テニス メンタル

メンタル

「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い

テニスに悩みは付き物。

私自身、たくさんの悩みと向き合ってきましたし、その悩みが自分自身を強くしてくれたと思っています。

悩む、というと少し消極的なようなイメージ、ありませんか?

そう、悩んでいるだけでは人は成長しない。

テニス選手なら、何事も悩むだけで終わらせないようにしましょう。

 

「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い

 


 

■アナタが悩んでる間に、試合は終わる

悩んで行動出来ない人、試合はどうですか?

きっと「悩んでいる間」に、あっという間に試合は終わってしまう。

悩んでいることに満足して、試行錯誤をしない、行動を興さない。

そんな選手に、勝利の女神は残酷です。

「色々考えたんだけど・・・」という言い訳は、私も聞きたくありません。

 

■「悩みながら、動いていく」習慣を身に付けよう

試合に強い、成長が速い選手は、悩みながら動いている。

バックハンドについても、練習中から少しずつ変えていっている。

研究者に例えるなら、理論を勉強しつつ、片手では常に試験管を振っている、実験をしている。

その実験が先に、理論よりも自分にとって「優れた発見」を与えてくれるかも知れない。

悩んでいるだけでは、人は「何もしていない」のと一緒なのです。

 

■動いていれば、テニスでも何でも人は前向きになる!

不思議なもので、これは私自身経験してきたこと。

何か分からない、不安でも動いていれば「前向きなメンタル」になっていくんですよね。

試合でも、勝てそうもない相手に「試行錯誤」しているうちに、気分が乗ってきて相手が乱れてくる。

試行錯誤していれば、どこかで相手の弱点に「当たる」かも知れない。

悩んでいるだけだと、それは何も変化を生まないんですよね。

この現実と、しっかり向き合いましょう。

試合を動かしていくのは、アナタ自身の「行動」でしかないのですから。

 

もっともっと、行動を興しましょう。

練習の中で、試行錯誤しましょう。

「これだ」と決めて極めていくのも良いですが、悩みながら行動を増やしてく癖は、試合で絶対に助けになる。

いや、テニスの試合だけではないかも知れませんね。

アナタ自身が社会人になって仕事を担っていくうえでも、大事なことです。

テニスを通じて、悩みながら行動を興してく人、にぜひなって下さい。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

    テニスは、「番狂わせ」が比較的少ないスポーツだと言われます。確…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

    試合の中で、つい・・・リターンのときに考えてしまう。でも、考え…

  3. テニス メンタル
  4. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。いくつかご意見を…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

    今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。一番、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット
  2. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
PAGE TOP