テニス 予測

テニススクール

テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしていますか?

学生時代の部活やサークルと違い、性別や年齢、立場も色々。

試合に出ている人も、出ていない人もいる。

アルバイトコーチを経験していた方もいると思いますが、私が今回お伝えしたいテーマはこれです。

 

テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

 


 

1.担当テニスコーチの立場になって考えてみる

コーチはテニスを教えるのが仕事。

テニスを通じて、テニススクール自体の経営に貢献しないといけないので、まずは生徒さんの継続が一番。

その中で新規会員を増やしていく、当たり前のことを大事にしています。

そう考えると、アナタに対しての接し方は、「お客様」になる。

レッスンを、今のクラスを継続してもらえるように、を第一に考えての指導になると・・・どこか、物足りなくなるのも当然ですね。

 

2.試合に出ている人は、「脱・お客様」でいこう!

コーチにしっかり、自分の意志を伝えることは大事です。

試合に出ている、勝ちたい、もっと強くなりたいという意志を伝えれば、そこからコーチも意識が変わる。

1対1で教えてもらう時間、少しならレッスン内で確保出来るはず。

ラリー練習の中でも、視点を変えてのアドバイスが急に始まるはずです。

何も新しい指導が始まらない、変わらないようならスクールを変えた方が良い。

試合に出ている人を教えることが出来るって、テニスコーチからしたら最高にやりがいがあるし楽しいことなんですから。

 

3.テニスコーチの力を引き出すのも、アナタ自身です

「試合に出て、勝ちたいんです!」と伝えたときから、テニススクールであってもコーチとの関係は変わります。

変わらないと、おかしい。

そこからは、お互いで一つの方向を向いていく関係になるので、お客様として遠慮はいらない。

若いコーチであれば、実は育てていくのはアナタ自身です。

育てていく、というよりも引き出していく。

試合に出ている選手兼コーチは、自分の感覚をどう伝えようか・・・アナタに必死に考えながら教えてくるでしょう。

アナタをきっかけに、大きくコーチも成長出来るのです。

私自身が、そうやって成長させてもらいました。

 

皆さんからたくさんの質問を頂くたびに、私も毎日力の無さを痛感しています。

勉強しながら、自分の感覚を思い出して言葉にしながら・・・の、試行錯誤の連続です。

誤字脱字、たくさん読みにくい内容もあると思います。

ですが少しでも読んで頂いている方、試合に出て勝ちたいという方がいる限り、私も頑張ります。

テニススクールで頑張っている皆さんも、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

    テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っている…

  2. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる

    何でもそうだと思います。テニスだけじゃなく、仕事でも勉強でも、…

  3. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

    テニススクールで、テニスを頑張るみなさん。ちょっとだけ持って欲…

  4. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠

    18歳で上京してテニススクールコーチの会社に就職。そこで10年…

  5. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導

    以前に、アルバイトでスクールコーチをやっている学生の方から、こんな相談…

  6. テニススクール

    西葛西でのプロ選手のレッスンで感じたこと

    先日、コナミスポーツ西葛西でのプロテニス選手のイベントにご参加頂いた…

特集記事

  1. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本
  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない
  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス
  4. テニス ボレー

    ボレー

    サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る
  5. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選
PAGE TOP