テニス 練習

ボレー

なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

みなさんも、試合で相手に打たれた経験、あると思います。

「今の、全く動けないな・・・」と、感じるようなショット。

特に、ドロップボレーでそういうショット、打たれた経験無いですか?

確かに、相手は上手い。

でもそれ以上に、全く触れそうな雰囲気が持てないようなショット、はなぜ生まれてしまうのか。

ここって、心理的な背景を解き明かさないといけないと思います。

 

なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

 


 

1.そもそも、ダッシュする気にもなれない

私自身、経験があります。

ドロップボレー、上手い相手に打たれると、もう動けないんですよね。

諦めてはダメ!と、頭では理解しています。

でも、実際に打たれた瞬間、その情報を眼から得た瞬間に、身体の動きが止まってしまう。

それって、ある視覚的な問題、背景があるからだと私は感じています。

 

2.本物のドロップボレーは、自分に向かって来ない

みなさん、イメージしてみて下さい。

試合で、追うのを諦めてしまうようなショットって、どんなショットですか?

例えばドロップボレーでも、確度を付けて打たれる時。

ボールが飛んでいく先が、自分ではなくサイドラインのような時・・・「無理だな」と諦めてしまう。

角度を付けたドロップボレー、を打たれると、自分の方向に向かって来ないので、諦めてしまうんですよね。

いや、追いかけようと思いますよ。

でも、足が出ない。

頭で分かっていても、なかなかネットに並行に近い感じで打たれたドロップボレーって、追えないんですよ。

 

3.上級者は、したたかに理解して打っている

実は、これも全て計算済。

ドロップボレーを打つ側の選手の心理、に立ってみて下さい。

一番嫌なのは、前にダッシュされて切り返される、追いつかれてロブを上げられたり、打ち込まれること、じゃないですか。

だからこそ、ドロップボレーも、相手から遠い側に逃げていくように打ちたい。

そうすれば、諦めてくれる相手が多いことも、試合慣れしている選手はよく知っている。

無理せず、こういうしたたかなコース、を突いて来るんですよね。

みなさんも、ここはしっかり、覚えておくこと。

それから、「打つ前に気付いて、走り出す」ことを習慣化しないとダメでしょう。

 

4.相手のドロップボレーのコース、を先読みしよう!

絶対に、癖があります。

ドロップボレーで好きなコース、アングルなのか、自分の目の前なのか・・・これは、試合の中で感じて欲しい。

角度を付けて逃げていくドロップボレーは、先読みしないと絶対に触れない。

それくらい、厳しいコースに打たれることもあるでしょうから。

何より、ドロップ好きな人は、最後までドロップ狙いで来ますから。

上級者、試合慣れした相手のドロップボレーは、言わば決め球。

これを攻略せずして、試合は勝てない。

追えないと思わず、「打つ前に、ガッツリ反応してやる!」くらいの気持ちで挑みましょう!

 

相手を、そう簡単に乗せてはいけない。

ドロップ好きの選手が相手なら、とにかく反応出来なかった・・・みたいなポイントを、無くしていきましょう。

アングルへのドロップボレー、自分の方に飛んで来ない軌道、攻略するのは大変です。

でも、つぶせば一気に、試合の流れを引き寄せられますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

    テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。足下の低い位…

  2. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう

    ネットプレーで相手に迫るなら、とにかくネットに詰めること!と書…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと

    試合の中で、皆さん色々課題はあると思います。今回実施させて頂い…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスのファーストボレー、「コツンと当てる」感じで

    サーブ&ボレー、並行陣、なんだかんだで難しいですよね。サーブを…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

    ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ
  2. テニス 仲良し

    メンタル

    仲良しテニスを卒業しましょう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必…
  4. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?
PAGE TOP