テニス テニスノート

メンタル

アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

テニスノート、皆さん・・・書けてますか?

もちろん書いておくことに越したことは無いですが、ただ書けば良い、というモノでも無い。

テニスノートに必要なのは、客観的な情報はもちろんですが、感情的な部分も欲しい。

そう、欲しいのは「宣言」です。

 

アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

 


 

1.自分で宣言したことは、必ず実現出来る

きっと、アナタ自身目標はあってもなかなか可視化出来ていない。

可視化するのが怖い、んじゃないでしょうか。

きっと、自分の目に見える形にすれば、それは大きなプレッシャーとなる。

だからこそ、宣言してプレッシャーをかける。

自分にプレッシャーをかける意味でも、きっとテニスノートに宣言を書けばアナタのテニスは変わる。

私はそう思います。

 

2.自分で宣言出来ないことは、出来たかどうかも分からない

ほとんどの方は、これで終わる。

何となくテニスを始め、部活やサークルに入り、出る試合は勝ちたいけど、負けてもどうってことも無い。

だって、自分で宣言していない訳ですから。

「こうなりたい」じゃなくて、「こうなる」と。

私自身、学生時代に欠けている部分だったと思う。

だからこそ、皆さんには今、テニスノートに書いて欲しい、成し遂げたいことを。

それが例え成し遂げられなかったとしても、きっとアナタ自身の財産になるはずです。

 

3.テニスだけじゃない、人生「宣言」の繰り返し

自分に約束する、コミットする。

このことは、テニス以外でも大事な要素です。

仕事でも勉強でも、有言実行。

厳しいようですが、テニスで成長出来る人は自然にこれが出来ているはず。

「そんなの、実力があって環境に恵まれた人だけだよ」と思った方も、いるでしょう。

実際、そうかも知れません。

でも、目標も書いて宣言すれば、アナタ自身何か変わるかも知れませんよ。

そういう後ろ向き、な考え方も。

 

言葉には力があり、その力はテニスを変えてくれる。

きっと、自分の行動を宣言出来る人は、テニスコートを離れても強い。

人を強くしてくれるのって、こういう小さいこと。

宣言を書いて、試合前に読んで、コートに足を踏み入れてみて下さい。

その一歩、きっと力強さを増しているはずです。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう

    テニスの試合では、皆さんこんな経験無いですか?「ずるい自分」…

  2. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

    テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!

    何度も対戦相手をチェックして・・・と、私は書いてきました。それ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて欲しい

    「試合」・・・特に公式戦と聞くと、何か特別なものという響きがある。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    決断しないから、言い訳ばかりが浮かんで来る

    決めて断つ、のが決断。決断出来る人は、テニスでも強いし、上達も…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、何かを変えることが出来ない人

    テニスの試合、勝ったり負けたりの繰り返し。でも、不思議なことに…

特集記事

  1. テニス 打点

    メンタル

    格上相手に勝ち切るメンタルの極意、とは?
  2. テニス ハードコート

    練習メニュー

    先輩の意見を聞くことは大事だけど、「同じ練習をやるだけでは、越えられない」という…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ
  5. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に…
PAGE TOP