テニス ボレー

Q&A

Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、これは反則ですか?」

久々に、ルールについて質問頂きましたので回答したいと思います。

結構曖昧になっている方が多いのですが、この「グリップを握る手にぼーるが当たったとき」は、ルール上どうなるのか?

セルフジャッジでも、正直に申告しなければなりません。

その前にまず、正しいルールを確認しておきましょう。

 

Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、これは反則ですか?」

 


 

■少しでも身体の一部に当たれば、その時点で失点です

結論から言えば、少しでも自分の手に当たったのであれば、それは反則・失点です。

グリップに当たっても、実際に手に当たらなければ反則ではなく、有効な返球になります。

セルフジャッジでは、この部分は本人にしか分かりませんので、正直に申告しなければなりません。

このことと、ルールについては正しく覚えておいて下さい。

 

■「相手の手に当たったように見えたのに、当たっていない」と言われたときは・・・?

自分の打ったボールが、相手のグリップを握る手に当たったように見えた。

でも相手は「当たっていません」と言っている・・・。

そんな場面、セルフジャッジの試合ではありがちですよね。

どんなにアナタの言っていることが正しく、実際に当たっていたとしても、セルフジャッジである限りは相手の言っていることが判定になる。

自分のコートで起きていることは、自分でジャッジすることになるからです。

「汚いな・・・」と思っても、始まりません。

切り替えつつ、ジャッジ全体が怪しいようであればコートレフェリーを呼びましょう。

 

■セルフジャッジの試合では、絶対に自分から途中でポイントを切ってはいけない

今回の問題に関わらず、セルフジャッジの試合では、意識して欲しいこと。

絶対に「自分からポイントを止める」ようなことは、してはいけません。

アウトや2バウンド以外では、どんな場面でもポイントは継続していくつもりで、最後まで打ち切ること。

「フォルトだと思って・・・」とか言ってプレーを止める人がいますが、そのジャッジは相手が行うもの。

アナタ自身はプレーに集中して、自分のコートのジャッジをしっかり行わなければいけません。

 

テニスでは、身体のどこかにボールが当たると失点になる、ということは覚えておきましょう。

アウトボールでもしっかり避けないと、身体に当たったらもったいない。

たまにノーバウンドでキャッチして、次のポイントにいこうとする人もいますが・・・公式戦では、もちろんNG。

テニスの基本ルール、改めて覚えておきましょう。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ミス

    Q&A

    Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

    アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!お忙しい…

  2. テニス ラケット

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.2

    前回に引き続き、アンケートにて頂いたご質問にお答えしていきます。…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

    試合に出始めたばかりの人、または過去に初心者だった頃に、似たような経験…

  4. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、何ができますか?」

    今回は、東京都内の高校のテニス部の方からのご相談です。私自身も…

  5. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「メンタルが強いって、要は開き直るってこと?」

    アンケートにて頂いたご質問ですが、これは私もよく考えさせられるテーマ。…

  6. テニス ストローク

    Q&A

    Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコツはありますか?」

    今回ご質問頂いたのは、試合でのセカンドサーブについて。テニスの…

特集記事

  1. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い
  2. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される
  3. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?
  4. テニス 練習

    サーブ

    「サーブを打つ位置を変えるだけ」で、相手にプレッシャーを与える方法
  5. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い
PAGE TOP