テニス メンタル

その他

テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ

これから夏にかけては、大事な試合が多くなる時期。

暑さ対策はもちろん、そもそも試合前にどんな準備をしたら良いのか・・・分からないという方もいると思います。

4月にテニスを始めた人も、そろそろ試合デビュー!という方も多いはず。

今回は改めて、試合に勝つ為に前日までに準備しておくことをまとめてみました。

暑い夏でも寒い冬でも、戦う前の準備の段階が大事です。

 

テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ

 


 

1.試合に必要な用具の準備

前日の夜までに、しっかりバッグを完成させておくようにしましょう。

ラケット、シューズ、ウェアやグリップテープ、ドリンクに防寒具、万が一の時の為に常備薬。

当日の朝にまとめるようでは、絶対にダメ!

前日までにしっかり完成させておくと、それだけで良い自信が湧いてきます。

気持ち良く寝る為、目覚めの良い朝を迎える為にも、しっかり完成させておくことが大事です。

 

2.試合会場の天気予報をチェック

天気予報、しっかりチェックしてイメージトレーニングをしましょう。

雨、風、気温と湿度は、テニスに大きな影響を及ぼします。

どんな天候でも対応出来るように、タオルの準備や風対策のクイックサーブのイメトレは大事。

気温が低ければボールは少し飛び辛くなりますし、湿度が高い試合では体力の消耗も激しい。

テニスの戦い方も、それぞれ気候状況で異なることをしっかり覚えておきましょう。

 

3.大会ルールを確認

これ、実際にほとんどの人がやっていないと思います。

自分が出る大会、どんなルールか事前にしっかり覚えておきましょう。

今ではスマートフォンで体育連盟や協会のサイトにもアクセスできますので、人任せにしないで自分でしっかり調べる。

1セットマッチ?デュースあり?

試合会場で対戦相手に聞くような選手、最悪です。

前日までに自分で調べる、のを当たり前のように出来るようにしましょう。

 



 

4.テニスノートを読み返す

テニスノートを読み返して、自分が練習してきた実績を確認する。

ここでは自信をしっかり蓄えておきたいので、トレーニングを数値化している部分、そして自分が出来るようになったスキルを読み込んでおく。

そして試合は、「上手くいかないもの」との前提を大事に、色々なシチュエーションを想定して具体策を練りましょう。

「最初のゲームから全然サーブが入らない・・・」ということに、コート上で気付いて悩んでも遅いのです。

 

5.500mlの水を飲んで早めに就寝

水分補給、試合の前日から始まっています。

寝る前にしっかり最低500mlの水を飲んで、早めに就寝すること。

ベッドの上で眠れない・・・と思っても、スマートフォンをいじってはだめ。

横になって目を閉じているだけでも、疲れは取れて試合に備えることは出来る。

寝る前のゲームは絶対に、試合前の夜は禁止です。

 

これらの内容は、本当は試合前日だけでなく、トレーニングの一環として習慣化して欲しい。

準備って、ミスは無いんですよ。

ミス=忘れる、ということですから、限りなく0に出来る。

試合に強い選手は、準備からして力強い。

テニスの試合の準備、そんなに時間がかかる、お金がかかるものではありません。

試合に勝ちたければ、前日の準備からしっかり行っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さい

    テニスの試合に強くなるには、なるべく外部で試合を出来る場を設けたい、と…

  2. その他

    自分にとって、一番大切なモノ

    今だからこそ、考えてみたいこと。私は、高校時代に授業で経験し…

  3. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです

    90回の記念大会となる、全日本テニス選手権。去年よりもドロー数…

  4. テニス メンタル

    その他

    みなさんのストリングについて、教えて下さい

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います。今回、…

  5. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開します

    いつも、T-PRESSをご覧頂きまして、ありがとう御座います。…

  6. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識とは?

    テニスをやる人は誰しも、「思ったところにボールをコントロールしたい」と…

特集記事

  1. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!…
  2. テニス ラケット

    日々の雑記

    辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう
  3. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いボレーを下がってストローク、でその後は?
PAGE TOP