テニス 練習

テニススクール

テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

目次

テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。

特にテニススクールのような場だと、難しい。

人数も多く、ラリーをつなげること、みんなと和気あいあいとテニスすることを目的にしていると、それは試合とシチュエーション的にどんどん離れていく。

今一度、試合で使える技、現場で求められる要素を考えてみましょう。

 

テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

 


 

1.デッドゾーンでのプレー

テニススクールでは、サービスラインとベースラインの間のポジション、デッドゾーンでプレーすると怒られます。

ボレーするには遠いし、ストロークするには前過ぎる、このポジションはテニスの「セオリー」では、立ってはいけない場所を言われる。

ですが、実際の試合ではドロップショットを多用してくる相手には、必要なケースもある。

特にベテラン選手のダブルスの試合では、デッドゾーンに立っていないと前のスペースをケア出来ない、ということが多々あります。

 

2.ヤマ張りポーチ

ダブルスでのポーチは、ストレートを捨てるからこそ良い飛び出しが出来る。

そもそも、テニススクールでは「ラリーを繋げること」が目的になりがちなので、ポイントを獲って終わらせること、を良しとしないケースが多い。

実際の試合では、ヤマを張ってポーチに出たり、ストレートに打ったりという駆け引きがある。

そもそも、駆け引きということ自体、和気あいあいとしたテニススクールにはそぐわないテーマなのでしょう。

 

3.正確なウォッチ

テニススクールでは、多少のアウトは繋げていくような空気になる。

ですから慣れてしまうと、アウトボールも触る癖が付いてしまい、実際の試合でもアウトを取ってしまうことが多いように思います。

ウォッチ、というのは技術です。

技術ですから、しっかり練習の中からしっかり訓練して、自分の身体に染み込ませていかないと試合では使えない。

強い選手は、選球眼が優れている。

テニススクールでは、そこまで求められないので、教える機会もほとんど無いでしょう。

 

4.相手の癖を見抜く観察眼

試合でやることはシンプル。

目の前の相手を、倒すだけ。

倒すための情報は、現場で自分で積極的に掴み獲らないといけない。

テニススクールでは、仲良く話してもその人のテニスについて、深く観察する機会は少ないですよね。

本気で勝ちたい、と思えば弱点を探せる。

その癖を身に付けるには、テニススクールのような場では難しいのです。

 

テニススクール自体を、否定している訳ではありません。

ただ純粋に、試合に勝つための技術を身に付けるには足りない、そういう場であるという意識は持って欲しい。

逆に、意識を高く持っていれば良い練習も出来る。

皆さんの部活や、サークルの練習でも同じだと思います。

試合に活かせる練習、出来ていますか・・・?

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 9/6(金) 女子シングルス練習&ゲーム会 in 世田谷レクセンター
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない

    みなさんの中にも、「一体自分は、中級?上級?」と悩んでいる方も多いと思…

  2. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと

    たくさんの学生の方から、「将来テニスコーチになりたいです!」という言葉…

  3. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  4. テニス サイト
  5. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先

    最近、すごくまた考えるんですが・・・。テニススクールって、テニ…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について
  2. ダブルス

    「ダブルスって人が多すぎてつまんない!?」シングルスでも活かせるテニスの考え方を…
  3. 戦術

    テニスは各カウントの、チームプレー
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
  5. その他

    【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
PAGE TOP