テニス テニスノート

メンタル

アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

テニスノート、皆さん・・・書けてますか?

もちろん書いておくことに越したことは無いですが、ただ書けば良い、というモノでも無い。

テニスノートに必要なのは、客観的な情報はもちろんですが、感情的な部分も欲しい。

そう、欲しいのは「宣言」です。

 

アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

 


 

1.自分で宣言したことは、必ず実現出来る

きっと、アナタ自身目標はあってもなかなか可視化出来ていない。

可視化するのが怖い、んじゃないでしょうか。

きっと、自分の目に見える形にすれば、それは大きなプレッシャーとなる。

だからこそ、宣言してプレッシャーをかける。

自分にプレッシャーをかける意味でも、きっとテニスノートに宣言を書けばアナタのテニスは変わる。

私はそう思います。

 

2.自分で宣言出来ないことは、出来たかどうかも分からない

ほとんどの方は、これで終わる。

何となくテニスを始め、部活やサークルに入り、出る試合は勝ちたいけど、負けてもどうってことも無い。

だって、自分で宣言していない訳ですから。

「こうなりたい」じゃなくて、「こうなる」と。

私自身、学生時代に欠けている部分だったと思う。

だからこそ、皆さんには今、テニスノートに書いて欲しい、成し遂げたいことを。

それが例え成し遂げられなかったとしても、きっとアナタ自身の財産になるはずです。

 

3.テニスだけじゃない、人生「宣言」の繰り返し

自分に約束する、コミットする。

このことは、テニス以外でも大事な要素です。

仕事でも勉強でも、有言実行。

厳しいようですが、テニスで成長出来る人は自然にこれが出来ているはず。

「そんなの、実力があって環境に恵まれた人だけだよ」と思った方も、いるでしょう。

実際、そうかも知れません。

でも、目標も書いて宣言すれば、アナタ自身何か変わるかも知れませんよ。

そういう後ろ向き、な考え方も。

 

言葉には力があり、その力はテニスを変えてくれる。

きっと、自分の行動を宣言出来る人は、テニスコートを離れても強い。

人を強くしてくれるのって、こういう小さいこと。

宣言を書いて、試合前に読んで、コートに足を踏み入れてみて下さい。

その一歩、きっと力強さを増しているはずです。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

  2. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から

    「負けても仕方ない」と、試合中に思ってしまう。それって、テニス…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    駆け引きで負けても、喰らい付くことの重要性

    例えば、ダブルスでリターンをクロスに打つ。そこに、相手の前衛が…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れない選手の、典型的なメ…

    テニスの試合をしていて、心が折れそうになる瞬間、たくさんあると思います…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必…
  2. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス
  3. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる
PAGE TOP