テニス ストローク

リターン

テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

速いサーブも嫌だけど、試合の緊張した場面では「ゆるくて遅いサーブ」も嫌・・・。

アンダーサーブなんかは、良いリターンを返して当たり前という雰囲気もあるし、とにかくプレッシャーはリターン側にかかりがち。

しっかり攻撃していこうと思うと力が入ったり、つなごうとして相手のチャンスになったり・・・と、手詰まりになってしまう人も多いんじゃないでしょうか。

こういったことにならないよう、しっかり準備しておきたいですね。

 

テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

 


 

1.まずはリターンのポジションを「しっかり前」に取ろう!

ゆるいサーブは、待って打つと失敗する。

まずこれが大前提です。

しっかり自分から動いて、攻撃的にリターンから攻めていきたい。

であれば、当然ポジションは前に取ることが大事

ゆるいサーブは、バウンド後もそんなに伸びては来ません。

むしろ待っていると打点が低くなってしまうリスクが高いことを、しっかり意識しましょう。

 

2.油断しているとテイクバックが遅れる

テイクバックも普段よりしっかり速くすることを、意識しましょう。

遅いボールに対しては、どこか油断してしまって「テイクバックをバウンドに合わせる」選手がいますが、これは間違い。

速く準備すれば、それだけリターンの選択肢も広がりますし、相手にプレッシャーもかけられる。

フォアかバックか、分かった時点で身体をターンしてしっかりテイクバックを意識しましょう。

 

3.「攻撃できるリターン」を身に付ければ、苦手意識は払拭できる

なぜ「苦手」に感じてしまうかを考えると、シンプルです。

「自分から攻撃できる自信」が無いと、当然不安になり自分からチャレンジできなくなります。

普段の練習から、「ゆるいサーブは攻撃していく」という雰囲気、テーマを持って、部活で練習できていますか?

リターン練習は一番、おろそかになってしまいがちなメニューだと思います。

しっかり全体で意識を高く持っておけば、試合でもリターンからの攻撃を恐れないチームになれるでしょう!

 

セカンドサーブからは、絶対に攻撃する。

これを一つのテーマにしてみて欲しい。

どんなに実力が有る選手でも、セカンドサーブはどこかに隙があります。

深いサーブ、回転系のサーブはバウンド後に伸びてきますが、それでも「ゆるい」サーブであることには変わりありません。

であればしっかり、前に踏み込んでプレッシャーをかけていきたい。

さぁ、アナタもリターンからの攻撃を得意パターンに組み込んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

  4. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  5. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

  6. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

特集記事

  1. ダブルス

    「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない
  2. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない
  3. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスはいつでも、「お互い様」
PAGE TOP