テニス メンタル

メンタル

「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い

テニスに悩みは付き物。

私自身、たくさんの悩みと向き合ってきましたし、その悩みが自分自身を強くしてくれたと思っています。

悩む、というと少し消極的なようなイメージ、ありませんか?

そう、悩んでいるだけでは人は成長しない。

テニス選手なら、何事も悩むだけで終わらせないようにしましょう。

 

「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い

 


 

■アナタが悩んでる間に、試合は終わる

悩んで行動出来ない人、試合はどうですか?

きっと「悩んでいる間」に、あっという間に試合は終わってしまう。

悩んでいることに満足して、試行錯誤をしない、行動を興さない。

そんな選手に、勝利の女神は残酷です。

「色々考えたんだけど・・・」という言い訳は、私も聞きたくありません。

 

■「悩みながら、動いていく」習慣を身に付けよう

試合に強い、成長が速い選手は、悩みながら動いている。

バックハンドについても、練習中から少しずつ変えていっている。

研究者に例えるなら、理論を勉強しつつ、片手では常に試験管を振っている、実験をしている。

その実験が先に、理論よりも自分にとって「優れた発見」を与えてくれるかも知れない。

悩んでいるだけでは、人は「何もしていない」のと一緒なのです。

 

■動いていれば、テニスでも何でも人は前向きになる!

不思議なもので、これは私自身経験してきたこと。

何か分からない、不安でも動いていれば「前向きなメンタル」になっていくんですよね。

試合でも、勝てそうもない相手に「試行錯誤」しているうちに、気分が乗ってきて相手が乱れてくる。

試行錯誤していれば、どこかで相手の弱点に「当たる」かも知れない。

悩んでいるだけだと、それは何も変化を生まないんですよね。

この現実と、しっかり向き合いましょう。

試合を動かしていくのは、アナタ自身の「行動」でしかないのですから。

 

もっともっと、行動を興しましょう。

練習の中で、試行錯誤しましょう。

「これだ」と決めて極めていくのも良いですが、悩みながら行動を増やしてく癖は、試合で絶対に助けになる。

いや、テニスの試合だけではないかも知れませんね。

アナタ自身が社会人になって仕事を担っていくうえでも、大事なことです。

テニスを通じて、悩みながら行動を興してく人、にぜひなって下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. その練習を、疑おう

関連記事

  1. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です

    春から夏にかけては、大事な試合が多く開催されるシーズン。大事な…

  2. メンタル

    相手にやられて「ダメだ」と思うから、いつまで経っても勝てないんです

    試合の中で、相手にやられてしまう。こういう時の態度にこそ、私は…

  3. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しも…

  4. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損

    プロ選手でもよくやる、ポイント間のルーティーン。これって、実は…

  5. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

  6. メンタル

    試合会場で、「自分以外の周りの選手が、皆強く見えてしまう人」へのアドバイスについて

    試合会場に着いた途端に、不安になって試合が怖くなる。周りを見渡…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が…
  2. テニス メモ

    日々の雑記

    テニスの成長は、点で考えずに線で考えよう
  3. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ち…
PAGE TOP