テニス ストローク

ボレー

試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。

ダブルスでチャンスメイクしたときには、特にそう感じる人が多いでしょう。

ですが、そもそもここが黄色信号。

フォアハンドボレー、だからと言って確実に決められる保証はないのがテニス。

出来るだけ、「決まりやすい形」に自分から動いて変えていかないと。

当然、アナタのフォアハンドボレー、ある程度チャンスになった時点で、相手も警戒していますからね。

 

試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

 


 

1.相手の後ろ足体重を見逃さない

今まさに、アナタが打ち込もうとしているフォアハンドボレー・・・相手の態勢はどうでしょう?

恐らく、深く速いボレーを警戒して後ろ足体重になっているはずなんです。

そのときに、深く速いボレーを打っても粘られるだけ。

冷静に相手を観察すれば、「少し浅くても良い」という発想になるはず。

しっかり打つ態勢を見せ付けたら、あえて緩いドロップボレーも効果的ですよ。

 

2.より前に詰めて角度を付ける

フォアハンドボレーでも、ネットから遠い位置からはなかなか狙えない。

コースが限られてしまうのがテニスなんですよね。

ネットに近付く、それこそ50cmでも前に出れば威力は変わります。

角度を付けたボレーも打てるし、相手に圧迫感が加わる。

フォアハンドボレー、というだけでチャンスじゃない。

もっとネット詰めて、「打てるコースが広い」チャンスにしていきましょう!

 

3.スライス回転を効かせる

試合に強い人のボレーは、しっかりスライス回転がかかっている。

フォアハンドでも、バウンド後に浮いて来ないボレーを打ってきますよね。

手首だけでこねるのではなく、しっかり腕全体、下半身から推し出していく。

そういうフォアハンドボレー、に変えてみませんか?

しっかりスライス回転をかけて、相手のミスを誘うのも、立派な決定力の高いフォアハンドボレーですよ。

 

4.ラケット面でのコントロールでカウンターボレー

自分が攻撃出来ない、相手から攻撃されている・・・ような場面。

ここでも、フォアハンドボレーならしっかり「反撃」したい。

例えば相手から自分の足元、に打たれるようなケースでも、とっさにラケット面をしっかり作ってロブボレー。

これって、そんなに難しくないですよ。

相手が「ここに打ってきそうだな」と気付けたら、その反射角をラケットで作るだけ。

良いカウンターボレー、は準備次第で必ず打てます。

相手が攻撃しているときも、こういうチャンスは見逃さないように意識しましょう。

 

5.サーブ側の前衛のポーチこそ、最大のチャンス

決定力が無い・・・と嘆く人ほど、最初のチャンスをスルーしている。

自分の技術が無い、のではなく、自分で宝の山を素通りしているだけ。

味方のサーブ、アナタが前衛、まさに最初のポイントこそ、一番のフォアハンドボレーのチャンス!

サーブ側のポーチで動くことこそ、一番決定力を上げる近道なんです。

ミスが怖い、のは誰だって同じ。

決定力を上げるには、一番のチャンスに自分から向かっていく姿勢こそ大事です。

 

フォアハンドボレー、どうしても力が入りますよね。

でも、視点を変えれな必要なのは力じゃない。

ポジション、面作り、回転量。

ダブルスの試合でも、きっと決定力のあるフォアハンドボレーはまだまだ打てますよ。

今の、アナタ自身の技術で必ず、です。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと…

    ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスのようで打ちにくいかも・・・」ネットに詰めて決め切るボレーのコツ5つ

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでもネットに近い位置で打つボー…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

    普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

    ボレーの打ち方が綺麗な人って、特にバックボレーが乱れない。安定…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる

    テニスの試合のアナタの姿。それは、アナタの日常に潜む本性をさら…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功

    ダブルスの試合、どんどんこれ、やっていきましょう。ポーチに出る…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減…
  2. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「当てるだけのボレーから、ステップアップして押し出すボレーに」変化させていくうえ…
  4. テニス リターン

    メンタル

    相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない
  5. メンタル

    集中力、なんてものに頼るな
PAGE TOP