テニス ダブルス

ダブルス

経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?

コチラも、アンケートで数名の方にご質問頂いた内容です。

強い相手って、何を考えて試合を進めてるの?という疑問。

私自身、もちろんそんな選手では無いのですが・・・でも、たくさんのこういった実績のある強い選手と会話する機会はありましたので、謎解きしてみたいと思います。

きっと、こうじゃないかな・・・という想定。

そしてやっぱり、いざ戦うとなったらどうするのか。

この視点は必ず、皆さんと一緒に持っておきたいので。

 

経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?

 

1.無意識に統計に当てはめている

どんなに強い選手でも、初めて対戦する相手ってすごく嫌なもの、らしいです。

実力や特徴、が分からないし、自分のことをどう思っているのか、も分からない。

とにかく手探りで試合を始めて、最初は大きくリード出来なくても良い、くらいの感じでスタート。

そして、試合が進んでいくと・・・「この選手は、だいたいこんな感じだな」という感じで、タイプ分けしていく。

そして、そのタイプの選手は「こうやったら勝てるケースが多かったな」というのを、統計に当てはめて実践していく、みたいなんです。

まぁ、確かにそうですよね。

経験豊富な選手ならではの武器、ですね。

でも・・・ふと、思いました。

だったら逆に、攻撃してくのも面白いんじゃないかなと。

 

2.「何か違うぞ・・・」を積み重ねていけば、チャンスが出て来る

つまりは、アナタ自身が「あるあるのテニス選手」にならなければ良い。

今まで対戦したことが無い、とまでいかなくても、どこか傾向に当てはまらないようなプレー、変わったスタイルで臨めば、チャンスが出てくる可能性がある。

彼らからすると、「自分の経験が活かせない」というのが一番嫌なパターン。

「何かおかしい・・・違うぞ・・・」という積み重ねは、きっとジワジワ効いてくるんですよ。

そして余裕が無くなったら、小さいミスでも自分で自分のプレッシャーになっていく。

どうでしょう、強い選手が負けるときって、こういう感じじゃないですか?

迷いながら、少し変わったプレースタイルに翻弄されて負けていく。

その対戦相手になるのは、アナタ自身ですよ。

 

3.格下相手に嫌なのは、ギアを上げられること

また、こういうことも話してました。

「自分より実力が劣る相手でも、しっかりギアを上げて来る相手は嫌だ」と。

勝ちたいという意志を見せて、自分で主導権を握ろうと動いて来る。

ギアを上げて、リターンで前に入ったりサーブ&ボレー、ポーチやストレートアタック。

これを繰り出してくる相手は、例え格下であっても本当に嫌、らしいです。

確かに、アナタ自身もそうじゃないですか?試合で。

自分より弱い相手が工夫してくる、なんて想像してみて下さい。

向かってくる、だけできっと心のどこかで嫌ですよね。

 

4.勝負所のポイントだけ、理解している

ある人に聞くと、「とにかく1ブレイクをどこかで取る、格下相手でもそれは一緒」らしいんです。

つまり、自分のサービスゲームはある程度コントロール出来る自信がある、でもリターンゲームは違う、と。

サーブの調子が良い相手は、怖い。

だからこそ、早めにブレイク出来るポイントを作ることを意識している、ようです。

リターンゲームで、40に早く乗せる。

そしてプレッシャーをかけて15-40、30-40でチャージしていく。

皆さんも、経験無いですか?

自分のサービスゲームで15-40、30-40のようなカウントになったら、一気にチャージされた経験。

こういうカウントを、出来るだけ作らない。

もちろん、難しいことですが・・・意識しておかないと、勿体ない試合になるだけ。

強い相手ほど、リターンでのブレイクに貪欲。

この貪欲さを、見くびってはいけないのです。

 

強い相手ほど、試合前に考えている。

そして経験に当てはめて、「いつも通り」プレーしていく。

この強固な歯車を崩すのは、簡単ではありませんね。

でも、どんなに強そうに見えても、動かしているのは「人間」ですから。

機械じゃない、人間が動かしているからチャンスがある。

私はテニスというスポーツは、人間がやるから面白いと思っています。

強く、脆く、不安定・・・なものですからね。

攻略してくの、楽しくなってきませんか?

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

    試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。これ…

  2. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

    「次のサーブは、センターに打つね」この声掛けだけ、で良いんです…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇的に勝率が変わるかも…

    テニスのダブルスの試合で、前衛がポーチに出て後衛がストレートをケアする…

  5. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

    ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

特集記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    「サーブを打つ位置を変えるだけ」で、相手にプレッシャーを与える方法
  2. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事
  4. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
  5. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
PAGE TOP