ストローク

今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?

試合では相手にとって、「嫌」なことを繰り返していくのがスポーツでありテニス。

自分が打ちたいショットを打って満足しているようでは、それって独りよがりの勝てないテニスになってしまいます。

仲間内で遊んだり、試合結果に関係無くただ楽しむだけのテニスであれば、それでも良いのかも知れませんが・・・。

ストロークの基本的な考え方一つにしても、特に学生の皆さんには考えて欲しい問題がこれです。

相手にやられて「嫌」なのは、どっちですか?

 

今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?

 

■低くて速いストロークは、プロ選手だってあまり打たない

テニスのようなネットを挟んだスポーツでは、どうしても障害物であるネットミスは避けられない。

ですが、それが頻繁に起こるようだと、それはミスではなくアナタの実力です。

ストロークの軌道そのものを改善しなければいけないのですが、私も昔・・・実は結構勘違いしていました。

ネットすれすれを通るボールが、ナイスショット、であるという大きな勘違いをしていました。

 

■相手がネットにいれば話は別ですが・・・

対戦相手がネットにいる、ボレーヤーに対抗するのであれば低さは必要です。

ですがベースラインにいる相手に向かってネットの近く、すれすれを通す必要があるでしょうか?

しかもそこから深いボールとなると、少しのずれでネットにかかったり、アウトになったりすることが頻発します。

この事実に目をそむけては、試合に強い選手にはなれません。

改めてアナタ自身に問いかけてみて下さい。

試合に勝ちたいのか、勝てるストロークになれているのかということを。

 

■高くて深いボールは、意識一つでいくらでも改善できる

皆さんは恐らく、打とうと思えば高く、深く打つことが出来る。

ですが、つい速くて低いボールを打ちたいと考えがち。

その原因としては、やっぱりストロークをかっこよく打ちたい、エースを獲りたいと思っているからだと思います。

試合でそんな場面、たくさんありますか?

きっとしぶとく深く返して、相手のミスを誘ったりするケースの方が多いはずです。

その中で、ポイントに余裕があったり、「見せ球」として速く低いボールを混ぜていく方が相手はきっと嫌。

自分に置き換えて、考えてみましょう。

 

プロ選手の試合、上からのカメラで撮影しているのである誤解が生じている気がします。

彼ら、彼女たちのストローク、実はすごくネットの高い位置を通過していることに、気付いていますか?

直線的なように見えて、ストロークはしっかり山なりな軌道になっています。

バウンド後の伸びが凄いので、つい直線的なボールと見えがちですが・・・。

今後試合を観るときには、その部分をより注意して見てみると、とっても勉強になると思います!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブペース

    対戦相手と、それほど実力差は無いと感じる試合の中で、中盤から相手に押さ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに…

    試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックに…

  3. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロークに

    強さを求めているとどうしても「速さが欲しい!」「パワーショット打ちたい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」を改善するだけで試合に強くなります

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  6. ストローク

    「取らせるロブ」を身に付けることでネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

特集記事

  1. テニス スコアシート
  2. テニス ソックス
  3. テニス バッグ
  4. 筋トレ
  5. テニス ネット
  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけ…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・…
PAGE TOP