テニス ストローク

ストローク

身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

テイクバックのときの恰好を見ていると、その人のストロークの「伸び」がある程度分かる。

伸びが少ない、威力が足りない選手はテイクバックの形が窮屈なケースが多い、ですからね。

今回は、ストロークに伸び、特にクロス方向へのストロークを深く鋭く打つ、ために必要なラケットと身体の距離感、についてまとめてみます。

 

身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

 


 

1.遠心力を使うためには、外からラケットを入れると効果的

「アウトサイドイン」という表現、聞いたことある方も多いでしょう。

外から内側に入ってくる、ようなテイクバックからのスウィングは、遠心力を使える。

自然に身体から遠くでラケットを準備して、しっかりボールを捕らえることが出来れば、ボールに力を伝えやすいですよね。

ストロークの自信が無いと、どうしてもボールに近付き過ぎてしまう。

初心者の方、ストロークに威力が足りない方は、ほとんどがボールに近付き過ぎているケース、です。

 

2.ラケット+自分の腕、は結構長い!

改めて、横に伸ばしてみて下さい。

ラケットを持った腕、結構長い・・・と思いませんか?

ボールとしっかり距離、を取れていないと、そのラケットを動かすスペースが無い。

スペースが無いから途中で加減するような感じになり、威力が無くなっていく。

しっかりテイクバック、の段階で身体からラケットを離すように意識してみて下さい。

きっとストローク、見違えると思いますよ。

 

3.伸びがあるストロークは、早い準備で振り出していこう

打点が遠い、だけど準備は早く振り出しも早い。

試合で主導権を握れるストローク、選手は、自然とこのサイクルが出来ているはずです。

威力が無い選手ほど、打点も近いしギリギリまでテイクバックをしない、準備が遅い。

アウトサイドイン、のラケットワークを実践しようと思ったら、アナタが思っている以上に早くテイクバックをして動かないと。

結果的にドタバタして近くの打点、窮屈なフォーム、で終わってしまいますよ。

 

ラケットの長さ、正しい打点の距離感、見直してみましょう。

ストロークの打ち方、は打点の取り方が非常に大事になって来ます。

クロス方向に打つならもちろん、打点はハッキリ身体の前。

練習から意識すれば、試合で使えるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と…

  2. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピンを練習しよう!

    高い打点で打てるストロークは、テニスの試合では攻撃的にいきたい技術。…

  3. テニス ストローク
  4. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する

    テニスの難しいところ、それは「遅い」ボールのほうがなぜか、打ち返すのが…

  6. ストローク

    フォームを固めると、テニスは上手くなるのだろうか?

    以前に、頂いたご質問の中で「なかなかフォームが固まりません・・・」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる
  2. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスで手加減してくる男性は、とことん利用しよう
PAGE TOP