テニス メンタル

メンタル

テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実

皆さん、今年はどんなテニスで一年を戦いましたか?

色々チャレンジしたこと、上手くいかなかったこと、忘れられない悔しい試合・・・たくさんあると思います。

勝った試合はそんなに覚えていないけど、負けた試合はしっかり覚えているものですよね。

反省はしないといけませんが、まず冷静な分析は必要不可欠。

特に学生の皆さんは、本当にテニスの試合に勝ちたいのであれば、この年末年始に考えて欲しいテーマはこれです。

 

テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実

 


 

■自分のやりたいテニスで、試合に挑んではいけないのか?

難しい問題です。

非常に、難しい問題であることは間違いありません。

私自身、勝つ為のテニスと自分が理想とするテニス、いつも狭間で揺れていたように思います。

例えば、ベイビーステップの主人公の丸尾選手。

あんな選手がいて試合で対戦したら、正直「もうテニスの試合なんて楽しく無いな・・・」と思わされるかも知れません。

徹底的に相手と自分を分析して、勝利に向かって確率の高いテニスを実践する。

確かに正解です、でも・・・それで楽しいの?って、どこかで逃げてしまいそうな自分がいる。

アナタ自身、そういった粘りのテニスで試合を勝ち切る、その勇気がありますか?

あれば、まだまだ格上に勝つチャンスがある。

私自身は、高校3年生までそのメンタルを持つことができませんでした。

 

■格上の選手に勝ちたければ、捨てなければいけないものもある

このサイトを観ている方は、色々な立場の方がいると思います。

テニスを始めたばかりの人、試合に出始めた人、なかなか勝てないと悩んでいる人・・・。

それぞれ、悩みは違うと思いますが、やっぱりテニスは技術を上達させて試合に勝つことが楽しい。

しかも、格上と呼ばれるシード選手を倒すことが、何よりテニスの醍醐味でもあります。

簡単ではありません。

ミスを極限まで減らし、相手との長いラリーの中から、1ポイントを削り出す、削り出し続ける覚悟が必要なのです。

思いきりサーブを打ちたい、オープンコートよりも相手の苦手なコースを突いていく我慢さ、ねちっこさが求められます。

 

■試合の勝利でしか、得られない自信がテニスには有る

「試合で獲た自信は、簡単に試合で失われる」という言葉があります。

本物の自信は、練習の中でしか得られない、という意味だそうですが、私はこれに異議を唱えたい。

試合で勝つ、という自信は何物にも代えがたい。

たった1勝かも知れませんが、「強い相手にもこうやればポイントが獲れる、試合で勝てる」というアナタが感じた感覚は、その後あらゆる場面で応用が効きます。

だからこそ、勝利を目指して自分のテニスを考えていかないといけない。

「勝つことだけがテニス・・・?」と思う方もいるでしょう。

そうです、「勝つだけがテニス」だと思い込んで、自分に厳しくストイックになる時期も必要なんです。

さぁ、アナタ自身、どんなテニスが今出来て、今後鍛えていかなければいけないのか考えましょう。

 

ジョコビッチ選手の活躍が目立った今年一年ですが、彼は正当に評価されているでしょうか?

マスターズファイナルの試合、98%の観客はフェデラー選手を応援し、華やかなプレーを求めそれに酔いしれました。

何が正解なんて、ありません。

でも私は、全仏オープン決勝で唯一負けた試合のジョコビッチ選手の、相手を讃える態度、堂々とした敗者の態度に本当に感動しました。

「あぁ、これはこの選手にはしばらく誰も勝てない、」と。

誰に評価されるでもない、自分がしっかり「勝利」で自分を評価できるように、見つめ直してみませんか?

アナタ自身の、テニスについて。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ

    今年のテニスの目標はなんだろう?「上手くなること!」「強くなり…

  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスのセルフジャッジの試合では、「いかに冷静さを保つか」が勝利のカギを握ります

    テニスの試合は、セルフジャッジ。選手同士が審判の役割も兼ねてい…

  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

  4. メンタル

    メンタルが強い人は、〇〇を持っているだけ

    試合で崩れない人、メンタルが強そうに見える人。相手にすると、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想方法4つ

    今回は、テニスならではの難しいテーマで。私自身、何度も経験して…

  6. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

    試合に出ていると、こんな経験、無いですか?相手が集中力を切らし…

特集記事

  1. テニス セオリー

    その他

    試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと
  2. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について
  3. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整し…
PAGE TOP