戦術

対戦相手は、亀かウサギか

対戦相手を、よく観察すること。

これを繰り返していると、あることに気付きます。

大きく分けて、2タイプに分類されるんじゃないかということ。

自分自身も含めて、どっちのタイプなのかを考えてみる。

これに正解はありません。

大事なのは、想定して指針を持つということ、ですから。

 

対戦相手は、亀かウサギか

 


 

1.亀タイプの選手とは?

とにかく、プレーもメンタルも一定で波が無い。

シングルスで手堅いプレーが得意で、自分から変化を付けるような作戦は苦手。

こういうタイプの選手を、亀タイプと考えてみましょう。

どうでしょう、みなさんの周りにもいませんか?

テニス以外の部分も堅実で、どちらかというと細かいタイプ。

着実に成長していくけど、爆発は見込めない・・・ような感じの選手、テニス選手でイメージしてみて下さい。

戦い方、は色々あるはずです。

 

2.ウサギタイプの選手とは?

亀とは対照的に、波があってムラも多い。

だけど爆発力があって、たまにジャイアントキリングのような試合をやってのける・・・と思ったら、急に1回戦で負けたりもする。

作戦も粘り強いものよりは、奇襲やネットプレーが好き、という選手がウサギタイプですね。

私も、実はこっちの部類じゃないかと自分では思っています。

ミスが多いようで、実は繊細。

色々なことをしたいと考えているけど、つおっと小心者だったりもするので、なかなか一歩が踏み出せない。

さぁ、こういうタイプにはどういう作戦が効くでしょうか?

 

3.大事なのは、どっちが強いとかじゃない

どちらも強いです。

ただ、その強さを活かせるかどうかは、まず自覚しているかどうか、が大きな境目になるでしょう。

亀と自覚している亀は強いし、ウサギと自覚しているウサギは強い。

なぜなら、試合中に自分をコントロール出来るからです。

「相手が乗っているから、今は亀になろうかな」と思えるウサギは、強い。

自分が何者か、を理解している、考えている選手はテニスコートの上で強いんですよね。

相手も客観視出来ますから。

こういう指針があれば、すごく試合は戦いやすいです。

 

4.ザックリ相手を判断すること、をやってみよう

正解は無い、アナタ自身がどう考えるか、です。

それに、完全に亀な人もウサギの人もいませんからね、あくまで傾向で判断してみましょう。

みなさんがよく試合をやる人、仲間を、書き出して分類してみる。

そこに、「なぜ、亀なのか?」も、一言添えてみる。

どうでしょう、次からの試合でかなりスッキリして戦えるはずです。

亀かウサギか、それを判断するだけでも迷いが消えて戦いやすい。

ぜひ、試してみて下さい。

 

これって、テニス以外でも通用する話、だと思います。

どちらが良い、悪いではなく、両方のタイプでゴールを目指せるということ。

亀でもウサギでも良い、それも、長いテニス人生の中で変わっていくでしょうからね。

大事なのは、常に客観性を持つこと、です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある

    自分のテニスの、本質的な部分。これに気付けるかどうか、がこれ…

  2. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

  3. テニス 準備

    戦術

    試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと

    自分の攻撃、試合運びが、相手にプレッシャーをかけているな。効い…

  4. テニス 試合

    戦術

    決断の精度は、回数に比例する

    試合の中で、良い決断が出来るかどうか。コースの選択、ポジショ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合中盤までに「相手の一番良い球」を、必死で攻略しよう

    テニスの試合、強い相手をなぜ強いと感じるのか。それって、「これ…

  6. 戦術

    テニスにおける、状況判断のコツ

    テニスは、状況判断のスポーツ。これが理解出来ると、試合は一気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスオタクな彼と付き合うと気付く(はず)、な10のメリット
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折…
  4. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから
PAGE TOP