テニス ストローク

リターン

テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

速いサーブも嫌だけど、試合の緊張した場面では「ゆるくて遅いサーブ」も嫌・・・。

アンダーサーブなんかは、良いリターンを返して当たり前という雰囲気もあるし、とにかくプレッシャーはリターン側にかかりがち。

しっかり攻撃していこうと思うと力が入ったり、つなごうとして相手のチャンスになったり・・・と、手詰まりになってしまう人も多いんじゃないでしょうか。

こういったことにならないよう、しっかり準備しておきたいですね。

 

テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

 


 

1.まずはリターンのポジションを「しっかり前」に取ろう!

ゆるいサーブは、待って打つと失敗する。

まずこれが大前提です。

しっかり自分から動いて、攻撃的にリターンから攻めていきたい。

であれば、当然ポジションは前に取ることが大事

ゆるいサーブは、バウンド後もそんなに伸びては来ません。

むしろ待っていると打点が低くなってしまうリスクが高いことを、しっかり意識しましょう。

 

2.油断しているとテイクバックが遅れる

テイクバックも普段よりしっかり速くすることを、意識しましょう。

遅いボールに対しては、どこか油断してしまって「テイクバックをバウンドに合わせる」選手がいますが、これは間違い。

速く準備すれば、それだけリターンの選択肢も広がりますし、相手にプレッシャーもかけられる。

フォアかバックか、分かった時点で身体をターンしてしっかりテイクバックを意識しましょう。

 

3.「攻撃できるリターン」を身に付ければ、苦手意識は払拭できる

なぜ「苦手」に感じてしまうかを考えると、シンプルです。

「自分から攻撃できる自信」が無いと、当然不安になり自分からチャレンジできなくなります。

普段の練習から、「ゆるいサーブは攻撃していく」という雰囲気、テーマを持って、部活で練習できていますか?

リターン練習は一番、おろそかになってしまいがちなメニューだと思います。

しっかり全体で意識を高く持っておけば、試合でもリターンからの攻撃を恐れないチームになれるでしょう!

 

セカンドサーブからは、絶対に攻撃する。

これを一つのテーマにしてみて欲しい。

どんなに実力が有る選手でも、セカンドサーブはどこかに隙があります。

深いサーブ、回転系のサーブはバウンド後に伸びてきますが、それでも「ゆるい」サーブであることには変わりありません。

であればしっかり、前に踏み込んでプレッシャーをかけていきたい。

さぁ、アナタもリターンからの攻撃を得意パターンに組み込んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

    コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。リターンの時に、い…

  2. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  4. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

    両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。その…

  5. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを…
  2. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ
  3. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り
  4. ダブルス

    「ダブルスって人が多すぎてつまんない!?」シングルスでも活かせるテニスの考え方を…
  5. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合は、「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
PAGE TOP