テニス ストローク

ボレー

ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。

ダブルスの試合、とにかくまぁロブばっかり、な相手いるじゃないですか。

こちらが並行陣、で攻めても上を使って上手く逃げて来る。

こういう相手に、スマッシュやハイボレー、だけで対応しようと思うと危険。

今回はその理由と、必要な武器、について考えてみたいと思います。

 

ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

 

1.ロブに対して深いショット、だけになってない?

みなさんも、自分たちがロブを処理するとき、どうでしょうか。

ついスマッシュやハイボレー、のように、相手コート深くに返球するショットばかりになってはいませんか?

相手は2人ともにベースライン、に立っているのに・・・これって有効打でしょうか?

私はそうは思いません。

むしろ、「よし、またロブで良いや!」という感じで、勢い付かせてしまう。

粘り強さをより活かしてあげているだけ、じゃないでしょうか。

そして最後は、並行陣側の自分たちのミスで失点。

そんなの、悲しすぎませんか?

 

2.相手のロブをどう返球するのか、発想を変えていこう

せっかく深いボールで返球出来たなら、次はその逆、を見せていきましょう。

前を使う、ことで相手は「下がって上に上げていれば良い」という訳にはいかなくなります。

思い切って、ドロップボレーを打ちましょう。

高い打点からですので、難しいのは百も承知です。

ですが、打点が高ければ、ネットも超えやすい。

少しだけスライスをかけて、イメージとしては「サービスラインの内側で2バウンド」すればOK。

それ以上、浅く打とうとしない。

これで実は、充分なんですよ。

 

3.ハイボレーは「深く打たれそう」な雰囲気で満ちている

なぜなら、アナタ自身の打つフォームが良い「フェイント」になっているから。

ハイボレーを打とうとしている、というだけで、もう相手は下がってくれる。

深く打たれそうな気持ちで構えてくれる、だからドロップが効くんです。

それに、一回これを打っておけば、相手は迷ってくれますからね。

ハイボレーの切り返し方法、深く、強く打つだけだと厳しいですよ。

ミスも多いし、相手も慣れる。

ロブへの良い対応、とは言えないのです。

 

4.コツは「胸の高さ」に打点を落とすこと

コツとしては、高さをしっかり意識すること。

胸の高さ、まで落として良いと思います。

高い位置にラケットを準備して、ハイボレーを打つ構えから・・・少しだけ引き付けて、胸の高さにする。

先に後ろに下がっておけば、こういう余裕も作れますよね。

ドロップを打つタイミング、早めに決めましょう。

そしていつもより、少し早く下がって引き付ける。

これが出来れば、もうバッチリです。

 

5.スマッシュの構えからドロップ、は難しい

これはさすがに、難しいですね。

スマッシュのフォーム、からドロップボレーはさすがに厳しい。

ラケットをかついだ状態ですから、ここはしっかりスマッシュを打ちましょう。

深くセンターに打って、相手を後ろに下げるようなショット。

その次、のハイボレーで処理できるようなボールを、ちょこん、と前に落としたい。

欲張らずに、相手を走らせるつもりで良いですよ。

 

これも、一種の先入観が邪魔をしてるんだと思います。

ハイボレーは深く!もちろん、基本です。

ですが、それだけだと相手も慣れるし、永遠深く打つ羽目になりますよ。

胸の高さまで引き付けて、ドロップボレー。

打ってみたら、意外と簡単だと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

    自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。ドロップボレーも…

  2. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

    「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る

    ポーチボレーの基本、それはシンプルに打つこと。相手のリターン、…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

    ネットより低い位置のボレー。に、苦手意識を持っている人は多いで…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める

    試合の中でボレーをする時ってどういう場面だろう。ストロークに比…

  6. テニス 言葉

    ボレー

    相手にバックボレーを打たせる戦術、は基本中の基本

    私たちの試合の中で、どうポイントを取っていくのか。相手のレベル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  3. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することに…
  4. テニス 前衛

    その他

    日々「背筋を伸ばして歩く」だけで、アナタのテニス選手としての格は変わる
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
PAGE TOP