テニス ストローク

ボレー

ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。

ダブルスの試合、とにかくまぁロブばっかり、な相手いるじゃないですか。

こちらが並行陣、で攻めても上を使って上手く逃げて来る。

こういう相手に、スマッシュやハイボレー、だけで対応しようと思うと危険。

今回はその理由と、必要な武器、について考えてみたいと思います。

 

ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

 

1.ロブに対して深いショット、だけになってない?

みなさんも、自分たちがロブを処理するとき、どうでしょうか。

ついスマッシュやハイボレー、のように、相手コート深くに返球するショットばかりになってはいませんか?

相手は2人ともにベースライン、に立っているのに・・・これって有効打でしょうか?

私はそうは思いません。

むしろ、「よし、またロブで良いや!」という感じで、勢い付かせてしまう。

粘り強さをより活かしてあげているだけ、じゃないでしょうか。

そして最後は、並行陣側の自分たちのミスで失点。

そんなの、悲しすぎませんか?

 

2.相手のロブをどう返球するのか、発想を変えていこう

せっかく深いボールで返球出来たなら、次はその逆、を見せていきましょう。

前を使う、ことで相手は「下がって上に上げていれば良い」という訳にはいかなくなります。

思い切って、ドロップボレーを打ちましょう。

高い打点からですので、難しいのは百も承知です。

ですが、打点が高ければ、ネットも超えやすい。

少しだけスライスをかけて、イメージとしては「サービスラインの内側で2バウンド」すればOK。

それ以上、浅く打とうとしない。

これで実は、充分なんですよ。

 

3.ハイボレーは「深く打たれそう」な雰囲気で満ちている

なぜなら、アナタ自身の打つフォームが良い「フェイント」になっているから。

ハイボレーを打とうとしている、というだけで、もう相手は下がってくれる。

深く打たれそうな気持ちで構えてくれる、だからドロップが効くんです。

それに、一回これを打っておけば、相手は迷ってくれますからね。

ハイボレーの切り返し方法、深く、強く打つだけだと厳しいですよ。

ミスも多いし、相手も慣れる。

ロブへの良い対応、とは言えないのです。

 

4.コツは「胸の高さ」に打点を落とすこと

コツとしては、高さをしっかり意識すること。

胸の高さ、まで落として良いと思います。

高い位置にラケットを準備して、ハイボレーを打つ構えから・・・少しだけ引き付けて、胸の高さにする。

先に後ろに下がっておけば、こういう余裕も作れますよね。

ドロップを打つタイミング、早めに決めましょう。

そしていつもより、少し早く下がって引き付ける。

これが出来れば、もうバッチリです。

 

5.スマッシュの構えからドロップ、は難しい

これはさすがに、難しいですね。

スマッシュのフォーム、からドロップボレーはさすがに厳しい。

ラケットをかついだ状態ですから、ここはしっかりスマッシュを打ちましょう。

深くセンターに打って、相手を後ろに下げるようなショット。

その次、のハイボレーで処理できるようなボールを、ちょこん、と前に落としたい。

欲張らずに、相手を走らせるつもりで良いですよ。

 

これも、一種の先入観が邪魔をしてるんだと思います。

ハイボレーは深く!もちろん、基本です。

ですが、それだけだと相手も慣れるし、永遠深く打つ羽目になりますよ。

胸の高さまで引き付けて、ドロップボレー。

打ってみたら、意外と簡単だと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

    今回は、ちょっとした裏技を。ダブルスの試合で、ポーチボレーが決…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう

    試合の中での、ハイボレーの踏み込み足。これを、しっかり上げてい…

  4. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?

    ドロップボレーを打つ!時に、相手のボールが緩い、遅い。こうい…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

    私が高校時代、ネットプレーがスランプに陥っていたとき。この言葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手のボールが、浅い!と思ったら・・・どうしましょう?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本
  4. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!…
PAGE TOP