ストローク

初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

初中級者の壁を越えたい、と考えている方。

越えられます、すぐに。

ある決断をして、やり切るだけです。

テニスの安定感は、ボールに回転をかけることで得られるはず。

誰しもが、怖いところを乗り越えて、試合に出て勝てるようになる。

まず、徹底してここに取り組んでみて下さい。

 

初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

 


 

1.振り切ること、大胆に

何も、力いっぱい振ることではありません。

しっかり打点を前に取って、ラケットを振り切ること。

ラケットの先が、自分の背中に当たるくらいまでリラックスして振ること、が大事です。

大胆にいかないと、ボールに回転はかからないでしょう。

そして振っていく中で、自分でグリップを探すこと。

人から教えられるのではなく、自分で試行錯誤すること。

当たり前ですが、これが一番、初中級者のみなさんにとって大事なポイントです。

 

2.当てること、に集中し過ぎ

まず、ストロークを続けること、入れることを意識し過ぎない。

これが大事です。

ボールにラケットを当てること、に集中し過ぎている方が本当に多いんですよね。

これでは、振り切れないですよ、実際。

当たった後にラケットを止める、という動作につながりますからね。

ここを卒業しないと、ボールに良い回転がかからない。

ストロークに伸びが出ないので、結果的に弱々しい、しかも安定しないストロークにしかならないんです。

 

3.徹底して速いテイクバック、速い振り出し

振り抜いたストロークには、何度でも繰り返しますがこの基本が大事です。

初中級のみなさんは、全体的に遅いんです、全てが。

ボールがバウンドする前に、全てを終えて待ち構える、くらいの覚悟で待ちましょう。

言い方を変えれば、夏休みに入ったらもう初日に宿題を全部終えるくらい、の意識。

速すぎる、くらいでちょうど良い。

最後に微調整しようとするから、上手くいかないし当てるだけのスウィングになってしまうんです。

徹底しないと、何も変わらないですよ。

 



 

4.大事なのは、アウトすること

とにかく、失敗することです。

最初からコートに入れよう、と思わないこと。

アウトするくらいの軌道、回転量、をしっかり自分で意識して打ちましょう。

これ、なかなか難しいですよね、集団で練習している時には。

ミスばかりしていたら、申し訳ないと感じてしまいがち。

でも、ここでつなげるストロークを打ち続けても、進歩は無い。

その危機感があれば、周りに説明したり、自分で動画を撮影したり、色々工夫出来るはず。

いつも通り、に練習していることが一番の停滞の要因ですからね。

 

5.お勧めの練習法

出来れば、個人練習をしましょう。

1対1でラリー出来る、撮影出来る、形でコートを予約して行う。

ミスをどんどんして、アウトの軌道を打ち続けるような練習機会を設けても良いと思います。

チームの中で練習していると、どうしてもいつも通りになりがち。

失敗が怖いし、周りに迷惑をかけられないと思いますから。

練習環境を変えると、ショットも変わる。

ぜひ、新しい取り組みとしてチャレンジしてみて下さい。

 

個人練習、私は大好きでした。

壁打ちもそうですし、公園で一人で素振りをしたりするのも多かったですね。

一人でいると、自分で自分を見つめ直すことが出来ますから。

周りの人といると、どうしても意識してしまいますよね。

たまには、自分を変える個人練習、必要ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    アナタの試合が単調になる、一番の理由とは?

    昨日の錦織選手の試合、しびれましたね・・・。序盤はかなり押され…

  2. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

    深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。この葛藤、…

  3. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫!

    強い相手と対戦すると、前後左右に走る機会が多くなる。もはやこれ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付けないと、試合では勝て…

    テニスのストロークラリーをしていて、急にスライス回転のボールが混ざって…

  6. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です

    ネットに出てきた相手、または前衛の選手の横を速いストロークで抜いていく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 準備

    サーブ

    セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る
  2. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくこ…
  4. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?
PAGE TOP