ボレー

ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーになってはいませんか?

テニスにおいて、「視野が広い人、狭い人」の差が出る場面が試合では多くあります。

その典型的な例が、これだと私は思います。

何も考えていない、視野が狭いと、とっさに飛んできたボールに反応は出来てもコントロールが出来ない。

そんな相手は・・・守備するのにも、非常に楽ですよね。

アナタ自身、ぜひ見直してみて下さい。

焦っていると、人が要る場所にボールを打っているのが自然かも知れません。

注意が必要ですね・・・。

 

ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーになってはいませんか?

 


 

■ダブルス初心者が陥りがちな罠

ボレーは前衛にぶつける、足元に打てばポイントが獲れる。

そんなダブルスは、初中級レベルまで。

ベテランペアは足元のケアも上手いし、反撃のイメージもしっかり付いている。

攻撃がワンパターンだと、どうしても試合では勝ち切れない。

脱・ダブルス初心者の為に、視野を拡げていきましょう。

 

■相手のいない場所、ダブルスであれば2つあります

コートを4つに分割したとして、ダブルスなら2人がいない場所、最低でも2つは空いています。

ポーチボレーであれば、意外と自分の前のスペースは宝の山。

ドロップボレー、アングルボレーが打てれば、安全にかつ相手がいない場所に打ってポイントを獲れる。

これは、相手がボールを打つ前に、常に相手コートを観察しながら「どこが空いているか・・・」を確認しておくこと。

そうすれば、落ち着いて対応できるはずです。

 

■この機会に、ポーチのボレーのバリエーションを増やそう!

良い機会なので、自分が前衛のときのプレーの幅を拡げましょう。

ドロップボレーで前に落とす、アングルボレーはもちろん、そのコースで決めた後にはあえて相手が動くのを想定して、足元を狙っていく。

低い態勢さえ作れば、どんなボールでもコースを狙った返球は出来るはず。

上体が高いと、ボールを弾かれてしまうような感じになるので、コースを狙ってもアウトする可能性が高くなります。

 

視野を広く持つ、鍛えるということは、具体的にどういうことか。

それは常に、相手の弱点が見えて攻撃できる状態を作っておけるということ。

いくら視野が広くて、「あそこ空いているな・・・」と分かっていても、そこを突けなければ意味が無い。

評論家のままでは、試合に勝てないのです。

でもまずは、気付くことも大事!

ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

    「ストロークには絶対の自信がある!」という人も、試合ではそれだけだと厳…

  3. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  4. テニス メンタル
  5. ボレー

    練習慣れって、怖い

    テニスの試合、練習、試合…と、繰り返していると、感じること。…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入…

特集記事

  1. 練習メニュー

    テニスに慣れてしまった時点で、成長は止まる
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある
  3. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する
  5. テニス リターン

    ストローク

    試合の序盤でストロークのネットミスが多いときは、「スタンスを広く、目線を落とす」…
PAGE TOP