リターン

スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。

でも、なかなかブレイク出来ないし、ミスも多い・・・ような時は、きっと問題点があるはず。

スライスサーブって、いつも甘く見られがちなんですよね。

特にベテランや女性の方のスライスサーブ、これは脅威です。

しっかり準備しておかないと、試合でブレイク出来ないですよ。

 

スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

 


 

1.なぜ、返し辛いのか?

まず、スライスサーブは変化します。

横に変化して、弾まない。

こういう変化球に慣れている人は、リターンで返しやすい。

でも、速いサーブで直球勝負にしか慣れていない人は、難しいでしょう。

特に、強打大好きな男性のみなさん、ですね。

絶対に、試合ではまってしまうと思っておいて損は無いです。

 

2.リターンで必要な、打点の高さを出し辛い

スライスサーブは、バウンド後に滑って来る。

あまり弾まないから、ポジションによっては本当に地面スレスレで打つようなリターンになってしまうんです。

これでは、強打は無理。

なのに、ボール自体は遅いから、つい欲が出てしまう。

ミックスダブルスの男性で、あるあるのパターンですよね。

スライスサーブを強打でスピン、フラット、打点が低いのに無理してばかり。

これでは、どんどん相手のペースになっていくでしょう。

 

3.スライスサーブこそ、スライスリターン

この方が、返しやすいです。

ストロークもそうですが、スライスにはスライス、が対応しやすい。

スライスサーブは、スライスでのドロップショットやスライスロブ、が打ちやすい。

でも、なかなかこういうリターンの発想が無い、オプションが無い人、多くないですか?

試合で勝ちたいなら、これを磨いて欲しい。

そうすれば、強打のリターンもより活きると思うんですよね。

打点が低いなら、上に打たないとテニスでは厳しい。

それから、ポジションも大事ですよね。

 

4.ポジションは前、が基本

スライスサーブの対応の基本ですね。

曲がった直後、変化する前にリターンするつもり。

ポジションを前にすることで、少しでも打点を高くすることも出来ます。

相手がスライスサーブなら、コートの内側に立ってリターンする。

それも、どの程度の曲がり具合か、伸びか・・・をしっかり見極めましょう。

ポジショニングを下げて強打、未来がありません。

 

攻撃したいなら、じっくりいきましょう。

スライスサーブ、しっかり対応すれば怖く無い。

何となくで対応しているから、強打に走ってしまうんです。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

男性のみなさん、遅いサーブの方が大変なんですよ・・・試合では。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

  2. リターン

    相手の前衛の、どこを見極めるのか?

    ダブルスの試合で、相手の前衛をチェックする。これ、意外と盲点…

  3. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!

    スライスでリターン、練習したことはありますか?普段のストローク…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

    ダブルスの試合で、なかなかストレートへリターンを打てないとお悩みのみな…

  6. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります

    試合の序盤で、いきなり相手のサーブをブレイク!順調な滑り出しの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる
  2. テニス メンタル

    リターン

    「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ
  3. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる
  4. その他

    テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう
  5. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!
PAGE TOP