テニス メンタル

Q&A

Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

今回頂いた質問は、 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」という内容。

特に高校生や大学生の方から同じような質問を頂くことが多いです。

長くペアを組んでいるダブルスペア、即席で組んだペアは、どういった会話をしていけば試合で勝ちに近づいていくことができるのでしょうか・・・?

 

Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

 

■「作戦」を話すだけがコミュニケーションではない

試合中の会話は、どうしても「作戦会議」という雰囲気が強くなりますが、あまり堅く考えないようにしましょう。

「今日暑いね」とか、「相手、結構強いね」といった、他愛もない会話も大切。

まずはリラックスして、会話を楽しむようにしましょう。

テニスはポイント間で時間が取れる、自分たちのペースで進めることができるスポーツ。

ペアを笑わせるくらいの気持ちの余裕が欲しいですね。

 

■「相手の情報共有」はやっておきたいポイント

作戦は「情報」と「情報」の組み合わせで作り上げます。

一つは、自分たちの情報。

自分たちのペアは何が得意か、何が苦手か。

もう一つは、相手ペアの情報。

「背が低いほうは、脚が早いね」「左利きの人は、バックをスライスしか打たない」といった、客観的な事実を集めましょう。

その情報を2人で揃えて、作戦を立てることが勝利への近道。

これもトレーニングで磨けるスキルですので、テニスにおける人間観察は癖付けておくと良いでしょう。

 

■恥ずかしがらずに「ハンドタッチ」はどんどんやろう

学生の方からは、「ペアとタッチができません」という声も聞きます。

少し恥ずかしさもあるかと思いますが、スキンシップは大切です。

実際に肌で感じて、「今日はどこか元気ないな・・・」という感じを掴めば、それを会話で補っていくこともできます。

ペアで会話ができないと感じている人は、まずはしっかりタッチするよう心がけましょう。

タッチしていれば、おのずと会話も見えてきます。

 

まずは、ペアと普段の会話をしっかりしておくことが大切。

そして「テニス」の話もコート以外で意識してしてみるようにしてみて下さい。

きっともっと、テニスの試合中のペアの会話が楽しくなるはずです。

そうすれば、きっとダブルスの試合も勝てるようになります!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

  2. テニス スマッシュ

    Q&A

    Q&A「とにかく試合でミスが多いんですけど、どうすれば良いですか?」

    改めて、今回もこの問題に挑んでみたいと思います。たくさんご質問…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

    試合に出始めたばかりの人、または過去に初心者だった頃に、似たような経験…

  4. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、何ができますか?」

    今回は、東京都内の高校のテニス部の方からのご相談です。私自身も…

  5. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ファーストサーブがフォルトしたとき、相手が意図的にリターンを強打してくるのは違反で…

    今回は、久々に読者の方から頂いたルールに関する質問について。皆…

  6. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」

    今回は、久々に頂いたご質問の中から。自分の握るグリップが、なか…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップで…
  2. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある
  3. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
  4. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう
  5. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ
PAGE TOP