ダブルス

サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

ダブルスの前衛、みなさんの動きはどうか。

ちょっとしたステップで、かなり試合では変わると思いますよ。

大事なのは、いかに相手にプレッシャーをかけるのか。

しっかり、パートナーのサービスゲームをキープ出来るかどうか。

もっともっと、サーブのコースに応じてハッキリ前衛は動いて良い。

今回は、その基本を見直していきましょう。

 

サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

 


 

1.前衛って、動いてなんぼ

それは、ただポーチに動くだけじゃない。

例え触れなくても、どんどん動いて、相手に動いている感を出す。

リターンの選手に気にしてもらう、ところから全てはスタートですから。

赤側のペア、がアナタ側のペア。

その前衛の気持ちになって、見ていきましょう。

サーブを打ったと同時に前に詰めるので、少しだけ↓前に出る余剰のスペースを残しておく。

私なら、1メートルくらいですかね。

その1メートルは、サーブを打つ打球音を聞いてから前に詰める。

↓のように、ボールと同じようなタイミングで前に詰める。

これだけで、リターンの選手の印象はかなり変わると思いますよ。

 

2.コースも揃えて、前に詰めよう

ある程度、サーブがコントロール出来るパートナーなら、詰めるコースを揃える。

ワイドならワイド、の方向に詰めることで、相手のリターン選手のコースを消すことが出来ます。

ワイドに打てばストレートをケアしながら、寄って詰めるのが基本。

相手のリターンのコース、打てるコースの中心に立つようなイメージですね。

ボールは、1つですから。

そのボールが来る可能性が高い場所、に立つのが基本です。

当然、センターなら↓センターに寄って詰める。

これが一番、ダブルスでは多いケースですかね。

せっかくセンターに良いサーブが入っても、この前衛の動きが無いとリターンがクロスに通ってしまう。

サーブ側のペアがかみ合わない、もったいない感じになってしまいます。

打つコース、をあらかじめ前衛と共有する。

最悪、入らなくても良いんです。

コースをコミットしているうちに、サーブ側の選手にも責任感が生まれる。

あとは、↓のようにしっかりと詰めるコースを揃えるだけですね。

これだけで、かなりダブルスは変わります。

サーブが弱くても、リターンが来やすいコースに先回りしているから、ポーチで攻めることが出来る。

ダブルスの前衛の、基本のフットワークです。

 

3.プレッシャーを、前衛とボールセットで!

改めて、私はこの点を強調したい。

前衛と、ボール、その両方がリターンの選手に向かっていく。

だから↓のように、プレッシャーが凄いんですよ。

サーブだけだと、それがどんなに速く良いサーブでも、ダメ。

前衛とセットになって、その人のサーブが完成するんです。

更に、並行陣のようなサーブ&ボレー、だと・・・どうでしょう?

サーブの選手まで、前に詰める勢い、でプレッシャーがかけられる。

つまり、リターン側の選手は、3つの要素で詰められている、ということになります。

だから、ダブルスでは並行陣で攻めることが出来るとミスを誘える。

ボールも飛んで来るし、相手2人も自分に向かって来るし・・・という、焦りを生むことが出来るんですよね。

当たり前のようにプレーしている人、もいると思いますが、改めて図にしてみるとその威力が分かると思います。

 

ポジショニングで、テニスは変わる。

ダブルスは変わります。

前衛の、ほんの1メートルの動きが、相手へかけるプレッシャーは計り知れない。

汗をかいていきましょうよ、前衛は。

サービスゲームがキープ出来ないのは、前衛の責任。

私はこれからも、そのスタンスで研究していきます。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    最近、ハイレベルな準決勝のダブルスを観戦して来ましたが、改めて気付い…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?

    テニスのダブルスの試合には、皆さんどんなペアと組んで出ていますか?…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブのコースはどっちが決める?」の質問にお応えします

    強いダブルスペアは、サービスゲームが安定している。特にその打っ…

  5. ダブルス

    相手の前衛は動く、と信じよう

    ダブルスの試合で、大事な意識。繰り返しますが、強いダブルスの…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない

    「きっと○○だろう」「○○は大丈夫だと思う」ダブルスペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦…
  2. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的で…
  4. テニス メンタル

    戦術

    左利きのテニスプレイヤーが、もっと「左利きであることを活かす」為に必要な意識4つ…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスのファーストボレー、「コツンと当てる」感じで
PAGE TOP