テニス ボレー

ボレー

ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

試合の中で、ボレー戦になったときに反応が遅れてしまう。

これって、かなり差が出る部分だと思うんです。

強い選手って、打っている球が鋭い、よりも反応が鋭い。

そのコツ、今回は書いてみたいと思います。

私が実践してきて、且つプロ選手でも意識している、でも誰でも出来る部分。

ボレーはこの意識で、格段に反応が速くなりますよ!

 

ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

 

1.打つ前から、「構えに戻る」ことを前提に

ボレーって、打ってから相手まで到達する時間が短い。

自分が前にいるので、当然ですよね。

相手がストローク、にいてもテンポは速いし、相手もボレーなら、もうテンポは相当速い。

男子ダブルスだと、1秒間に数往復、するようなラリーもありますからね。

このスピード感に付いていける選手、でないとダブルスは勝てませんよ。

自分が打つショット、それは、打ちながらも既に「戻り始める」くらいの意識が欲しい。

「え?それで良いボレー、打てるの?」と思いますよね。

間違いなく、打てます。

むしろ、戻る動きまでを「ボレーで打つ動き」の中に組み込んでしまうんです。

 

2.ボレーは「打点を感じたら、引く」くらいでちょうど良い

ボレーは、フォロースルーゼロ。

これくらいで、ちょうど良いですよ。

よっぽどネットから遠い位置でのスライスボレーや、ドライブボレーは例外。

ネット近くでのボレーは、打ったら止める・・・のが良いんですが、止めようと思うくらいだとなかなか止まらない。

打ったら、引く!

自分の身体に引き寄せるくらいの感覚、で良いんです。

これでフォロースルーがほぼゼロ、になるし、安定感も増す。

前にラケットを動かしながら、打点の直前ではもう後ろに戻す、引くような動きに変えていく。

実はこれ、構え直しが速くなるだけの効果、があるだけじゃないんですよ。

 

3.実はコントロールも安定して、ボールも鋭くなる

これは本当です。

実際に、私がそうでした。

ボレーのフォロースルーを無くす、打ったら同時に引くようなボレーにすると、パンチが生まれます。

フォロースルーを前にスーッと出していくと、どこかボレーもゆったりした感じになりませんか?

パチン!と弾く感じって、まさにこの「引く」という感覚に近い。

ネット近くだと、タッチネットの危険も低くなりますからね。

構え直しも早くなるし、本当に一石三鳥くらいのコツ、だと私は思いますよ。

騙されたと思って、やってみて下さい。

 

4.まずはボレーボレーの練習から

この技術が一番活きるのは、ボレーボレーの練習。

ここでテンポを上げてラリー、出来るようになるには、この引くという感覚が欠かせない。

だって、打ったらもうすぐに相手が打つ、のがボレーボレーじゃないですか。

ほとんどの方が、このボレーボレー、お互いにフォアハンド側だけ、とかになってるんです。

じゃないと、続かないですから、普通は。

しっかりフォアハンドもバックハンドも、使いながらボレーボレー出来ている人って、実は少ないですよ。

構え直しも遅いし、その原因が打ち終わりにあることに気付いていないですからね。

みなさんは、どうでしょう?

ボレーボレー・・・ただのウォーミングアップ、ではないですよ。

ここにボレーの実力、全てが凝縮されています。

 

パチン!というボレー、ネット近くでは必要です。

実際には少しスライス回転がかかる、のが理想ですね。

打点を感じたら、ラケットを身体の前に引き寄せる、構え直す。

この意識、だけでテニスは変わります。

そしてネットでの戦いに強くなるので、自然に自信も付いて来る。

そうなればもう、きっとアナタはダブルスの試合でも楽に勝てるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

    「腰を落として!」「膝を曲げて!」日本のテニススクール…

  2. ボレー

    ボレーの感覚が、どうしても掴めない方へ

    攻撃的なボレーを打ちたい、だけど…。どうしても感覚が掴めない…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度のイメージが大事

    学生の皆さんの部活の練習を見ていると、ストローク同士のラリーはとてもレ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?

    ダブルスの試合で、サービスゲームの前衛。「出ないと、動かないと…

  5. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由

    テニスの技術の中で、これが苦手という方は多いでしょう。低い位…

  6. テニス ガット

    ボレー

    バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?

    「バキッ!」「ガシャ!」今日もどこかで、バックハンドボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    アタック後のポジション、ボール方向へ
  2. その他

    最近考えていることを、お伝えします
  3. テニス 練習

    ストローク

    調子が悪いときのストロークを安定させるには、「速い準備でゆっくり振り切る」ことに…
  4. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる
  5. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?
PAGE TOP