戦術

1セットマッチ、2-2でリードしているのは自分

目次

私たちの試合の多くは、1セットマッチ。

この進め方について、しっかり考えておきましょう。

普段私が使っている、ちょっとした心理的なテクニックについて。

何も準備しないで入るよりも、「上手く進んでいる感」が持てて落ち着いてプレー出来るかもしれません。

2-2でも、リードしているのは自分、というスタート感覚が大事です。

 
 

2-2のスタートで、充分合格点

その理由とは?

みなさんは試合が始まって、2-2のゲームカウントになると、どういう印象でしょうか?

まずい…と思いますか?

イーブンだし、緊張感が高まるように感じますよね。

でも、私はすごく良い気分で試合を進めている感覚になります。

なぜなら、それは自分のペース、2-2でリードしているんだという感覚が大事です。

なぜ、そう言えるのか?

まず、2-2になるのは想定内、という準備をして入れていますから。

それだけで、精神的に優位に立っている。

それから、みなさんは最初の4ゲームでしっかりと相手を観察出来ているはずです。

ですから、それを有効活用出来るのが、これから先の5ゲーム目以降ということ。

ですから、何も心配はありません、強がりではなく。

2-2になる戦い方、をすれば良い

自分から、無理をしない。

相手に無理をさせながら、相手としっかりラリーをする序盤の戦い方をすれば良い。

言葉にすると簡単ですが、強い相手だとこれも簡単ではないですよね。

でも、明確にプランを作りましょう。

何となく、ではなく自分の中で最初の4ゲームを終えて2-2になるにはどうすれば良いのか。

強い相手を想定しながら、考えてみて下さい。



シード選手相手に、どう試合を作るのか?

普通にやると、0-4になるなら…

もう、普通にやるという選択肢は無いですよね。

そもそも、普通に戦うって何でしょう。

みなさんの中でのセオリー、それを崩していく必要があると思いますよ。

それが出来れば、相手だって同じ大会に出ているレベルですから。

2-2のスタートは切れるはず、です。

問題は、アナタ自身がその手数を持っているかどうか、です。

攻めどころは、決まっている

相手のどこを攻めていくのか。

私は、ある程度決まっています。

まずは相手のセカンドサーブ。

トスに勝ったらリターンを選んで、セカンドサーブを攻撃していく。

ただ叩くだけではなく、リターンダッシュを入れて揺さぶる。

そして、自分はファーストサーブを入れてダブルスなら前衛に動いてもらう。

強い相手でも、攻めどころは決まっているはず。

ここを上手く攻めて、2-2の試合をまずは作っていきましょう。

もし、0-3になったら…

慌てる必要はありません。

まずは、1ゲームを返す。

それだけで良い、まずはそこに集中しましょう。

1-3になれば、まだイーブンのような感覚でOK。

「もうダメだ…」と思う前に、冷静に準備してきたことと、比べてみる。

2-2のプランでいく、という軸があるからこそ、そこで冷静になれるはずなんです。

   

軸があるから、ブレない

具体性を持つ、ということ

2-2のスタート、という軸を持つ。

だから、私たちの試合はブレないで進められるんです。

つまり、3-0でリードしたら、そこでは落としても良いとも考えられますからね。

「よし!良い調子!」と考えるのではなく、「プランよりも余裕があるから、仕掛けておこう」と視点が変わる。

具体性を持っておけば、自分の中で良い物差しが出来るんです。

スコアもリズム、試合の大事な要素

試合に強い人、勝てる人は気付いています。

「ここを踏んでおけば、勝ちやすい」という試合のリズムを。

ぜひ、みなさんも自分で経験しながら、作り上げていって欲しい。

終わった後に、少しだけ試合を振り返るだけでも違いますよ。

なぜ、上手くいかなかったのか。

そして、上手くいっている時は、どんな共通点があるのか、を考えてみて下さい。

メンタルテクニック、の一つとして

これがみなさん全員に響くとは思っていません。

私の中で、2–2でリードしている感覚、が使えるテクニックだということだけ、です。

ですからみなさんの中で、試しながら、試行錯誤しながらで良いと思います。

全くのノープランで試合に入ると、何となくでそのまま試合終了、になりますからね。

2-2で良い、むしろ自分のペースなんだと思えたら強い。

メンタルテクニックとして、参考にしてみて下さい。



「これで良いんだ」と、思えるかどうか。

試合では、ちょっとしたことが不安に変わり、プレーに影響します。

テクニックを準備して入る、客観性を持つ、ということ。

これはテニス以外にも、全てのことに通ずるはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

2-2で良い、リードしているのは自分、です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. ラジオ番組、始めました!
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに

    アグレッシブな攻撃って、どんなイメージでしょう。速いサーブ?強…

  2. 戦術

    強い相手と戦うなら、絶対初戦が良い

    大会の初戦から、相手が強い。もうこれだけで、みなさん気持ちが…

  3. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

  4. 戦術

    試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ

    1セットマッチの試合、での試合の入り。もう、正直これが全て、…

  5. テニス メンタル

    戦術

    左利きのテニスプレイヤーが、もっと「左利きであることを活かす」為に必要な意識4つ

    左利きの選手は、強い。テニスの試合ではよく聞かれる言葉ですが…

  6. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう

    試合に勝つ、そう意気込んで試合に入る。でも、いざ始まってみると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?
  2. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくこ…
  3. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大
PAGE TOP