テニス 練習

ボレー

なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

みなさんも、試合で相手に打たれた経験、あると思います。

「今の、全く動けないな・・・」と、感じるようなショット。

特に、ドロップボレーでそういうショット、打たれた経験無いですか?

確かに、相手は上手い。

でもそれ以上に、全く触れそうな雰囲気が持てないようなショット、はなぜ生まれてしまうのか。

ここって、心理的な背景を解き明かさないといけないと思います。

 

なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

 

1.そもそも、ダッシュする気にもなれない

私自身、経験があります。

ドロップボレー、上手い相手に打たれると、もう動けないんですよね。

諦めてはダメ!と、頭では理解しています。

でも、実際に打たれた瞬間、その情報を眼から得た瞬間に、身体の動きが止まってしまう。

それって、ある視覚的な問題、背景があるからだと私は感じています。

 

2.本物のドロップボレーは、自分に向かって来ない

みなさん、イメージしてみて下さい。

試合で、追うのを諦めてしまうようなショットって、どんなショットですか?

例えばドロップボレーでも、確度を付けて打たれる時。

ボールが飛んでいく先が、自分ではなくサイドラインのような時・・・「無理だな」と諦めてしまう。

角度を付けたドロップボレー、を打たれると、自分の方向に向かって来ないので、諦めてしまうんですよね。

いや、追いかけようと思いますよ。

でも、足が出ない。

頭で分かっていても、なかなかネットに並行に近い感じで打たれたドロップボレーって、追えないんですよ。

 

3.上級者は、したたかに理解して打っている

実は、これも全て計算済。

ドロップボレーを打つ側の選手の心理、に立ってみて下さい。

一番嫌なのは、前にダッシュされて切り返される、追いつかれてロブを上げられたり、打ち込まれること、じゃないですか。

だからこそ、ドロップボレーも、相手から遠い側に逃げていくように打ちたい。

そうすれば、諦めてくれる相手が多いことも、試合慣れしている選手はよく知っている。

無理せず、こういうしたたかなコース、を突いて来るんですよね。

みなさんも、ここはしっかり、覚えておくこと。

それから、「打つ前に気付いて、走り出す」ことを習慣化しないとダメでしょう。

 

4.相手のドロップボレーのコース、を先読みしよう!

絶対に、癖があります。

ドロップボレーで好きなコース、アングルなのか、自分の目の前なのか・・・これは、試合の中で感じて欲しい。

角度を付けて逃げていくドロップボレーは、先読みしないと絶対に触れない。

それくらい、厳しいコースに打たれることもあるでしょうから。

何より、ドロップ好きな人は、最後までドロップ狙いで来ますから。

上級者、試合慣れした相手のドロップボレーは、言わば決め球。

これを攻略せずして、試合は勝てない。

追えないと思わず、「打つ前に、ガッツリ反応してやる!」くらいの気持ちで挑みましょう!

 

相手を、そう簡単に乗せてはいけない。

ドロップ好きの選手が相手なら、とにかく反応出来なかった・・・みたいなポイントを、無くしていきましょう。

アングルへのドロップボレー、自分の方に飛んで来ない軌道、攻略するのは大変です。

でも、つぶせば一気に、試合の流れを引き寄せられますよ。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

    フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。これって、…

  2. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る

    ネット近くに、フワッと浮いたようなボレー。これをしっかり決める…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

    今回も、少し裏技的なお話を。実際に、やっている人も多いと思いま…

  5. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

    ネットプレーが苦手なプレイヤーの多くの共通点は、ラケット面が安定してい…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーは、「簡単そうで奥が深い」ショットの一つ

    自分のフォアハンドボレー、皆さんはどんな印象ですか?何となく、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても、当然のごとく…
  3. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ
  4. サーブ

    「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
PAGE TOP