テニス ミス

戦術

試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない

テニスの試合に、焦りは禁物。

でも、分かっていても・・・なんですよね。

ここは冷静に、テニスという競技の特性とルール、の中で考えてみましょう。

そもそもテニスは、「流れ」が生まれやすいスポーツ。

しっかり理解して、慌てそうな状況で、慌てないこと。

この意識を持っているだけで、かなり違うと思いますよ。

 

試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない

 

1.なぜ、テニスは「流れ」が止めにくいのか?

試合の中で、相手側のポイントが続いていく。

自分のプレーも悪くないのに、どこか止められない・・・ようなとき、ありますよね。

試合の流れが、相手に大きく傾いている時。

これを止めにくい、のがテニスなんです。

まず、試合は全てサーブから始まりますからね。

サッカーやバスケットボール、のような競技は、失点したら「マイボール」から開始するじゃないですか。

でもテニスは、そこはサーブ側はサーブ、でずっと続く。

それも、ゲームが終わらないとそのサーブ権は移行しない。

卓球やバレーボールのように、頻繁にサーブを打つ側が変わっていく競技でも無い。

つまり、なかなか「間」と「変化」を生み辛いのがテニスなんです。

ココをまずは理解しましょう。

ですので、相手の流れになっているときには、しっかり時間を取る、間を空ける。

ポイント間の時間はしっかり使っていく意識、大事です。

 

2.流れが悪いときこそ、時間の流れを遅くする

つい、急いでしまいがちなんですよ。

負けているゲームは速く終わりたい、脱したいと思いますからね。

でも、テニスではテンポが速いと「同じリズム」でどんどんポイントが進んでいきます。

この自覚、アナタにはありますか?

流れが悪いなら、時の流れを遅くすること。

相手をじらす、ような間の取り方が大事になります。

誰でも実践出来るようで、なかなか場の空気にのまれて実践出来ないんですよ、これも。

ダブルスなら、しっかりペアで準備しておくことが大事です。

 

3.話すことが無かったら、無理して話さなくても良い

ダブルスペアで、そもそも会話が少ない人。

こういうペアは、流れが悪くなって追い込まれると、より話さなくなります。

コミュニケーション、が全く無くなる・・・と、試合はもう動かせない、負けでしょう。

そうじゃなくて、話すことが無くても良いんです。

ただ、向き合って目を合わせて、呼吸を整える。

無理やり話そう、と思うから余計に焦るし、良い作戦なんて思いつかない。

まずはしっかり、向き合って5秒間、リラックスしましょう。

コート上では仲間、ですからね。

辛いときこそ、話すことは無くても時間を共有する。

「大丈夫、焦らずいこう」という気持ちを、目と目で確認すれば良い。

そういうペアは、流れを取り戻していきますよ。

 

4.周りの雰囲気、に動じない心を

団体戦だと、周りの雰囲気も凄いですからね。

これに動じない心、は普段から意識しましょう。

相手がポンポンポンと、得点を重ねても冷静に分析する。

自分たちが間違っていないなら、焦る必要も変える必要も無いですよ。

ここで慌てて、おかしな感じになるともったいない。

試合の流れは、テニスの試合必ず2~3回は動きます。

焦れば焦るほど、相手側の流れで進む時間が長くなるだけ。

心配しなくても、大丈夫。

アナタが思っている以上に、流れを悪くしているのは自分自身です。

 

テニスって、本当に怖いスポーツ。

時間切れが無いし、マッチポイントも作っては消え、あと1点が遠い。

だからこそ、逆転も本当に多いんですよね・・・。

相手側に試合の流れがあるとき、焦らず自分たちで取り戻すこと。

ロブやスライス、ポイント間の時間の使い方。

キーワードは、「遅さ」です。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと

    自分の攻撃、試合運びが、相手にプレッシャーをかけているな。効い…

  2. 戦術

    相手は強いんじゃない、合っているだけ

    試合で対戦したときに、強さを感じる相手。自分が必要以上にプレ…

  3. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

    良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。これ、結構多いで…

  4. 戦術

    試合は総合点、取れるところで取ったもん勝ち

    テニスの試合、勝った負けたは…どこで決まりますか?当然、マッ…

  5. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!

    序盤の大切さ、はこのサイトでも何度か書いてきました。それはアナ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法

    試合の調子には波がある。誰でもそうですが、試合に強い人はその波…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  3. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ
  4. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる
  5. スマッシュ

    スマッシュは腕全体を振るのではなく、「手首を折る形で、上で打ち終わる」と試合でミ…
PAGE TOP