テニス ストローク

ボレー

試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

目次

フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。

ダブルスでチャンスメイクしたときには、特にそう感じる人が多いでしょう。

ですが、そもそもここが黄色信号。

フォアハンドボレー、だからと言って確実に決められる保証はないのがテニス。

出来るだけ、「決まりやすい形」に自分から動いて変えていかないと。

当然、アナタのフォアハンドボレー、ある程度チャンスになった時点で、相手も警戒していますからね。

 

試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

 


 

1.相手の後ろ足体重を見逃さない

今まさに、アナタが打ち込もうとしているフォアハンドボレー・・・相手の態勢はどうでしょう?

恐らく、深く速いボレーを警戒して後ろ足体重になっているはずなんです。

そのときに、深く速いボレーを打っても粘られるだけ。

冷静に相手を観察すれば、「少し浅くても良い」という発想になるはず。

しっかり打つ態勢を見せ付けたら、あえて緩いドロップボレーも効果的ですよ。

 

2.より前に詰めて角度を付ける

フォアハンドボレーでも、ネットから遠い位置からはなかなか狙えない。

コースが限られてしまうのがテニスなんですよね。

ネットに近付く、それこそ50cmでも前に出れば威力は変わります。

角度を付けたボレーも打てるし、相手に圧迫感が加わる。

フォアハンドボレー、というだけでチャンスじゃない。

もっとネット詰めて、「打てるコースが広い」チャンスにしていきましょう!

 

3.スライス回転を効かせる

試合に強い人のボレーは、しっかりスライス回転がかかっている。

フォアハンドでも、バウンド後に浮いて来ないボレーを打ってきますよね。

手首だけでこねるのではなく、しっかり腕全体、下半身から推し出していく。

そういうフォアハンドボレー、に変えてみませんか?

しっかりスライス回転をかけて、相手のミスを誘うのも、立派な決定力の高いフォアハンドボレーですよ。

 

4.ラケット面でのコントロールでカウンターボレー

自分が攻撃出来ない、相手から攻撃されている・・・ような場面。

ここでも、フォアハンドボレーならしっかり「反撃」したい。

例えば相手から自分の足元、に打たれるようなケースでも、とっさにラケット面をしっかり作ってロブボレー。

これって、そんなに難しくないですよ。

相手が「ここに打ってきそうだな」と気付けたら、その反射角をラケットで作るだけ。

良いカウンターボレー、は準備次第で必ず打てます。

相手が攻撃しているときも、こういうチャンスは見逃さないように意識しましょう。

 

5.サーブ側の前衛のポーチこそ、最大のチャンス

決定力が無い・・・と嘆く人ほど、最初のチャンスをスルーしている。

自分の技術が無い、のではなく、自分で宝の山を素通りしているだけ。

味方のサーブ、アナタが前衛、まさに最初のポイントこそ、一番のフォアハンドボレーのチャンス!

サーブ側のポーチで動くことこそ、一番決定力を上げる近道なんです。

ミスが怖い、のは誰だって同じ。

決定力を上げるには、一番のチャンスに自分から向かっていく姿勢こそ大事です。

 

フォアハンドボレー、どうしても力が入りますよね。

でも、視点を変えれな必要なのは力じゃない。

ポジション、面作り、回転量。

ダブルスの試合でも、きっと決定力のあるフォアハンドボレーはまだまだ打てますよ。

今の、アナタ自身の技術で必ず、です。

ピックアップ記事

  1. テニス関連の記事は note へ
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  2. ボレー

    ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

    前に出てボレー、試合でなかなか使えない方も多いと思います。自分…

  3. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  4. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

    ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。…

  5. テニス 言葉

    ボレー

    相手にバックボレーを打たせる戦術、は基本中の基本

    私たちの試合の中で、どうポイントを取っていくのか。相手のレベル…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

    身体に近いところの、ボレーは難しい。そう感じること、ありますよ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    日々の雑記

    「自分はこんなもの」と、どこかで決め付けてない?
  2. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  3. サーブ

    セカンドサーブの基本を再発見
  4. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
  5. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
PAGE TOP