テニス サーブ

シングルス

初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

シングルスの試合、始めて試合に出る時は皆さんも緊張しましたよね。

これから、シングルスのデビュー戦を控えている人は、何を準備すれば良いのか。

男女問わず、最初に実践すると相手にプレッシャーをかけられる。

そんなチャレンジの意味も込めて、まとめてみました。

 

初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

 


 

1.相手の」セカンドサーブからリターンで攻撃

きっと、慣れないうちはサービスゲームよりリターンゲームの方が楽。

リラックスして攻撃していくには、相手のセカンドサーブが狙い目です。

しっかり相手のバックハンド深く、にリターン出来るように、少しリターンのポジションを前、に変更しましょう。

攻撃的なリターンが打てると、相手もセカンドサーブを打てなくなる。

心理的にプレッシャーをかけていくには、リターンからの攻撃は必須です。

 

2.高い軌道のストロークを、相手バックハンドに

ストロークラリーの基本は、まずはこれ。

相手のバックハンドに、なるべく高い軌道で深く、打って相手のポジションをさげさせる。

軌道が高いとバウンド後にも失速しない、両手バックハンドでも返球し辛い高い打点で相手に打たせることが出来るはずです。

低くて速い、ボールよりも高くて緩いボール、をシングルスでは上手く使っていきましょう。

 

3.浅いボールは、打って前に出よう!

勇気が要ると思いますが・・・シングルスの試合、出来るだけ早めにネットに出ましょう。

浅いボールを打って、そのまま前に出る、だけで相手にとってはプレッシャーになるはずです。

特に女性なら、その後にロブが来る可能性が高い。

シングルスの試合、慌てずにスマッシュの準備もしておきましょう。

ダブルスのように後衛に任せる、ことは出来ませんからね。

 

4.ファーストサーブを80%入れる

これは、アナタのシングルスの試合の鍵、になります。

ほとんどの方は、シングルスもダブルフォルトから壊れていく、崩れていく。

だからこそ、5本に4本はファーストサーブを入れていくこと、が大事になってきます。

ファーストサーブさえ入っていれば、試合をリズムよく進めていける。

速度や威力は落としても、しっかりファーストサーブを入れていくために、心の準備をしておきましょうね。

 

シングルスの試合、出始めるのに遅いことなんてありません。

ダブルス中心の方も、たまにはぜひ、シングルスにも出て欲しい。

きっと見えなかった風景、感じることが出来なかった感覚、得る事が出来ると思いますよ。

勝っても負けても、嬉しさも悔しさも一人で受け止める。

テニス選手として、成長出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. シングルス

    対戦相手は、変化するもの

    今回の浅見選手の動画、試合を振り返る感想戦の場面からスタートしていま…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

    パッシングショット、シングルスで打つ場面を考えてみて下さい。き…

  3. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

  4. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  5. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

    シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。…

  6. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝て…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「女ダブはこういうもの」が、アナタを弱くする
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わ…
  5. テニス 練習

    ストローク

    調子が悪いときのストロークを安定させるには、「速い準備でゆっくり振り切る」ことに…
PAGE TOP