テニス 打点

メンタル

格上相手に勝ち切るメンタルは、「競る前に終わらせる」くらいの強気な部分が欲しい

もし、アナタが大事な試合で勝ち進んだとしましょう。

まさに、上位シード選手を追い詰めて、今勝とうとしている。

でも・・・もしその試合がまだ「競った状態」なら、油断は出来ない。

油断は出来ないどころか、自分は「危ない状況にいる」くらいの気持ちが大事なんです。

 

格上相手に勝ち切るメンタルは、「競る前に終わらせる」くらいの強気な部分が欲しい

 

1.競ることは大事、だけど競り続けては危険

強豪相手の試合、競るだけでもかなり厳しい。

色々な作戦や準備、がはまってリードをして、5-4で最後、キープすれば勝ち・・・みたいな試合、一見あと少しのように見える。

でも、そこからの道は、果てしなく険しい。

なぜなら、戦うべき敵はアナタにとって対戦相手だけではないから。

周りの観客、雰囲気含めて、「何かを求める声」に打ち勝たないといけないのです。

 

2.「シード選手が負けて欲しくない」という、周りからの圧力

これを感じたことは、きっと皆さんもあるはずです。

強い選手には、勝ち残って欲しい。

もっと先で、もっと良い試合をして欲しい、無名の選手やペアが勝っても面白くない・・・と、周りの見ているひとが感じている。

そう感じていることを、選手自身も意識していく。

この圧力、アナタが思っている以上に強い、ですよ。

アナタ自身に何も罪はなくても、周りの観客、大きな大会であれば主催者も、シード選手が負けることなんて望んではいない。

という覚悟だけは、ぜひ準備しておいて下さい。

 

3.競る前に、周囲を黙らせて試合を終わらせる覚悟を持とう

「それが出来れば、苦労しないよ!」と思うでしょう。

でも・・・本当に試合に勝ちたい、トーナメントを勝ち抜きたい選手なら、相手と周囲を諦めさせる。

「あ、この試合はもう番狂わせだな」と、決めつけるくらいまで、スコアを離していかないといけない。

1セットマッチ、5-4で勝っているなんて、勝っているうちに入らない。

これくらの強い意志が、格上相手の試合では特に大事。

周りの期待、全てを敵に回しても自分は勝つんだと、心に決めてプレーしていましょう!

 

一度経験すると、癖になりますよ。

周りの期待を、そしてシード選手のプライドを打ち砕くような勝利。

テニスの試合って、実力差以上にこういう「雰囲気に負けてしまう」試合が多い。

テニスで這い上がっていくなら、番狂わせを興せるように。

そんな選手を、このT-PRESSを通じてどんどん送り出していきたいと思っています!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で笑うことが出来れば、何かが起きるかも知れない

    人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるよ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう

    テニスの試合では、皆さんこんな経験無いですか?「ずるい自分」…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

    つい試合では、自分を大きく見せておきたい。「相手になめられない…

  4. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  5. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる

    試合に負ける選手のミス、には共通点がある。本人は気付いていない…

  6. メンタル

    「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える

    いつの時代も、子供の視点ってすごい。すごいというか、的を得ている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「苦手ショットに陥る人たち」を改善する為の、有効な打点と対策法
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?
  3. テニス 守備

    ストローク

    ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が…
  4. テニス コントロール

    ストローク

    自分の打ったボールで、「相手の選択肢をどう狭めるか?」を考えると、連動性があるプ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らかです
PAGE TOP