テニス 練習

テニススクール

テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。

特にテニススクールのような場だと、難しい。

人数も多く、ラリーをつなげること、みんなと和気あいあいとテニスすることを目的にしていると、それは試合とシチュエーション的にどんどん離れていく。

今一度、試合で使える技、現場で求められる要素を考えてみましょう。

 

テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

 


 

1.デッドゾーンでのプレー

テニススクールでは、サービスラインとベースラインの間のポジション、デッドゾーンでプレーすると怒られます。

ボレーするには遠いし、ストロークするには前過ぎる、このポジションはテニスの「セオリー」では、立ってはいけない場所を言われる。

ですが、実際の試合ではドロップショットを多用してくる相手には、必要なケースもある。

特にベテラン選手のダブルスの試合では、デッドゾーンに立っていないと前のスペースをケア出来ない、ということが多々あります。

 

2.ヤマ張りポーチ

ダブルスでのポーチは、ストレートを捨てるからこそ良い飛び出しが出来る。

そもそも、テニススクールでは「ラリーを繋げること」が目的になりがちなので、ポイントを獲って終わらせること、を良しとしないケースが多い。

実際の試合では、ヤマを張ってポーチに出たり、ストレートに打ったりという駆け引きがある。

そもそも、駆け引きということ自体、和気あいあいとしたテニススクールにはそぐわないテーマなのでしょう。

 

3.正確なウォッチ

テニススクールでは、多少のアウトは繋げていくような空気になる。

ですから慣れてしまうと、アウトボールも触る癖が付いてしまい、実際の試合でもアウトを取ってしまうことが多いように思います。

ウォッチ、というのは技術です。

技術ですから、しっかり練習の中からしっかり訓練して、自分の身体に染み込ませていかないと試合では使えない。

強い選手は、選球眼が優れている。

テニススクールでは、そこまで求められないので、教える機会もほとんど無いでしょう。

 

4.相手の癖を見抜く観察眼

試合でやることはシンプル。

目の前の相手を、倒すだけ。

倒すための情報は、現場で自分で積極的に掴み獲らないといけない。

テニススクールでは、仲良く話してもその人のテニスについて、深く観察する機会は少ないですよね。

本気で勝ちたい、と思えば弱点を探せる。

その癖を身に付けるには、テニススクールのような場では難しいのです。

 

テニススクール自体を、否定している訳ではありません。

ただ純粋に、試合に勝つための技術を身に付けるには足りない、そういう場であるという意識は持って欲しい。

逆に、意識を高く持っていれば良い練習も出来る。

皆さんの部活や、サークルの練習でも同じだと思います。

試合に活かせる練習、出来ていますか・・・?

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない

    テニスは自分で考えること、工夫することが大事。このサイトで何度…

  3. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

  4. テニス 気付き

    テニススクール

    読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

    少し早いですが、2019年も読者のみなさん、たくさん記事を読んで頂き…

  5. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

    私がアルバイトコーチの頃には、よくこう言われたものです。「もっ…

  6. テニス ガット

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  2. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!
  3. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  4. ストローク

    どうすれば、格上相手に戦えるのか?
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて
PAGE TOP