テニス 練習

ボレー

なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

みなさんも、試合で相手に打たれた経験、あると思います。

「今の、全く動けないな・・・」と、感じるようなショット。

特に、ドロップボレーでそういうショット、打たれた経験無いですか?

確かに、相手は上手い。

でもそれ以上に、全く触れそうな雰囲気が持てないようなショット、はなぜ生まれてしまうのか。

ここって、心理的な背景を解き明かさないといけないと思います。

 

なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

 


 

1.そもそも、ダッシュする気にもなれない

私自身、経験があります。

ドロップボレー、上手い相手に打たれると、もう動けないんですよね。

諦めてはダメ!と、頭では理解しています。

でも、実際に打たれた瞬間、その情報を眼から得た瞬間に、身体の動きが止まってしまう。

それって、ある視覚的な問題、背景があるからだと私は感じています。

 

2.本物のドロップボレーは、自分に向かって来ない

みなさん、イメージしてみて下さい。

試合で、追うのを諦めてしまうようなショットって、どんなショットですか?

例えばドロップボレーでも、確度を付けて打たれる時。

ボールが飛んでいく先が、自分ではなくサイドラインのような時・・・「無理だな」と諦めてしまう。

角度を付けたドロップボレー、を打たれると、自分の方向に向かって来ないので、諦めてしまうんですよね。

いや、追いかけようと思いますよ。

でも、足が出ない。

頭で分かっていても、なかなかネットに並行に近い感じで打たれたドロップボレーって、追えないんですよ。

 

3.上級者は、したたかに理解して打っている

実は、これも全て計算済。

ドロップボレーを打つ側の選手の心理、に立ってみて下さい。

一番嫌なのは、前にダッシュされて切り返される、追いつかれてロブを上げられたり、打ち込まれること、じゃないですか。

だからこそ、ドロップボレーも、相手から遠い側に逃げていくように打ちたい。

そうすれば、諦めてくれる相手が多いことも、試合慣れしている選手はよく知っている。

無理せず、こういうしたたかなコース、を突いて来るんですよね。

みなさんも、ここはしっかり、覚えておくこと。

それから、「打つ前に気付いて、走り出す」ことを習慣化しないとダメでしょう。

 

4.相手のドロップボレーのコース、を先読みしよう!

絶対に、癖があります。

ドロップボレーで好きなコース、アングルなのか、自分の目の前なのか・・・これは、試合の中で感じて欲しい。

角度を付けて逃げていくドロップボレーは、先読みしないと絶対に触れない。

それくらい、厳しいコースに打たれることもあるでしょうから。

何より、ドロップ好きな人は、最後までドロップ狙いで来ますから。

上級者、試合慣れした相手のドロップボレーは、言わば決め球。

これを攻略せずして、試合は勝てない。

追えないと思わず、「打つ前に、ガッツリ反応してやる!」くらいの気持ちで挑みましょう!

 

相手を、そう簡単に乗せてはいけない。

ドロップ好きの選手が相手なら、とにかく反応出来なかった・・・みたいなポイントを、無くしていきましょう。

アングルへのドロップボレー、自分の方に飛んで来ない軌道、攻略するのは大変です。

でも、つぶせば一気に、試合の流れを引き寄せられますよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

    ボレーの打ち方が綺麗な人って、特にバックボレーが乱れない。安定…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から

    バックハンドのボレー、皆さん精度はどうでしょう?もちろん、力が…

  4. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  5. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。…

  6. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    ダブルスの試合は、後からサーブを打つ選手がしんどくなる件
  2. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いや…
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく
  4. その他

    「グリップチェンジのコツは・・・」テニスでは利き腕の逆の手の動きがポイントです
  5. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない
PAGE TOP