テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変えて短期決戦に持ち込みませんか?

ストロークでガンガン押していくのは得意だけど、ネットプレー、ボレーに苦手意識を持っている。

そんな方は浅いボールが来ても、それを打ってまた後ろに下がってしまう・・・というプレーを繰り返していませんか?

テニスという競技は、「相手を前におびき出す」という行為は、ドロップショットが打てれば容易に出来てしまう。

だからこそ、前でのプレーが弱点になると、試合の中では致命的になってしまいます。

今回は、今あるアナタのネットプレーのスキルを用いて、いかにポイント取得に繋げていくか・・・を考えてみましょう。

 

テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変えて短期決戦に持ち込みませんか?

 


 

■ファーストボレーを深く、最後はスマッシュで・・・は、正統派過ぎ

正統派なプレーは、ときに試合で足かせになってしまうことを認識しましょう。

習ったこと、セオリー通りのことを、必ずしも試合で実践する必要はありません。

例えばネットプレーにしても、サービスライン付近でのファーストボレー、詰めてハイボレー、最後は相手がロブを上げてきてスマッシュ・・・という流れも、一つの流れでしかありません。

ネットプレーに苦手意識があるのであれば、出来る限りボレーを行う回数を減らすことも考えられる。

色々な工夫ができることが、テニスの面白い部分でもあるのです。

 

■ボレーが苦手なら、ファーストボレーから積極的に展開しよう!

例えばファーストボレー。

オープンスペースに深く打つことが理想ですが、それってやっぱり難しい。

であれば、あえて短めのボールになっても良いくらいの気持ちで、ドロップ気味にボレーしてみませんか?

またはファーストボレーを、相手のボールが山なりであればドライブボレーで打っていく。

スライスをかけた丁寧なボレーは、相手にとっても受けやすい側面があります。

ネットに出ると決めたら、後は自分の得意な形で短期決戦に持ち込みたい。

ボレー対ボレーの対戦に持ち込めば、先にネットに出た方に分が有ります。

色々試してみながら、工夫していきましょう。

 

■ストローク対ボレー、の形はストロークが有利な時代

ストロークでパッシングショットを打って抜かれる、これは一昔前までトッププロ選手の成せる技でした。

しかし現代では、一般の選手や学生でも、パッシングショットが上手い

だからこそ、ストローカーに対して仕掛けるネットプレーには、正統派以外の要素が必ず求められてきます。

「ネットプレー、得意そうじゃないんだけど、積極的に前に来て何をするか分からない・・・」というような迷いを、相手に与えましょう。

ずっと後ろでストローク合戦のみに付き合っていては、格上選手に勝つのは難しい。

苦手でもあえてネットに出て勝負する、という場面を増やしていきましょう!

 

キレイに決まるポイントは、テニスの試合では以外と少ない。

ボレーにしてもそう。

エースで決まるよりも、相手を混乱させて最後は無理をさせる。

このイメージが持てれば、アナタのネットプレーの幅は広がります。

さぁ、最初のボレーから、どんな展開が考えられるでしょうか?

ぜひ紙に書き出してみて、優先順位を付けてみて下さい。

3つくらい用意しておけば、きっと試合でアナタの助けになるはずです!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

  2. テニス テニスノート

    ボレー

    つないでいるボレーが相手の脅威になる、のが理想じゃないですか?

    試合の中で、「ラクに勝てたなー」という試合。振り返ってみて、み…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    相手のストロークが強打の場面なら、ブロックボレーの準備を

    良いボレーって、どんなボレーか。私は、強烈な強打のボレーではな…

  4. ボレー

    バンバン打って来る相手に、並行陣でどう対抗する?

    男子ダブルスで、ストロークに自信があるペアと対戦するときに。…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    「肘の曲げ伸ばし」を使えると、パンチ力とスピードが伝わる

    ボレーでパンチが欲しい人は、手首に頼りがち。「だって、ボレーは…

  6. テニス サーブ

    ボレー

    フォアハンドボレーでポーチ!の裏技を教えます

    ダブルスの試合、フォアハンドボレーでポーチ!を打つときに、みな…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ
  2. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう
  4. テニス 知識

    練習メニュー

    試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと
  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよ…
PAGE TOP