メンタル

「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

寒い冬、どうしてもテニスのモチベーションが上がらない・・・日はあります。

全く無い、という人は鈍感なだけ。

真剣に、テニスと向き合って勝負の世界にいる人は、落ち込むこと悩むことばかり。

そんなときに試してみて欲しいこと、私の経験上まとめてみました。

 

「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

 


 

1.しっかり休む

無理やり、「テニスをしないと!」と自分を追い込んでも良いことはありません。

やりたくないときにやって、怪我してしまうのが一番怖い。

まずはしっかり睡眠を取る、食事を摂る、という当たり前の生活をしっかり意識する。

身体が不調を訴えているときは、テニスのモチベーションが下がっている可能性も高い。

意図的に積極的に休養を確保する勇気、もテニスでは必要です。

 

2.テニスを始めた頃の場所に行く

私は迷ったとき、試合で勝てないときは、いつも自分がテニスを始めた場所、を訪れるようにしています。

あの頃、ボール1球を打つのがどれだけ楽しかったのか。

出来ることがどんどん増えていった頃の感覚、忘れてしまってはいないか・・・と、自分に問いかけてみる。

当然、上達してくれば壁にぶち当たる。

でも、ほとんどの人はぶち当たる壁すら見えないままに、テニスや勝負事から離れていく。

今いる環境、悪くないなと思えるような感覚が持てると、モチベーションも回復してくるでしょう。

 

3.人にテニスを教える

自分のテニスに行き詰ったとき、ふと下級生にテニスを教えてみる。

実は、こういったきっかけで、テニスに対する新しい気付きが生まれたりすることも多い。

上級生の方であれば、積極的に下級生の練習に顔を出してコミュニケーションを取ってみて下さい。

普段、一緒にテニスしないような人とラリーする、接するということは、大事です。

調子が良いときは考えられない、環境に変化を与えてくれるようなきっかけ、になるかも知れません。

 

4.テニスノートに書き出してみる

今、自分は何に悩んでいるのか。

行き詰っていること、試合に勝てない原因はどこにあるのか。

モヤモヤ考えるのではなく、箇条書きで良いのでテニスノートに書き出してみましょう。

書き出した項目を、つなげてみたり、「これは大したことない」と消去したり。

目に見える形にするだけで、かなり気持ちがスッキリするはずです。

騙されたと思って、やってみて下さい。

 

総じて、まず無理にテニスを続けないこと。

寒いこの時期は、中途半端な気持ちでテニスをしていると本当に怪我するし風邪も引く。

モチベーションに波があること自体、悪いことでも何でもない。

しっかり自分で自覚して、コントロール出来てこそテニス選手。

アナタなりの対処方法、考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 【女子ダブルス 土居コーチと交流大会】8/17(水) in綾瀬テニスガーデン
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで絶対に足元をすくわれ…

    チャンスボールを打ち込むとき、攻撃していくとき、アナタは自分がどう映っ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです

    テニスというスポーツは怖い。リードしていても、一瞬の隙が逆転の…

  3. テニス コントロール

    メンタル

    追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です

    テニスの試合に出ている人なら、誰しもが考えていること。それは、…

  4. メンタル

    勝てる人の、振る舞い方の特徴

    試合に勝てる人、結果を出している人。こういう人を見て、何を感…

  5. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

特集記事

  1. その他

    YouTubeチャンネルを成長させる、たった2つのコツ
  2. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う
  3. テニス ボレー

    ボレー

    中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ
  4. テニス 客観視

    サーブ

    「テニスのマナー、しっかり分かってるな…」と思われる、相手サーバーへの配慮のポイ…
  5. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
PAGE TOP