テニス サーブ

シングルス

初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

シングルスの試合、始めて試合に出る時は皆さんも緊張しましたよね。

これから、シングルスのデビュー戦を控えている人は、何を準備すれば良いのか。

男女問わず、最初に実践すると相手にプレッシャーをかけられる。

そんなチャレンジの意味も込めて、まとめてみました。

 

初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

 


 

1.相手の」セカンドサーブからリターンで攻撃

きっと、慣れないうちはサービスゲームよりリターンゲームの方が楽。

リラックスして攻撃していくには、相手のセカンドサーブが狙い目です。

しっかり相手のバックハンド深く、にリターン出来るように、少しリターンのポジションを前、に変更しましょう。

攻撃的なリターンが打てると、相手もセカンドサーブを打てなくなる。

心理的にプレッシャーをかけていくには、リターンからの攻撃は必須です。

 

2.高い軌道のストロークを、相手バックハンドに

ストロークラリーの基本は、まずはこれ。

相手のバックハンドに、なるべく高い軌道で深く、打って相手のポジションをさげさせる。

軌道が高いとバウンド後にも失速しない、両手バックハンドでも返球し辛い高い打点で相手に打たせることが出来るはずです。

低くて速い、ボールよりも高くて緩いボール、をシングルスでは上手く使っていきましょう。

 

3.浅いボールは、打って前に出よう!

勇気が要ると思いますが・・・シングルスの試合、出来るだけ早めにネットに出ましょう。

浅いボールを打って、そのまま前に出る、だけで相手にとってはプレッシャーになるはずです。

特に女性なら、その後にロブが来る可能性が高い。

シングルスの試合、慌てずにスマッシュの準備もしておきましょう。

ダブルスのように後衛に任せる、ことは出来ませんからね。

 

4.ファーストサーブを80%入れる

これは、アナタのシングルスの試合の鍵、になります。

ほとんどの方は、シングルスもダブルフォルトから壊れていく、崩れていく。

だからこそ、5本に4本はファーストサーブを入れていくこと、が大事になってきます。

ファーストサーブさえ入っていれば、試合をリズムよく進めていける。

速度や威力は落としても、しっかりファーストサーブを入れていくために、心の準備をしておきましょうね。

 

シングルスの試合、出始めるのに遅いことなんてありません。

ダブルス中心の方も、たまにはぜひ、シングルスにも出て欲しい。

きっと見えなかった風景、感じることが出来なかった感覚、得る事が出来ると思いますよ。

勝っても負けても、嬉しさも悔しさも一人で受け止める。

テニス選手として、成長出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る

    シングルスの練習、皆さんはどんな意識でやってますか?「自分一人…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  3. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に

    シングルスでも、ネットに出ましょう!と、言い続けて来ましたが、…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練

    シングルスの試合、最近出てますか?私も30歳を過ぎたころから、…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合は、勝っても負けてもその結果を一人占め出来る

    シングルスの試合、に出ているみなさん。ならこのイメージが凄く湧…

  6. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ
  3. テニス 雨

    テニス知識

    なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  5. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える
PAGE TOP