ボレー

ネットに出て特別なこと、しなくて良い

初級から中級、中上級と上のクラスやレベルに上がっていくにつれて。

みなさん自身、ネットプレーを習う機会、実行する機会が増えると思います。

ワンバウンドでボールを打つ、ベースラインのプレーは安定しているのに、ネットに出ると慌ててしまうみなさん。

どこかで、自分が何か特別なことをしないといけない、と思っていませんか?

その感覚は、必要ありません。

相手にそう感じてもらうこと、が大事ですからね。

 
 

困っているのは、相手側

何も慌てなくて良い

実際に、何も慌てなくて良い。

大丈夫ですから、ネットに出ても何も特別なことはしなくても良いんです。

ボレーを打つ、スマッシュを打つ、というだけで自分の中でハードルを上げてしまってはいませんか?

それでは、なかなか試合に勝てない。

相手からしても、ネットに出て余裕が感じられない人ってやりやすいですからね。

困っているのは、相手の方

きっと、そうでしょう。

ネットに出られて、自分はストローク。

こういう場面で、困っているのは相手側です。

ですから、特別なことが必要なのは「ネットに出られた側」でしょう。

みなさん自身は、どっしり構えておけば大丈夫。

ネットに出て、ボレーを手堅く返す。

これだけで良いんです。

恐らく、失点で多いのは…?

ロブ、じゃないですかね?

相手がロブを打って来て、その対応が難しい。

だからこそ、しっかりこの準備だけはしておかないとダメ、なんです。

ボレーミスもあるでしょうが、相手のロブによって崩されるポイントを減らすだけで、かなり手堅さは生まれるはず。

相手がロブを打つ雰囲気があれば、打つ前に下がっても良い。

常に、相手の先手を潰すイメージでネットでは落ち着いてプレーしましょう。



それでもボレーが苦手、不安な方は?

早めにステップする癖を

しっかり、意識してみましょう。

スプリットステップ、ほとんどの方が遅れ気味です。

ネットに出ると、ペースも上がりますからね。

相手が打つ瞬間に着地、それもワンテンポ早いくらいで私はちょうど良いと思います。

相手が打つ瞬間に、空中に浮いているような人、はもう間に合わない。

これが試合での、あるあるです。

ボレーの技術、の前に

このステップがしっかり出来ていれば、大丈夫。

でもみなさん、このステップが遅れているだけなのに、「自分はボレーが苦手」と思い込んでしまう方が多いんですよね。

ただただ、もったいない。

ボレー、ネットプレーは早くステップ出来れば、何も特別なことは必要無いんです。

しっかり止まる、相手を見るということがテニスのネットプレーでは基本です。

特別なことは必要無い、だからこそ

相手をよく見ましょう。

しっかり早めにステップすれば、相手も自然とよく見えるはずです。

よく見えると、反応も出来るようになる。

ロブだって、読めるようになる。

そうすると、自然とみなさんも気付くはずです。

「ネットプレーは、シンプルで良いんだな」と。

そうすれば、試合にも勝てると思いますよ。

   

試合での相手、レベルに応じて

「壁になる」だけでも良い

これで実際、楽に勝てる相手もいます。

相手に返す、しっかり自分がネットで壁になるような意識だけ、で良い。

もちろん、そこから反撃されることもあるでしょう。

でも、それで良いんです。

相手がどの程度無理したのか、または楽にパッシングを打てる実力があるのか、が分かりますから。

壁になる、という意識でまずは試合に入れると、ネットに楽に出ることが出来ると思いますよ。

試合で出ないと、始まらない

練習ではネットプレー、並行陣、を練習しているのに。

試合になると、ほとんど前に出ない人、多いと思いませんか?

これでは、何も始まらない。

練習と試合は、全く違うと考えた方が良いです、特にネットプレーに関しては。

難しいことは必要無い、だから出ましょう。

試合の中でネットに出て初めて、感じることがスタートラインです。

周りとの差、を生む為に

試合の中で、相手との差を作る。

そこから逃げていては、いつまで経っても勝てる選手にはなれない。

だからこそ、ネットプレーが一番それに適している。

周りと差を作って、試合に勝つ。

勝手にハードルを上げるのは止めて、どんどん前に出ていくテニスを自分で確立していく。

これが特別なこと、になっているうちは、なかなか試合で結果も出ないですから。

普通に出て、普通に返して、普通に勝てる。

そういうイメージ、を持てるように意識していきましょう!



相手にやられる前から、ビビらないように。

実際に試合では、やられてから対策を練れば良いんです。

怯えて前に出られない人は、ただもったいない。

特別なことは必要無い、やったもん勝ち。

試合では、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安定します

    ドロップボレーに対しての意識は、中級者と上級者では大きな違いがあること…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

  3. テニス メンタル
  4. ボレー

    浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

    ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。試合に出てい…

  5. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る

    ボレーの基本、ある程度身に付けてきたらぜひ「逆クロス方向へのショット」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる
  3. テニス 錦織圭

    Q&A

    Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」
  4. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、「特別なショット」になっては試合で勝てない
  5. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力
PAGE TOP