テニス ダブルス

ボレー

「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である

テニスに、柔らかさを求めてみる。

これは、確実にアナタ自身のこれから戦うべき道、になるはずです。

強打も大事ですが、もうどんなに力を込めても、ボレーのようなショットでは肘や手首を痛めてしまうだけ。

強打は、あくまで見せ球。

アナタ自身がこれから磨いていくべきは、柔らかく相手を翻弄するようなショット、でしょう。

 

「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である

 


 

1.危機感を、持とう

これから全て、が始まります。

私自身、強打のボレーをバンバン使ってましたが、30代に入り肘を痛めました。

そして、それから強打しても相手に拾われる。

速いボールの足下の処理が上手いベテラン選手、なんてゴロゴロいる訳じゃないですか。

これは、厳しいなと。

アナタ自身、まずはそこを感じられるかどうか、がスタートライン。

コントロール勝負で、コートは縦に使うことで相手を走らせる。

ネットプレーで必要な概念、はこれでしょう。

 

2.強打と見せかけてドロップ、を基本にする

常に、相手の前を狙う。

ボレーで強打出来る時も、あえて前に落とすようなショットを増やす。

これ、最初はすごくモヤモヤするし、ミスもするしスッキリしないようなことが多いと思います。

でも、ぜひ続けて欲しい。

柔らかいショット、テニスのボレーで、ネット際を狙うという意識を強く持つこと。

これが、今のアナタ自身に必要なことなんです。

技術じゃない、全ては必要性を感じて、狙うことが大事なんですから。

 

3.ドロップボレーはネットに詰めた方が決まりやすい

アングルボレー、ドロップボレーの基本ですね。

とにかく、ネットに詰める。

そして、強打ではなく前を使って、ポトッと落とすようなショットでフィニッシュする。

相手も、アナタ自身が前に詰めてくればそれだけで「強打」を警戒してくれるはず。

下がって後ろ足体重、になっている相手は、甘いドロップボレーでも追えないんですよ。

こういうショット、を試合でいかに使えるかどうか。

強打出来るんだけど、あえて柔らかいショットを選択する。

これは、普段の練習からでしか、意識付け出来ないし練習も出来ないんです。

 

4.仲間を出し抜く、練習から柔らかいショットを

試合で使いたいなら、練習で使う。

普段のラリー練習、ポイント練習から、どんどん柔らかいボレーを意識して使いましょう。

強打した方が、楽だし楽しい、スッキリするでしょう。

でも、試合ではそれは通じない、相手に拾われてしまう。

前を使う意識は、練習から実践していかないと絶対に試合で打つ勇気、は持てませんから。

ミスしても良い、とにかく前に詰めて、強打ではなく柔らかいタッチボレー。

これを徹底してみて下さい。

 

きっとテニス、が変わりますよ。

相手から、いかに2バウンドを奪うのか。

いかに走らせて、速いボールや強打以外でポイントを取っていくのか。

私たちのテニスの基本は、そこにあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!

    ボレーの打点が、どうしても後ろになって来る人。試合で力んでしま…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!

    風上から気持ち良くプレーして、ネットに出て・・・。でも、ここで…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功

    ダブルスの試合、どんどんこれ、やっていきましょう。ポーチに出る…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

  6. テニス ドロップショット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い
  2. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー
  3. 戦術

    本当に強い人との試合で、気付くこと
  4. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使…
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう
PAGE TOP