。

一緒にテニスの可能性を、どんどん拡げていきませんか?

厳しい道ですが、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス センス

    その他

    人と会話しないと、自分も自分のテニスも見えて来ない

    テニスの上達、自分次第?もちろん、それが大前提です。で…

  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・

    テニスの大会を勝ち抜いていくうえで、避けて通れないのがシード選手との闘…

  3. テニス 居場所

    その他

    「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

    なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。…

  4. テニス 新入生

    その他

    なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?

    4月に入り、部活やサークルにも少しずつ新入生、が増えてきたと思います。…

  5. その他

    「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!

    昨日にて発表された、来月のデビスカップ初戦の日本代表メンバー。…

  6. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです

    90回の記念大会となる、全日本テニス選手権。去年よりもドロー数…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが強くなる人は、自らにストレスをかけ続けられる人
  2. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です
  3. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?
  4. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを…
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する
PAGE TOP