フットワーク

「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」

そういう質問をよく受ける。

反応はテニスではとても重要。

 

「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

 


 

ボールに追い付けるかどうか、ショットを成功させられるかどうか、ほんのちょっとの反応の差で成功か失敗かが分かれるからね。

反応を良くするためには、動体視力を良くしないといけないし、また筋肉の質もまた、目で情報を捕らえて脳で判断を下した瞬間よりスムーズに動くように改善していかないといけない。

 

でもそういった長期プランも大事だけど、今現在の動体視力と今現在の筋肉でベストな方法は何だろうか?

まず大事なことは、あらゆる可能性を予め考えておくことである。

バックボレーが苦手で反応が悪い人、実はバックが苦手だから「出来るだけフォアで取りたい・・・」という気持ちからフォアボレーのイメージしか持ってなくて、その結果バックに来た時一瞬遅れるのだ。

フォアだけじゃなく、バックボレーにも来る可能性は十分にあるから、両方しっかりイメージして用意しておけば、反応は違ってくる。

こんな感じで、レシーブで待っている時、ボレーで待っている時、ベースラインで待っている時、とにかく相手が打つのを待っている時は、ありとあらゆるコースやパターンを予測して、どこに来ても「あれ?そっちかぁ・・・」なんてことにならないようにしないとね。

 



 

それからもう一つ重要なことがある

せっかく早く反応はしたけど、その反応の後ラケット持った手を、最初に動かし始めるとマズイのだ。

ちゃんと、腰(骨盤)でフォア側かバック側か判断して向きを作り、その土台をボールの方向に移動させるために足を動かす事が目で見て反応した後に、出来るかどうかが大事なんだよね。

動体視力と筋力アップも重要だけど、頭を使って予測し、そして反応と同時に、身体のどの部分から打つための準備をしないといけないかを、しっかりと整理しておこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 打点

    フットワーク

    攻撃的なボレー、あのフットワークが肝

    ボレーが弱い!と、お悩みのみなさん。なぜ、アナタのボレーが試合…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    相手の当たり損ない、を追いかけられる選手に

    試合に出ている人、強い人って、すぐに分かります。練習でも試合で…

  4. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう

    毎回、打った後に必要なこと。基本ですが、これをしっかり出来てい…

  5. フットワーク

    腰を落とせば、大股で足が出る

    あと一歩、もう少しでボールが届きそうなのに届かないような場面、悔しい…

  6. テニス 楽天

    フットワーク

    相手の走力を把握できれば、安全なコースで試合に勝てる

    テニスの試合では、出来るだけ安全策で勝利したい。そんなに都合良…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアに…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでダウンザラインに展開するときには、「今いる自分のポジション」をしっか…
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合では、エースで終わるようなショットでも、「最後までの詰め」が出来てい…
  4. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう
PAGE TOP