テニス トレーニング

メンタル

テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

みなさんの周りにも、いませんか?

言動に実力が伴っていない人。

私は、ちょっとした「背伸び」は大事だと思うんです、テニスでも。

でも、あまりにそれが行き過ぎて、完全に知ったかぶりになっているような人、も多いですよね。

結果的に、それって自分を苦しめていく、損をするだけ。

テニスの試合で勝っていく、強くなる選手、からは離れていくことになるでしょう。

 

テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

 

1.人の口は、本当に怖い

私自身、こうやって記事を書きながら、毎日考えます。

「人の口、表現力は怖いな」と。

インターネットを通じてのコミュニケーションですが、私は本当に誰かに語りかけるように書く、ことをイメージしています。

もっと言えば、ほとんどの記事は「ある人」をイメージしている。

あの人なら、こういうアドバイスをしたいな・・・みたいな感じで。

だって、そうしないとすぐに嘘、を書いてしまいそうで怖い。

自分がちょっと知っていること、「こうじゃないかな?」と思う中途半端なことを、書いてしまいそうなので。

普段の会話、でも一緒じゃないでしょうか。

私たちは、つい何事も大きく話したり、虚栄を張ったりしてしまう。

この怖さ、を意識しないと、テニス界でも孤立してしまうと私は思いますよ。

気が付かない内に、誰に対しても「知ったかぶり」な人になってしまいますから。

 

2.「自分が出来ないこと」を、人は話したくなる

つい、私たちはこうですよね。

テニスでも仕事でも、勉強でも・・・自分が出来ないこと、をまるで出来るかのように話したがる。

自分をちょっと、大きく見せていきたい気持ちが出てしまいますからね。

先ほども書きましたが、多少の背伸びはテニスには必要です。

自分より強い人、とテニスの練習をする為にも、無理やり「出来ます!」と言って環境を変えていくことも必要でしょう。

ただ、ここで一つ注意が必要。

そんなときに、しっかりと「今、自分は背伸びしてるな・・・意図的に」ということを、本人が自覚しているかどうかなんですよ。

この自覚が無いままに、虚勢を張っている人があまりに多い。

自分を知らない、実力が伴っていないのに口ばっかり、なテニスプレイヤーが多いのがすごく気になります。

口ばっかり大きくなっても、結局は自分を苦しめていく。

試合なんて、まさにそうじゃないですか。

 

3.自分で自分を、檻に閉じ込めていくだけ

いざ試合になると、そこではもう誤魔化しが効きません。

「あの人、偉そうに言ってたけど全然試合でダメじゃん」と思われる、のが怖くなる。

自分でも、その場でやっと自覚するんですよね。

自分が作ってきた自分のイメージ、周りに自分で自分の檻を作ってしまっていることを。

テニスって、こういうものだと私は思いますよ。

メンタルが弱いと言われる人ほど、テニスコート外での口が達者だし、とにかく強気。

でもいざ、コートの中での試合になると急に小さくなる。

自分が普段、何気なく口にしていること、会話が、自分を苦しめている。

私はそういう人を、たくさん見て来たように思います。

 

4.行動も必要、言葉も必要

これは、両輪です。

私自身、両方必要ですし、みなさんも意識して欲しい。

全く会話出来ない、しゃべらないような人の周りには人もいなくなりますしね。

しっかり自分の言葉と、行動を合わせていく。

それは、両方を自覚してコントロール出来るアナタ自身にしか出来ないこと、ですから。

テニスを通じて、私たちはこういうことにも気付かされる。

偉そうに書いてますが、私自身、日々恥を感じながら生きています。

でも、仕事や勉強、プライベートで経験する恥って、キツイじゃないですか。

私たちには、テニスがある。

テニスを通じて、小さいことが大きなことにつながる、ことを学ばせてもらっている。

そう考えると、素直になれませんか?

 

素直さって、本当に大事。

私はこの歳になって、改めて感じています。

素直な人は、知ったかぶりな人よりも得をすることが多いし、上達も早い。

ちょっと、最近自分の檻を作り過ぎてしまったなという人。

ちょっとずつ、その柵を抜いていってみませんか?

いや、私自身もすごく、ガチガチな檻が今目の前にあるんですけどね。

テニスを通じて、素直に成長していくこと。

これが出来れば、きっと良い人生なんじゃないかなと思います。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 観察眼

    メンタル

    平凡なことを続けていれば、それは非凡になる

    例えば、このT-PRESSもそうです。小さいことですが、地道…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備しておこう

    「また繰り返してしまうのか・・・」と思うミス。そう、試合では、…

  3. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

    テニス、もう辞めようかな・・・。そう考えるきっかけって、人それ…

  4. テニス サーブ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考えたい

    試合になるとラケットを振れない、サーブを置きにいってしまう・・・という…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう

    テニスを続けていると、色々な人と出会う。高校、大学までは部活や…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ
  3. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、「特別なショット」になっては試合で勝てない
  4. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします
  5. テニス ストローク

    サーブ

    「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てな…
PAGE TOP