テニス サーブ

サーブ

サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK

目次

サーブを簡単にリターンされて、苦しいという方。

きっと、サーブのコースを完全に相手に読まれてると思うんですよね。

意識したいのは、厳しいコースではなくても、打ち分けられることが大事だということ。

相手からすると、これだけでも嫌なものです。

特に、強い相手ほど気にして警戒してくれますからね。

 

サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK

 


 

1.選手には、2通りしかいない

私は、試合でこう考えています。

サーブについては、2通りの選手しかいない。

1人は、サーブを打つコースを狙っている選手。

もう1人は、狙っていないで入れることで精いっぱいの選手。

試合に出ているみなさんなら、相手のサーブの雰囲気を見て感じることが出来るはず。

狙ってる選手って、やはり嫌なモノなんですよ。

厳しいコースに入らなくても、コースを狙っているという事実だけで嫌。

実際、甘くてもコースを散らされるとリターンは辛いですからね。

 

2.7対3、くらいでちょうど良い

これ、何の比率だと思いますか?

サーブのコースの比率、です。

センター7割、ワイド3割、が私の中での基本。

ですので、3球に1球は、ワイドへの見せ球を用意する。

このワイドへのコース、全然厳しく無くて良いんです。

相手に、「こっちもあるよ」と見せるだけ。

それだけで、7割のメインとなるセンターへのサーブが効いてくる。

みなさんなりの比率、考えてみて下さい。

きっと、これに近い感じになるんじゃないでしょうか。

 

3.リターンはグリップチェンジが難しい

みなさんも、試合で感じませんか?

リターンは、グリップの準備がすごく難しい。

変えないで打つ人もいると思いますが、私は結構変えます。

基本フォアハンド側で待っていて、バック側にサーブが来たらグリップを大きく変える。

これがあるから、ミスの元なんですよね。

サーブのコースの打ち分けが出来ないと、相手にこのミスの元となるグリップチェンジを促せない。

待ってドカン、と打たれて終わりです。

そうさせない為に、ワイドへの見せ球のサーブが欲しい。

身に付けておいて損は無いですよ。

 



 

4.大事なのは、甘いコースでも狙うということ

まず、しっかり狙って打ち分けましょう。

甘いコースでも良い、得意なコースばかりに打っているよりも効果があります。

相手からすると、リターンで両方を待つってプレッシャーなんです。

このプレッシャーがあるから、前に踏み込めなくなる。

積極性を無くしてくれるから、サーブからチャンスを引き出せる。

自分が打ちやすいサーブ、ばかり打っていては試合で勝てない。

当たり前ですね、考えてみれば。

 

5.お勧めの練習法

まず、トスでバレても良いので、ワイドとセンターの打ち分けを練習しましょう。

自分が既にメインとしているサーブのコースは、どこなのか。

その逆に3球に1球打つ為に、最初はサービスラインの少し後ろくらいからサーブ練習、でも良いでしょう。

とにかく、狙ったところに打つという成功体験が大事。

コツとしては、スライスサーブとスピンサーブ、で分けるとコースの打ち分けもやりやすいでしょう。

右利きの方であれば、左側に飛ぶサーブはスライス、右側に飛ぶサーブはスピンだと打ちやすいはず。

ぜひ、意識して試してみて下さい。

 

スピンとスライス、両方身に付ける良い機会です。

ぜひ、コースを打ち分ける中で両方を練習してみて下さい。

やってみて出来ない、というのは出て来て当然。

最初からサーブの苦手意識ばかりが先立って、動けないのはもったいないですよ。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である

    テニスにおけるサーブは、なぜか「失敗」ばかりが注目される。ダブ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について

    試合が始まって、気付くこと。「今日はサーブ、入らない・・・ぞ」…

  3. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

  4. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ

    スピンサーブの軌道の高さ。これは、きっとアナタ自身が思っている…

  5. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!

    サーブの指導は難しい。何が難しいって言うと、とりあえず個性的な…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに意識したいのは、「トスアップをした腕」

    サーブが安定しない人は、試合の中で怯えているようにも見える。自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよ…
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」
PAGE TOP