テニス ボレー

Q&A

Q&A「シングルスとダブルスのリターン、何が違うの?」

Twitterでご質問頂く機会が多かったので、今回はこのテーマで。

あくまで私自身の経験を元にした、一意見ですが・・・リターンはハッキリ、何かを分けた方が試合で使いやすい。

ぜひ、アナタなりにスッキリした状態で試合に臨めるようになって欲しい。

何かのヒントになればと思います!

 

Q&A「シングルスとダブルスのリターン、何が違うの?」

 


 

1.迷いがあると、リターンは攻撃的になれない!

サーブと違い、リターンは受け身から。

相手のサーブの間に合わせる動作から入るので、迷いがあると結論が出ないまま打つことになる。

そうなると、絶対に試合では相手から攻撃されるか、ミスが多くなるでしょう。

試合前に、迷いを払拭しておくこと。

迷いを無くしておくことが、シングルスでもダブルスでもリターンの準備としては大事です。

 

2.シングルスのリターンはセンター、ダブルスのリターンは出来るだけ4つの角にコントロール

まずシングルスでは、前衛がいない。

そしてサーブからの攻撃を防ぐ、のを第一にセンターにしっかり深く返球したい。

そこから攻撃されることは、まず無いと思って良い。

ダブルスでは前衛がいるので、基本的にはその前衛を避けるためにコートの4つの角、に遅くても正確に打ちたいところ。

ショートクロス、それからロブ、深い山なりのリターン、が必要ですね。

そして並行陣、サーブ&ボレーの相手に対して沈めるリターンも求められる、のがダブルスです。

まずは、前衛の存在を自分の中で把握して、いないシングルス、いるダブルス、で違いを作っていきましょう。

 

3.前に踏み込んでいく姿勢は、変わらない

どちらにせよ、アナタ自身は「前に踏み込んでいく」姿勢は失いたくない。

バウンド地点に向かっていく、そしてシンプルに小さいテイクバックから確実なリターンを打っていけるように、意識しましょう。

ファーストサーブでは、いかに相手に攻撃されないかを考え、セカンドサーブではここぞと言う場面で攻撃的になれる。

待って打つリターンになっている人、絶対に直しましょう。

そのままでは、試合で勝てるような選手にはなれません。

そのベースとなる配球のイメージ、出来てきましたか?

 

難しく考える必要は、ありません。

シングルスならコートの真ん中に、ダブルスならハッキリとコースを分けて、遅いリターンで。

リターンの考え方に結論を出して、試合に臨めば怖くありません。

リターンゲームが好き!と言えるように、しっかり練習して準備しましょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・・・?」

    今回は、テニススクールに通う男性社会人の方からの質問です。平日…

  2. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「テニスを強くなりたい人、楽しくやりたい人」が混ざっているテニス部はどうすれば良い?

    今回は高校のテニス部主将の方から頂いた質問。テニス部の部活動に…

  3. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

    今日は、大学のテニスサークルの方からのご質問について。同じよう…

  4. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

  5. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」

    今回は、久々に頂いたご質問の中から。自分の握るグリップが、なか…

  6. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、何ができますか?」

    今回は、東京都内の高校のテニス部の方からのご相談です。私自身も…

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー
  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの絶対的な基本「深いクロスへのストローク」を安定させる5つのポイント
  4. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけに…
  5. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について
PAGE TOP