リターン

スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。

でも、なかなかブレイク出来ないし、ミスも多い・・・ような時は、きっと問題点があるはず。

スライスサーブって、いつも甘く見られがちなんですよね。

特にベテランや女性の方のスライスサーブ、これは脅威です。

しっかり準備しておかないと、試合でブレイク出来ないですよ。

 

スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

 


 

1.なぜ、返し辛いのか?

まず、スライスサーブは変化します。

横に変化して、弾まない。

こういう変化球に慣れている人は、リターンで返しやすい。

でも、速いサーブで直球勝負にしか慣れていない人は、難しいでしょう。

特に、強打大好きな男性のみなさん、ですね。

絶対に、試合ではまってしまうと思っておいて損は無いです。

 

2.リターンで必要な、打点の高さを出し辛い

スライスサーブは、バウンド後に滑って来る。

あまり弾まないから、ポジションによっては本当に地面スレスレで打つようなリターンになってしまうんです。

これでは、強打は無理。

なのに、ボール自体は遅いから、つい欲が出てしまう。

ミックスダブルスの男性で、あるあるのパターンですよね。

スライスサーブを強打でスピン、フラット、打点が低いのに無理してばかり。

これでは、どんどん相手のペースになっていくでしょう。

 

3.スライスサーブこそ、スライスリターン

この方が、返しやすいです。

ストロークもそうですが、スライスにはスライス、が対応しやすい。

スライスサーブは、スライスでのドロップショットやスライスロブ、が打ちやすい。

でも、なかなかこういうリターンの発想が無い、オプションが無い人、多くないですか?

試合で勝ちたいなら、これを磨いて欲しい。

そうすれば、強打のリターンもより活きると思うんですよね。

打点が低いなら、上に打たないとテニスでは厳しい。

それから、ポジションも大事ですよね。

 

4.ポジションは前、が基本

スライスサーブの対応の基本ですね。

曲がった直後、変化する前にリターンするつもり。

ポジションを前にすることで、少しでも打点を高くすることも出来ます。

相手がスライスサーブなら、コートの内側に立ってリターンする。

それも、どの程度の曲がり具合か、伸びか・・・をしっかり見極めましょう。

ポジショニングを下げて強打、未来がありません。

 

攻撃したいなら、じっくりいきましょう。

スライスサーブ、しっかり対応すれば怖く無い。

何となくで対応しているから、強打に走ってしまうんです。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

男性のみなさん、遅いサーブの方が大変なんですよ・・・試合では。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  2. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  3. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

    相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場…

  4. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

    試合に始めて出た時のこと、みなさんは覚えてますか?一番苦戦した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです
  2. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと
  3. ダブルス

    ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう
  5. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない
PAGE TOP