テニス 打点

メンタル

格上相手に勝ち切るメンタルの極意、とは?

もし、アナタが大事な試合で勝ち進んだとしましょう。

まさに、上位シード選手を追い詰めて、今勝とうとしている。

でも・・・もしその試合がまだ「競った状態」なら、油断は出来ない。

油断は出来ないどころか、自分は「危ない状況にいる」くらいの気持ちが大事なんです。

 

格上相手に勝ち切るメンタルの極意、とは?

 


 

1.競ることは大事、だけど競り続けては危険

強豪相手の試合、競るだけでもかなり厳しい。

色々な作戦や準備、がはまってリードをして、5-4で最後、キープすれば勝ち・・・みたいな試合、一見あと少しのように見える。

でも、そこからの道は、果てしなく険しい。

なぜなら、戦うべき敵はアナタにとって対戦相手だけではないから。

周りの観客、雰囲気含めて、「何かを求める声」に打ち勝たないといけないのです。

 

2.「シード選手が負けて欲しくない」という、周りからの圧力

これを感じたことは、きっと皆さんもあるはずです。

強い選手には、勝ち残って欲しい。

もっと先で、もっと良い試合をして欲しい、無名の選手やペアが勝っても面白くない・・・と、周りの見ているひとが感じている。

そう感じていることを、選手自身も意識していく。

この圧力、アナタが思っている以上に強い、ですよ。

アナタ自身に何も罪はなくても、周りの観客、大きな大会であれば主催者も、シード選手が負けることなんて望んではいない。

という覚悟だけは、ぜひ準備しておいて下さい。

 

3.競る前に、周囲を黙らせて試合を終わらせる覚悟を持とう

「それが出来れば、苦労しないよ!」と思うでしょう。

でも・・・本当に試合に勝ちたい、トーナメントを勝ち抜きたい選手なら、相手と周囲を諦めさせる。

「あ、この試合はもう番狂わせだな」と、決めつけるくらいまで、スコアを離していかないといけない。

1セットマッチ、5-4で勝っているなんて、勝っているうちに入らない。

これくらの強い意志が、格上相手の試合では特に大事。

周りの期待、全てを敵に回しても自分は勝つんだと、心に決めてプレーしていましょう!

 

一度経験すると、癖になりますよ。

周りの期待を、そしてシード選手のプライドを打ち砕くような勝利。

テニスの試合って、実力差以上にこういう「雰囲気に負けてしまう」試合が多い。

テニスで這い上がっていくなら、番狂わせを興せるように。

そんな選手を、このT-PRESSを通じてどんどん送り出していきたいと思っています!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強敵への勝利は、薬にも毒にもなる

    昨日の日本の勝利、ご覧になった方も多かったと思います。私も観戦…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    自分の打ったボールを信じ切れば、ボールは自然とコートに収まってくれる

    自分が打ったボールを、しっかり信じる。信じ切ることが出来れば、…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

    深いストロークでオンライン、のボールを・・・つい、「アウト」の期待で待…

  4. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

    「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込ん…

  5. メンタル

    「頑張れ!100球ラリー!」テニスの試合で勝つには、ただ繋げるだけでは意味が無い

    先日、とある高校の部活の練習の中で「100球ラリーを続けよう」という練…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います
  2. テニス 構え

    サーブ

    ダブルスの試合、サービスがしっかり相手のボディを突けたときには「しっかり前衛はポ…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う
  5. テニス リターン

    サーブ

    「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲーム…
PAGE TOP