テニス ダブルス

ダブルス

ポイント間の数秒で意志を確認し、決断し、伝える

ダブルスの試合、皆さんはしっかりペアとコミュニケーション取れていますか?

テニスだけじゃない、スポーツの試合では、「味方との会話」に強さの秘密が隠されている。

ダブルスでペアを組んでいると、つい「何となくの励まし合い」だけになってはいませんか?

 

ポイント間の数秒で意志を確認し、決断し、伝える

 


 

1.試合に勝つための時間、に変えていこう!

ポイント間のコミュニケーション、もっと「勝てる」感じに変えていきましょう。

「難しいことは、嫌だな・・・」と思った方、大丈夫です。

まずはしっかり、自分の意志を持つこと。

「こうしたい、こうした方が良さそう」というのを、しっかり相手に伝えること。

結果的に、間違えたって良いんです。

何か声をあげないと、ずっとアナタはなんとなくの試合、ペア任せのダブルスしか出来ないですよ。

決断する、ということは意外に難しいモノなんです。

 

2.決断とは、「決めて断つ」こと

試合の中で、決めて断つ。

次のポイントは、「ポーチに出ると決めて、ストレートを断つ」という選択をしていく。

断つ=捨てる、ということ。

だからこそ、しっかりペアで意志を伝え合っていく、短い時間でも、結論を出すことが大事。

何度も繰り返しますが、「正解でなくてもOK」なんです。

だって、テニスは相手があるスポーツですから。

裏をかかれること、だってあるでしょう、だから試合は楽しいんです。

 

3.ポイント間、もっと時間使ってみよう

どうも、学生の皆さんはダブルスの試合「打ち合わせ時間」が短いように思います。

しっかり時間を取る、タッチして分かれる。

この感じを、しっかり練習から意識してみましょう。

そう、部活やサークルのときから、しっかりポイントについて「どうするのか、決断」していく癖を付けないと。

試合でいきなりやろう、と思ったって無理。

まずは小さいことでも良いと思います。

リターンのコース、サーブのコース、ポーチの戦術、だけでも良い。

ちょっとずつ、変えていけば良いんです。

 

ダブルスの試合、打ち合わせの精度によって確実に勝てる試合は増える。

レベルが足りていない?

だったらより、打ち合わせで2人の息を合わせないと。

意志を確認、決断して、伝え合う。

ダブルスのペアらしいコミュニケーション、取っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう

    試合になかなか参加出来ない前衛、を見つけた時。もし相手なら、こ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」

    ダブルスの試合を、あまり好きになれない人・・・。もしかしたら、…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛が触る機会を、どうやって後衛が作るのか

    ダブルスの試合で、リズムが悪いときは・・・?きっと、前衛が触れ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

    ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。「あ、このペア…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の集中狙いに屈しない守備力、がダブルスには必要

    ダブルスの試合で強いペア、みなさんどんな選手を想像しますかきっ…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!
  2. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる
  3. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!…
  4. その他

    YouTubeチャンネルを成長させる、たった2つのコツ
  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント
PAGE TOP